忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

11. Report from Tobi, a former prominent Deeksha-giver in Sweden, about how one gets sucked into the cult

11.スウェーデンで著名だった元ディクシャギヴァー(トビー)からの報告

「どのようにカルトに引き込まれるのか」

from: kalkibhagavanalert.blogspot.com/2006/09/i-am-ex-follower-of-this-master-since.html

[NOTE: this kalkibhagavanalert.blogspot is a major critical site exposing the lies and corruption of "Bhagavan and Amma" and their Oneness Movement. Here follow a few reports filed at that blog:]

【注意書き:このkalkibhagavanalert.blogspot は「アンマ&バガヴァン」とワンネスムーヴメントの嘘と不正を摘発するメジャーな批判サイトです。このブログには幾つかの報告があります。】

[From: Tobi, in Sweden]

【スェーデンのトビーより】

Thursday, September 14, 2006

2006年9月14日(木)

I am an ex follower of this master since more than four years already. This blog is based on personal experience after being in the very core of this cult in India in Andhra Pradesh state. This blog is a must for all the people who are being innocently attracted by the deeksha-givers throughout the world as a serious WARNING!

私は、このマスター{指導者}の元信者です(過去4年間以上)。

このブログは、インド(アンドラプラデシュ州)のカルトの中心部で過ごした後の個人的な経験に基づきます。

このブログは、世界中至る所でディクシャギヴァーによって無邪気に引き付けられている人々にとって必見の重大警告です!
 
How the real process starts:
First you attend a deeksha evening somewhere and you are given this energy form a deekshagiver who did already this process in India and who paid about $6,000 to become a deeksha giver.

実際のプロセスはどのように始まるか :

まず初めに、あなたは何処かのディクシャ会に参加します。

そして、あなたはディクシャギヴァー(約6,000ドルを払ってインドのプロセスに参加した人)から、このエネルギーを与えられます。
 
As this energy is given to you you may feel sometimes energy flowing to you or nothing at all. This is not worrisome as it is universal energy which is being invoked by the group. So the bigger the group is the bigger energy flow. The problem here is the inner intentions of the deeksha-giver which are also passed to you and not always may be good or high, above all when they charge a lot of money for that transfer and are more eager to multiply the number of people for the money they will get in just one evening. Some of the deeksha-givers are goodhearted people who are in the illusion of being special and therefore in great duality. If they themselves experience [suffer from] this spiritual superiority they cannot give you oneness with all nor enlightenment. The problem starts when the people who receive deeksha believe that they are in a inferior spiritual position which is what most of the deeksha-givers have been programmed to feel before an audience. When this happens and you see the bright deeksha-giver in some minute's samadhi [trance-state] you feel like getting or asking for more and more deekshas. Then you go to more deeksha evenings spending your money until you yourself fall in the conclusion that you definitely want to get at least so enlightened like the deekshagiver and you start to copy his process. Then he will advise you to go to India to complete a 21 days process where you will become a deeksha-giver, a helper of Vishnu Enlightenment in the world.

このエネルギーがあなたに与えられると、しばしばエネルギーが流れていると感じる、あるいは全然何も感じないかもしれません。

それはグループによって呼び起こされる普遍的なエネルギーで、気にかける必要はありません。

より大きなグループでは、より大きなエネルギーが流れます。

問題は、ディクシャギヴァーの内側の意図(常に善良で高貴なものではないかもしれません)もあなたを通過するということにあります。

彼らがその伝達のために多額を請求して、一晩でより稼ぐ為に参加者を増やすことに熱心であるならば上記の問題に該当します。

ディクシャギヴァーの一部は、{自分は}特別な存在であるという幻想を抱いている(ゆえに大きな二元性にいる)親切な人々です。

もし彼ら自身がこの霊的な優越感 [ による患い ] に浸っているならば、彼らはあなたにワンネスも悟りもまったく与えられません。

ディクシャを受ける人々は劣った霊的地位にいると思うときに問題が始まります(ディクシャギヴァーの大部分が大衆の前でこのように感じるようにプログラムされた)。

これが起こり、そして、あなたが数分のサマーディ[催眠、陶酔状態]に入っている輝かしいディクシャギヴァーに出会うとき、ますますディクシャを求めたり、受けたいと感じます。

