忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Timothy responded:

ティモシーの回答

Dear "Sally,"

親愛なるサリーへ

Thank you for your email and your passion for real spirituality. Yes, earthly life right now is "beyond busy" for this one, but i'll take the time to respond to some of your points.

あなたの真の霊性に対する情熱的なメールに感謝します。

そうなんです、これのために最近の世俗生活は「忙しいを超えて」います。

ですが、あなたの幾つかの指摘にお答えするために時間をとりたいと思います。

First, i'm so very glad to hear that you've made acquaintance with the truly Self-Realized sage Sri Nisargadatta Maharaj. If you've not already seen it, there is a lot of material on his life and teachings at my long webpage (with several links to free books, teachings-excerpts, etc.) at www.enlightened-spirituality.org/Nisargadatta_Maharaj.html

まず初めに、あなたが、真に自己実現した賢者スリ・ニサルガダッタ・マハラジを知ったとお聞きして大変嬉しいです。

もし、あなたがご覧になっていなければ、彼の人生と教えに関する豊富な資料が私の長いウェブページにあります(無料文献、教えの抜粋、幾つかのリンク等)。
 www.enlightened-spirituality.org/Nisargadatta_Maharaj.html

A few comments on A&B and the Oneness Movement....

ワンネスムーヴメントとA&Bに関して幾つかコメントを・・・

You wrote:
>I had started to feel very uncomfortable with the position that I had found myself in, of feeling the need to keep paying for these "Oneness Blessings" if I were to be able to develop spiritually, since I have been on a disability pension [...] and struggling to pay for the basics as well as ongoing treatment. [...] I had questioned a few Blessing-givers about the fact that a set fee was being charged - usually about $20 per group phone/distant Blessing and considerably more for private ones - rather than a donation. [...]

あなたの記述

>私は、霊的に成長できるならばと、「ワンネスブレッシング{ディクシャ}」に投資し続ける必要性を感じることに対して、自分自身の内側に大きな不安が生じ始めていることに気が付きました。 

私は障害年金を受給する身であり[・・・]、継続的治療と同様に基本料金{生活費}を払うために苦労していましたので[・・・]。

私は次の事実について数人のディクシャギヴァーに質問しました;

電話/遠隔ディクシャは1グループあたり通常、約20ドルの固定料金が請求され、かなりの割合で個々に対して寄付が要請されました。[・・・]

Sally, having a set fee for Deeksha (or for any other spiritual "service" that is being commodified in today's insecure and voracious society) is ridiculous and unjust, not only because God-Realization is not a "commodity" but also because of our world's increasingly disparate distribution of economic wealth. If one is charging money for one's services, there should always be a "sliding fee scale" to match this widespread economic disparity. Consider: for someone making over US$100,000 per year, paying $20 for a group fee is nothing. But for the great majority of other folks-- comprising the "near poor," "working poor," poor, and destitute-- a set fee like this $20 per group deeksha and much more money for a private deeksha is punitively rigid... and greedy.

サリー、世界の富の異種分配であるというだけででなく、神実現が「日用品」ではないので、ディクシャ(または今日の不安定で飽く事を知らぬ社会で商品化されているその他のスピリチュアル「サービス」)にとって固定料金を設けるのは不公平でおかしなことです。

サービスのためにお金を請求するならば、この広範囲に渡った経済格差に常に見合う「スライドする料金表」であるべきです。

よく考えてみて下さい:1年につき10万USドル以上を儲けている誰かのために、グループ料金に20ドルを払うことはつまらないことです。

過半数の裕福な連中を除けば-「貧乏に近い者」、「働けども貧しい者」、貧乏人、困窮者から構成されています - グループディクシャで20ドル、そして個人のディクシャでより高額というこのような固定料金は、懲罰的に酷いです・・・そして、貪欲です。

Ah, "the karmas of jivas." Alas, there is "karmuppance" for such greed and exploitation. We pray that all may be saved from their own karmas and karmuppance and come back to real freedom, openness, emptiness, fullness as Divine Awareness-Aliveness-Isness!

嗚呼、「魂のカルマ」。
嗚呼、「因果応報」はこのような貪欲と搾取のためにあります。

私達は全員が彼ら自身のカルマとその報いから救われ、本当の自由、開放性、空性に還ること、神を自覚すること-生きること-在ることによって満たされることを祈ります!

{訳注:karmuppanceの意味は不明でしたので適当な言葉をあてはめました。}

[UPDATE: my other correspondent, a Deeksha practitioner not devoted to A&B, informs me in June 2010: "Since 2008 OM has told us not to charge any money... I haven't asked for donations in years, and when I did have a basket out it was for suggested donations. I don't think there is one Blessing Giver who ever thought they would make money from this."]

