忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Sri Swami Shivananda“Gyana Yoga”(Motilal Babarasidas,1944)

スリ・スワミ・シヴァナンダ「ギャーナヨーガ」 
(1944年 モティラル・バーバラシダス)より引用

He is extremely humble.
He appears to be quite an ordinary man.
He never advertises that he is a Sad Guru or a Knower of Brahman.
He never says,“I am an illumined sage.
I am an Avatar.
I will give Mukti for many persons.
I possess many Siddhis.”
He is perfectly desireless.

彼は非常に謙虚です。

彼は、まったく普通の人であるように見えます。

彼は、サドグル{聖師}や神を知る者であると宣伝しません。

彼は、「私は悟った賢者です。私はアヴァター(神の化身)です。

私は大勢に悟りを与えましょう。

私は多くの超能力を持っています。」などと決して言いません。

彼はまったく願望がありません。

He has no craving for money or name and fame.
He has no desire to establish cult or Ashram.
He simply works for solidarity of the world and elevates people.
He says,“I have neither followers nor disciples,neither possessions nor Mutts of my own.”
He has no attachment to any person or any object.
He never tries to establish cult or Ashram.
He is absolutely free from “I-ness”or“mine-ness”.

彼には、金銭や名声に対する欲望がありません。

彼には、カルトやアシュラムを設立する願望がありません。

彼は、単に世界の結束のために働き、人々を高めます。

彼は言います、

「私には信者も弟子もいません、財産や私自身のマットもありません。」

彼はどんな人(物)にも執着しません。

彼は、カルトやアシュラムを設立しようとしません。

彼は、「エゴ」が完全にありません。

He never allows those who sorrounded him to tell people that
he has got Siddhis,that he is a great Mahatma.
He does not like to come in the lime-light of publicity.
He always hides himself.
If he becomes famous in a place, he leaves the place at once.

彼は人々が「彼は偉大な大聖者です。彼は超能力を持っています。」
と彼を宣伝することを決して認めません。

彼は、大衆に知れ渡り注目されることを好みません。

彼は常に身を隠します。

ある場所で有名になるならば、彼は直ちにその場所を去ります。


==============



PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

94  93  92  91  90  89  88  87  86  85  84 
ティモシー・コンウェイ博士の編集.20 悟りショッピング
忍者ブログ [PR]