それから、あなたが少なくともディクシャギヴァーのように悟りたいと決意し、彼のプロセスを模倣し始めるという結論に自身が至るまで、よりいっそうディクシャ会に参加してお金を費やします。

それから、彼はあなたがディクシャギヴァー(世界のヴィシュヌ悟り救助者)になるためにインドに行くこと(21日プロセスに参加する)を勧めます。

From this moment forward you better get your wallet prepared!! The deeekshagiver will ask then from you for the so called coordination money which covers translations, telephone calls, and the comission your local deekshagiver will charge just by appointing to you to the process. I wonder if Vishnu really needs to charge these commissions...?

この瞬間から、あなたは資金を準備することを意識するようになります!!

ディクシャギヴァー(地元のコーディネーター)は、通訳料、通信費をまかなういわゆるコーディネート費をあなたに要求します。

その手数料はプロセスで定められているものとして請求されます。

ヴィシュヌがこれらの手数料を請求することが本当に必要なのか疑問です・・・?

Then one week before the trip to india you are asked to pay to an account in Singapore, not in India (so they in India don't have to pay taxes). You will pay another $5,000 for the proper course in India. They will tell you that in any five stars hotel in the world you will pay this amount and plus you get the state of oneness and you see the actual incarnation of the avatar of enlightenment, Kalki Bhagavan and his wife.

そして、インド旅行の1週間前に、あなたはインドではなくシンガポール{および香港}の口座に振り込むように指定されます(そうすれば、インドの彼らは税を納めずに済みます)。

あなたは、インドの完全なコースに、更に { コーディネート費と別に } 5,000ドルを払います。

彼らは世界中のどんな5つの星ホテルででも、これくらいの金額がかかるものだし、それに加えてワンネスの状態を得られるのだとあなたに語ります。

そして、あなたは悟りのアヴァターとして実在する化身、カルキバガヴァンと彼の妻に会います。

Before the trip to India:
The deeksha-givers will organise a pre-programmation course to make sure you don't need nor want to get those experiences you paid for, but just out of blind devotion you just want to see the avatars and join a process with no finish date and no garanty of success of any kind.... Many people are at this stage thinking that they are so special that they don't even need any proof nor guarantee.... They will make you feel that you are one of the most special people in the world and therefore you have being given the opportunity to spend a total of $7,000 for the enlightenment of the world...

インド旅行の前に:

ディクシャギヴァー{コーディネーター}は準備プログラムコースを設けます(お金を払ってそれらの経験を得ることをあなたは望んでもいないし必要ともしない)。

でも、盲目的に信じているあなたはアヴァターに一目会いたいのです。

成功報酬や終わりの日がどうであれ、プロセスに参加したいのです・・・。

この段階で多くの人々は、彼らがどんな証明も保証も必要とさえしないほど特別だと思っています・・・。

彼らはあなたが世界で最も特別な人々のうちの1人であると感じさせます。

その結果、あなたは世界の悟りに合計7,000ドルを費やす機会を与えられます・・・

In India: You will arrive at the city of Chennai which is the only good part. At least Chennai is just Chennai and you know that when you pay for something then that something will be given to you; but in the spiritual community you will be taken [exploited]....