[更新:2010年6月、他の通信員(A&Bに帰依していないディクシャギヴァー)が私に知らせました。

:「2008年以来、OMは少しのお金も請求しないように私達に伝えました・・・私は何年も寄付を要求しませんでした。

私は寄付の提案として、さりげなくカゴを置いていただけでした。

私は、金儲けとして寄付を募っていたディクシャギヴァーは1人もいなかったと思います。]

Sally, you also wrote:
>The idea that is promulgated, that there is nothing one can do, but that enlightenment has to be given, puts one in a position of dependency, and since it is recommended that the Blessing be received weekly, this had started to seem to me to be a very unhealthy type of dependency which in my case would impose financial strain.

サリー、あなたは次のようにも記述しました:

>何が出来るわけでもありませんが、公表されたアイデアは(悟りは与えられるものである)人を依存させます。

そして、毎週ディクシャを受けることが推奨されますので、これは私の場合において金銭的負担をかける非常に不健全なタイプの依存であるように思え始めました。

Yes, Sally, this dependency is a very real problem, and it is the mark of inferior spiritual groups that are not about true spiritual Freedom, but are perpetuating insidious forms of bondage, attachment, fear and insecurity.

その通りです、サリー、この依存は非常に深刻な問題です。

それは真の精神的な自由とは関係がなく、束縛、執着、恐れ、不安を知らぬ間に生み出し、永続させている劣ったスピリチュアルグループの印です。

As for the interesting "experiences" that are available through A&B's O.M. and through other cults --e.g., Adi Da's group, Osho Rajneesh's, Sathya Sai's, not to mention certain cultic circles outside India within Pentecostal and Charismatic Christianity, certain forms of Muslim Sufism, New Age groups, etc.-- there's nothing very impressive about these experiences. Expectancy effects and the sincerity and dedication of many spiritual aspirants who come to these movements could account for many of the inner experiences. Furthermore, any of these human characters who establish these cults could just be psychic channels for discarnate entities working interdimensionally to create all sorts of "experiences" in people, experiences that seem dazzling and/or extraordinary in their peaceful content or energy-intensity. (Apparently, according to psychics, such entities like to "feed" off the energy in human beings drawn to big gatherings of a religious, spiritual, political, sports, or other type.) I'm sure that if people sat around the legendary Satan/Lucifer (the "Light Bearer," brightest of all angels), they'd be having all sorts of "amazing experiences" as well.

A&BのO.M.と他のカルト(例えばアディ・ダ、オショー・ラジニーシ、サティヤ・サイのグループ、ペンテコステ派とカリスマ派のキリスト教、イスラム教スーフィズムの特定の種類、ニューエイジグループ等を含む名を挙げないインド外部のカルトサークル)を通じて得られる興味深い「体験」として -- これらの体験については余り印象的なものがありません。

これらのムーヴメントに加わる多くの霊性探求者において、期待される効果、誠実性、賛辞、内側の体験に関して数多く報告されます。

なお、これらのカルトを設立する人間の特徴として、人々にあらゆる種類の「体験」(穏やかな満足感、或いは強烈なエネルギーで驚異的、眩惑するように見える)を生じさせる為に次元間で働く肉体を持たない存在の霊媒チャンネルであることが出来ます。

(心霊研究によれば、そのような存在は、宗教、スピリチュアル、政治、スポーツ、或いは他のタイプの大きな集まりに引付けられる人間のエネルギーから「供給される」のを欲することが明らかにされています。)

私は、人々が伝説的なサタン/ルシファー(「光を運ぶ者」すべての天使で最も輝かしい)の周りに座るならば、同様にあらゆる種類の「驚くべき体験」をするだろうと確信します。

I always like to distinguish between getting really CLEAR (on our True Nature as Pure, Open, non-objectifiable Awareness) and merely "getting high" (on euphoria, on dazzling experiences, energy-rushes, states of great peace-bliss, and so on). In other words, true spiritual aspirants make a priority out of relaxing the ego-knot and receding back into realization of Siva (Pure Empty-Open Awareness) and not indulging in Sakti's play, the play of energies and states of consciousness which are always "downstream" from Source-Awareness, which is always HERE and NOW as Our Absolutely True and Simple Spiritual Reality. To one who has fully surrendered his/her life to this Siva-Source, the various gifts, powers and states of Sakti will bow down in service. Moreover, such a true sage will never be a "taker," only a giver, one who gives freely without neediness.

私は常に、本当の明晰さ(純粋で、オープンで、非対象的な認識としての私達の真の性質に基づく)と単に「高揚する」こと(まばゆい体験、多幸感、エネルギー体験、素晴らしい至福の状態)とは区別することを好みます。

言い換えれば、真の霊性志願者は自我 - 結び目をゆるめて、シヴァ(純粋な空 - 開いた認識)の現実化の背後に下がって、シャクティの遊戯に没頭しません。

そのエネルギーの遊戯と意識の状態は、常に認識の源から「下流に」あります。

そして、絶対的な真実とシンプルな霊性の現実は常に「いまここ」にあります。

彼(女)の人生をこのシヴァ-源に完全に明け渡した人は、シャクティのパワーと状態、様々な能力を従えるようになります。

さらに、そのような真の賢者は、決して「受け手」であることはなく、与え手でしかありません。窮乏せず惜し気もなく与えます。

In this context, Sally, i would also recommend (if you're so inclined) the presence of the "Hugging Mother" Amma Amritanandamayi (amma.org), the supreme "giver" of our day, who is always freely available to anyone. Her common teachings for the masses are more "dualistically" bhakti [devotion]-oriented, but Amma also communicates very powerful nondual advaita teachings as the heart-essence of her spiritual teaching. And she openly, ongoingly lives this nonduality in her always seeing and serving everyone as manifestations of the Divine equal to herself.

