忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今日は、「2ちゃんねる」のディクシャのスレをチェックしたのですが、
ディクシャギヴァーの方々が投稿されているのを見ました。

おそらく私自身も以前は彼らと同じような心境であったといえるでしょう。
ですから、おっしゃていたことも共感できるものがありました。

英語の情報が以前からあったのに、どうして今まで出てこなかったのか?

これは、私自身も本当に不思議というか驚きでした。

これまで伝わってきた情報は常に、奇跡体験、神秘体験ばかり、
(当時は)素晴らしい、目を見張るような情報で溢れていましたから。

海外の批判的な記事などは1997年に公開されていたものもありますから、もう10年以上前のことになるのですよね。

海外ですと、特に英語が一般的に使われている国も多いと考えれば、 それだけ情報量も何倍にもなりそうなものです。

それから、公で自分の意見を述べ合うことに関して海外(特に英語圏)のほうが、一般的で積極的になされているようにも思えます。

単純に人口が多ければ、ムーヴメントと接触した人数も多いでしょうから、そのぶん離れた人の数も多いのではないでしょうか。

ともあれ、自分自身で調べてみようという気になったことがなかったということもあります。

それなりに疑問が膨らんでいたり、強い違和感が無ければ情報があることを知ったところで実際に読む可能性は低いかもしれません。

私も情報の存在を知ってから、ざっと目を通しただけで、
実際に読んだといえるのは翻訳してみてのことです。
ざっと目を通しただけのときは、情報自体が怪しいような印象も
持っていたように思います。

それから、意見を出しにくい雰囲気ということを感じている人も
結構いるみたいですね。これも同感します。

2ちゃんねるは匿名で意見できるので、いいのですが
話が脱線しやすいこと、個人的な中傷などもあるためか
余り書き込みに参加されている人も少ないようですね。
(私も閲覧してばかりであったりするのですが・・・)

ともあれ、彼らのように批判や疑問というものがあってもいいだろうと
いえる方々もそれなりにいるということに安心します。

距離を置きつつも、2012年までは期待して見守りたい、という人も
それなりにいるかもしれないですね。
私の知人にもそうしたスタンスの方はいらっしゃいます。

私はディクシャを捨て去りましたが、2012年については
ムーヴメントの審判の年として行方を見届けたいと思います。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

102  101  100  99  98  97  96  95  94  93  92 
暮らしの手帖 ワンワールドアカデミー
忍者ブログ [PR]