インドにて:

あなたは、有数の栄えた都市であるチェンナイに到着します。

少なくとも、チェンナイはチェンナイに過ぎません。

そして、あなたは何かに代金を払うならば、何かが与えられるということを知っています;

しかし、スピリチュアルコミュニティにあなたは連れて行かれます
[ 利用されます ]・・・。

During the 21 process your brain is programmed to feel the importance of being there and the importance to see the avatar. You will be introduced to the dasas who are the teachers of this movement who are allways in hurry and will not pay to much attention to what is going on within you. You pretty much feel you are a 5,000 dollar-bill walking though the ashram. You will be in a prison-like hotel where hardly ever are you taken away [allowed to go out]. So the programming gets more fixed in your mind, you get a "big brother" complex fighting to get more enlightened than the others. Day by day you will lose your inner honesty to yourself and to your real needs. You will read books and see pictures of the master and your mind will start to fantasize.

21日間プロセスの間に、あなたの脳は、そこにいる事とアヴァターに会う事が重要だと感じるようにプログラムされます。

あなたはこのムーヴメントの教師であるダーサ(あなたの内側で何が生じているかに余り注意を払わない常に忙しい人)から手ほどきをうけます。

あなたはとても気分がいいとしても、あなたはアシュラムの歩く5,000ドルの領収書です。

あなたは、滅多にない刑務所のようなホテルに投げ込まれます[外出は許される]。

プログラミングがマインドにいっそう固定され、あなたは他者より悟ったようになるために「ビッグブラザー」コンプレックスと戦います。

日々、あなたは自分自身の真の必要性と内側の正直さを失います。

あなたはマスターの肖像を眺め、本を読むようになり、あなたのマインドは夢を見始めます。

You will see the other people in the group trying to be more loyal to Kalki so as to get more enlightened and therefore [you] will feel like meditating like [Lord] Shiva and many other paranoias as your mind will try to justify your staying in that place. Other people will fall into depression as they honestly don't experience anything at all.

あなたはグループの他者がより悟ったようになるためにカルキにいっそう忠実にしようとするのを見るでしょう。

その結果 [ あなたは ] シヴァ [ 神 ] の如く瞑想したいと感じます。

別の大勢はマインドがその場所にとどまることを正当化しようとして分裂病になります。

残りの人々は全く何の体験もなく、意気消沈することになります。

You will get many deekshas from very high enlightened dasas where you will feel an energy that just comes and goes away without giving you any extraordinary experience. Most of the people after many days of nothing are even convinced that they have had in fact experiences, but a such a subtle level that they can not feel with the senses....

あなたは、行き来するエネルギーを感じる非常にハイレベルの悟ったダーサから、数多くのディクシャを得ます(どんな驚異的な体験もあなたに与えない)。

実際に体験があった人々でさえ数日後になれば確信がないのがほとんどです。

そのような感知できない微妙なレベルです・・・。

You will be taken to numerous rites. In the rites such as the burning homas [sacrificial offerings of substances to the sacred fire] you will see some monks making a ritual to call the divine forces. Another one to get enlightenment. Another to call the [good] fortune. But soon you will realize that nothing of this is happening either.

あなたは、多数の儀式へ連れて行かれます。

灼熱のホーマ[神聖な火に物質の生贄を捧げる]のような儀式では、あなたは神の力と呼ぶ儀式を修道士の一部が執り成すのを見物します。

1つは悟りを得るため。

もう1つは[よい]運を呼び込むため。

しかし、まもなく、あなたはこれで何も起こっていないと気が付くでしょう。

They will take you to see the avatar and his wife. You will see Amma just once and Kalki every Saturday. At his darshan, [contrary] to what is [usually] said or written, very few people have some [significant] experience. Experiences for the people who do the process will very much vary according to the lack of inner honesty and the programming. I remind you that before a true Vishnu [i.e., Incarnating God] you cannot avoid having experiences whether you believe or not. He will take you to heaven or to the no-form space in a matter of seconds, giving you instant samadhi [trance]... This is the job of a Vishnu Avatar. But in this darshan [with Kalki Bhagavan] nothing of the sort happens.

彼らは、アヴァターと彼の妻に会うために、あなたを連れて行きます。

あなたは、アンマに1度だけ、そして毎土曜日にカルキに会います。

彼のダルシャンで、[通常]言及されたり記されることとは[逆に] [ 有意義な ] 体験をした人々は極めて稀です。

プロセスに参加する人々にとっての体験は、内側の正直さとプログラミングの不足によって、大いに異なります。

私は、あなたが信じるかどうかに関係なく、真のヴィシュヌ[すなわち神の化身]の前では、あなたは体験することを避けられないと忠告しておきます。

彼はほんの数秒であなたを天国、あるいは無形の空間に連れて行きます。

即座にサマディー [ 忘我 ] を与えます・・・

これがヴィシュヌ・アヴァターの役割です。

しかし、この[カルキバガヴァンの]ダルシャンにおいて、そんなことは起こりません。

At the end of the process you you will feel a bit of the Stockholm syndrome [a loyal prisoner who now identifies with the guards' agenda] after 21 days in the same place and with the same "no-experience" teachings [of nondual Advaita Vedanta]. But then they will give you permission to give deeksha in your country and charge for it if you want. Many people who want to give therapy or just want to have some spiritual business in their countries, they just tolerate the whole course just to be given this diploma.

同じ場所で同じ「無体験」の教え[不二一元論から引用したもの]の中で21日間を過ごしてプロセスの終わりを迎えたあなたは、若干のストックホルム症候群[看守の義務に一体感を持つ忠実な囚人]にかかっているでしょう。

でも、あなたが望むならば、彼らはあなたの国でディクシャを与えて料金を請求する許可を与えてくれます。

自国でスピリチュアルビジネスをしたい、あるいはセラピーを提供したい多くの人々は、この卒業証書が授与されることだけのためにコース全体を大目に見ます。

They [the Oneness Movement organizers] will sell to you all they can in the meanwhile, jewels of amma, clothes, holy slippers of Bhagavan. Even in the bus back to Chennai they still want to sell to you excursions, photos, etc.

彼ら[ワンネスムーヴメントのオーガナイザー]は合間に、アンマの装身具、服、バガヴァンの神聖なサンダルを販売します。

チェンナイに戻るバスにおいてさえ、なお彼らは小旅行、写真、その他をあなたに売りつけます。

All this money is said to go to build a big temple which they strangely never finish. [The Oneness Temple was finally inaugurated on April 22, 2008 after many delays.] This temple is built on the special chakra of the earth for enlightenment but if enlightenment does not even happen to anyone in the process in groups of 30 to 100 people and during 21 days, how can we expect to get enlightenment just by going into a temple as they assure?

このお金の全ては、不思議といまだに完成しない大きな寺院の建設費に充てられると言われています。

[ 2008年4月22日、ワンネステンプルは多大な遅れの後、ようやくオープンしました。]

この寺院は、悟りのために地球の特別なチャクラの上に建設されました。

しかし、21日間プロセスの間に30~100人のグループの誰にも悟りが起こらないとするならば、どうすれば彼らが確信するように寺院に入るだけで悟れるというのでしょう?

As soon as you say bye bye to the dasas the relationship [of] disciple and teacher disappears as they have already what they wanted: your money. They hardly will anwser your questions when you are back in your country.

彼らが欲しかったもの「あなたのお金」を概に手にしているので、あなたがダーサに別れを告げた途端に弟子と先生の関係は失われます。

あなたが自国に戻ってからでは、彼らはあなたの質問にほとんど応じません。
 
All what they say is that you will need a more advanced process of ten days where you will reach the highest state. Once you come again to india for this process you pay again $1000 for ten days plus airplane ticket, so about $2000 more to add to the $7000 you spent already. This advanced course is nothing but a repetition of the first course. The dasas even bring into the classes the papers with the meditation written and again programming and more programming that will never happen. In this course they will tell you that Kalki is all of us (which is the only truth), but they say it in a way that does not make Kalki responsible for your enlightenmet... Everything can happen and everything can not happen.... If so...why do we pay for those processes??

彼らが言う全ては、あなたは最も高い状態に到達する、より上級の10日間プロセスを必要とするということです。

一旦このプロセスのためにインドを再訪するならば、あなたは10日のために再び1,000ドル(航空券代が加算される)を支払います。

あなたが概に費やした7,000ドルに加えて、更に約2,000ドルの代金を支払うということです。この上級コースは、最初のコースを繰り返すつまらないものです。

ダーサは、何も起こらない使い古した瞑想の文書と一緒に申し込み書類さえ授業に持参します。

このコースでは、彼らはカルキとは私達の全員である(それは、唯一の真実ではあります)とあなたに話します。

しかし、彼らはあなたの悟りに対してカルキに責任が生じない言い方をします・・・

すべては起こります、そして、すべては起こりません・・・。

もしそうならば・・・

なぜ、私達はそれらのプロセスの参加費を支払うのでしょう??

Back in your country your coordinator, or the representative of this movement in your country will get in contact with you to collect more people to do this process and again pay at least $7000. If you make such questions like: "I did pay for an enlightenment process and they didn´t give it to me; when will i have it?"... Then you are in trouble and they will say that you are going through a normal process of ego dissolving --the normal answer in all sects.

自国に戻ったコーディネーターやムーヴメントの代表者は、最低7,000ドルを支払いプロセスに参加する人々を再び大勢集めるためにあなたと接触するようになります。

あなたはこのような疑問が生じるかもしれません:

「私は悟りプロセスの代金を支払った。

そして、彼らは私にそれを与えなかった;

いつ、私はそれを得られるのだろう?」。

・・・それから、あなたは悩みます。

そして彼らはあなたが通常の自我消滅の過程を進行していると告げるでしょう--あらゆるカルトの常套句です。

Of course the representatives or coordinator don't want to cope with the total unsuccessful process in India. And they always say that enlightenment is a long process. In this way the people who recently come from India will start doing deeksha evenings to attract more people and to take them to India for the process.

もちろん、代表者やコーディネーターはインドのプロセスの完全失敗に対処したがりません。

そして、常に彼らは悟りは長い道程であると言います。

このように、最近インドから帰国した人々は、より多くの人々を引き付けて彼らをインドに送り込むためにディクシャ会を開催し始めるでしょう。

All this makes this movement an enormous money pyramid based on some truths from the [ancient] Vedas and the destruction of the world for year 2012. Even this warning has been taken from the [Central American] Mayas and is not really theirs [the Hindus] nor does it appear in any of the ancient hindu books.

このすべてが、このムーヴメント([ 古代の] ヴェーダと2012年の世界の破滅から幾つかの事実に基づく)に巨大なお金のピラミッドを築かせます。

この警告でさえ [ 中南米の] マヤ族から取りました。

そして、それは全く彼等 [ ヒンドゥー教徒 ] のものではありませんし、どんな古代のヒンドゥー文献にも載っていません。

In the first processes with the Swedish people they promised us the enlightenment but much to my astonishment they gave us after the deeksha a plant compound called "legio" [leyham] which after the normal process in the intestines make you have the divine experiences such as walking like drunken and the typical experiences you may have when you take psychoactive plants. Awareness of oneness with all, walking in the air and so. After some process taking this stuff some people went crazy and the state of Andra Pradesh started to investigate so they have to stop giving this legio. As soon as they stopped with the legio nobody had experiences and they re-programmed the whole process with the cult to the avatar in the long term without wanting to have those oneness legio experiences as the main dish.

初のプロセス(スウェーデンの人々)で彼らは私達に悟りを約束しました。

しかし、非常に驚いたことに、彼らは「レジオ」 [ レーヒャム ] と呼ばれる植物化合物をディクシャ後に私達に与えました。

普通のプロセスの後に、嘔吐を生じさせ酔っ払いのように歩く程の神秘体験をします。

それは幻覚植物を服用したときにする典型的な体験かもしれません。

全てのものとのワンネスの認識(空中を散歩するなど)。

この薬を用いた幾つかのプロセスの後で、一部の人々は気が狂いました。

そして、アンドラプラデシュ州が調査を開始したので彼らはこのレーヒャムを与えるのを止めざるをえませんでした。

彼らがレーヒャムを止めてすぐに、{至高体験を}体験する者がいなくなりました。

そして、彼らはメインディッシュとしてのワンネスレーヒャム体験を必要としない長期的なアヴァターカルトとするためにプロセス全体を再プログラムしました。

Many deeksha-givers here in Sweden and throughout the world have stoped giving deekshas and have broken the link with this movement as they notice all this is not clear and is only involved with quick money making through prophecies. I am one of them. Through me some people went to these processes and i feel now not guilty but very disappointed to discover all this after all these years. As I know that they (the people i introduced to the movement) are living now this never-ending illusion of having met the avatar, the only contribution on my part is this blog that i want to share with you out of extreme sincerity....

ここスウェーデン(と世界中の至る所)のディクシャギヴァーの多くはディクシャを与えることを止めて、このムーヴメントとの繋がりを断ちました。

彼らはこの全てが明白でなく、予言を通した手っ取り早い金儲けに従事しているだけであることに気が付いたのです。

私は、それらの1人です。

私を通して何人かの人々がこれらのプロセスに参加しました。

私は現在、罪悪感はありませんが、これだけの年月が経過して、こういうことをわかったら失望すると思います。

私が知る限り、彼ら(私がムーヴメントに引き合わせた人々)はアヴァターに出会ったことで、現在この途方も無い幻想を生きています。

私の役目として貢献できるのは、このブログだけです。

私は偽りのない本心からあなたにお伝えしたいです・・・。

Do you really think that if you ask your own mother or father for happiness, enlightenment or whatsoever, she would make you sign a bank loan (to do the $10,000 dollar processes) in order for you to have it??? Or she would rather give it to you straightaway? God-- whether you call him Vishnu, Jesus, Buddha, Krishna-- is always willing to give right here, right now..... Somebody who keeps your joy for the next year's $5000-process is not your god but your boss.... Once you feel this you make the first step to your inner freedom.

あなた自身の母(父)に幸せ、悟り(あるいは何であれ)を求めたとして、彼女があなたにそれを用意するために銀行ローン(10,000ドルのプロセスに参加するため)に署名させると本当に思いますか???

あるいは、むしろ彼女は直ちにそれをあなたに与えるでしょうか?

神 ― あなたが彼をヴィシュヌ、イエス、ブッダ、クリシュナと呼ぶかどうかに関係なく ― は、常に、たった今、ここで与える気があります・・・

その翌年の5,000ドル-プロセスのためにあなたの喜びを閉まっておく誰かは、あなたの神ではなくあなたのボス{支配者}です・・・。

一旦あなたがこうしたことを感じるならば、あなたは内側の自由への第一歩を踏み出します。

I hope this little light will set you free. I really would like him to be the kalki but no kalki will let any being [struggle] without enlightenment. He [would] just give it immediatly, no condition and free.... You also within you are your own kalki all the time giving to you the freedom you allows to yourself.... Don't put any longer this freedom in the hands and conditions of others... TRUST YOUR GOD WITHIN for once in your life!

私は、この小さな光があなたを自由の身にすることを望みます。

私は本当に彼にカルキであって欲しいですが、カルキは誰も悟らせずに  [ もがき ] を与えています。

彼は即時にそれを与えます、無条件に無料で・・・。

また、あなたは内側で自身がカルキであり、あなた自身にいつでも自由を与えることを許しています・・・。

もはやこの自由に他者の手と条件を介入させないでください・・・

あなたの人生で今度だけはあなたの内在神を信頼してください!

==================

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

99  98  97  96  95  94  93  92  91  90  89 
ティモシー・コンウェイ博士の編集.24 ティモシー・コンウェイ博士の編集.22
忍者ブログ [PR]