この文脈において、サリー、私は「抱擁の母」アンマ・アムリタナンダマイー(amma.org)の存在も推薦します(あなたの心が向くならば)。

その人は私達の時代の最上の「ギヴァー」であり、いつでも誰にでも自由に接することが出来ます。

彼女の一般の教え(大衆向け)は、より「二元的な」バクティ[献身]指向です。

しかし、アンマは彼女の霊性の教えのハート-本質として非常に強力な不二一元論の教えも伝えます。

そして、常に彼女は公然と、彼女自身と等しい神の現れとして皆に会って仕える中で、この非二元的な生活を継続しています。

>However, I am still left wondering how both Kiara Windrider ('Deeksha - the Fire from Heaven') and Arjuna Ardagh ('Awakening into Oneness'), who both seem to be intelligent, sincere, spiritually experienced and credible people, could have been so deeply impressed by A & B and the whole Oneness organization, and how so many thousands of people could have been persuaded to part with so much money for the 21 and 10-day processes, and how the movement could have grown so quickly if its claims are so hollow, as they appear to be from the articles posted on your site from former long-time followers.

>しかし、私はキアラ・ウィンドリダー(『ディクシャ - 天からの炎』)とアルジュナ・アルダー(『ワンネスへの目覚め)がどうして未だに離れていないのかが不思議で仕方ありません。

(両者とも知的、誠実でスピリチュアリティーに造詣が深く信用のある人です。そして、高額の21日間(10日間)プロセスを無数の人々に説得する役目を果たし、A&Bとワンネスムーヴメント全体に深い印象を与えてきました。)

それから、長年の元信者からあなたのサイトに投稿された記事が示すように、その主張が空洞に過ぎないならば、どうしてムーヴメントが急成長できたのでしょう。

Sally, the reasons for the large, rapid growth of O.M. are no doubt due to 1) the great spiritual hunger of lots of people for unusual experiences; 2) Kalki's silly but sizzling idea that enlightenment can be bought and obtained through "transmission" and "changing of the brain" via deeksha; and 3) the intensely apocalyptic idea of mass enlightenment by 2012 (many people's psyches are drawn to this fascinatingly attractive but unproven and actually quite implausible idea of collective enlightenment ushered in by an astrologically auspicious and momentous date on the calendar). Also: 4) in that quid pro quo arrangement i mentioned in [this] long webpage on Kalki and O.M., i made it clear that certain western teachers (Ardagh, Windrider, Robbins, et al.) are benefitting by their relationship with A&B, and vice versa: the support of each party can be used for publicity purposes of mutually "legitimizing" the other party. In other words, A&B are legitimized by the attention of these western teachers and their followers/readers, and these western teachers and followers are legitimized by the "blessing" of A&B. But i find the entire Oneness movement to be illegitimate because of its fraudulent, exploitative dynamics!

サリー、O.M.の急成長の大きな原因は、間違いなく以下のものです。

1)非日常的な霊的体験を渇望する人々が溢れるほどいたこと;

2)悟りを買うことが出来て、「伝達」から得ることが出来て、ディクシャを通して「脳が転換する」というカルキの愚かであるが、非常に熱いアイデア;

そして、

3)2012年までの大規模な悟りという強烈に黙示録的なアイデア

(多くの人々の心は、カレンダー上の占星術的に幸運で重要な日付によって先導された集合的な悟りというアイデア(魅力的だが証明されてない実に受け入れ難いもの)に引き寄せられました)。

更に:

4)[この]長いウェブページに並べられたカルキとO.M.に関する記述において、私は特定の西洋の教師(アルダー、ウィンドリダー、ロビンス、他)がA&Bと彼らの関係で利益を得ていること(逆もまた同様)を明らかにしました:

各団体の支持は、相互に他の団体を「合法化する」宣伝目的として使うことが出来ます。

別の言い方をすると、A&Bはこれらの西洋の教師と彼らの支持者/読者の注目によって合法化されます。

そして、これらの西洋の教師と支持者はA&Bの「恩寵」によって合法化されます。

しかし、私はその詐欺的、搾取的な力学のため、ワンネスムーヴメント全体が違法であるとわかります!

Sally, you wrote:
>Also, Arjuna Ardagh states that he never witnessed any evidence of opulent living by A & B and the dasas, so what would be the point of having such an efficient money-making machine if its fruits aren't being enjoyed?

サリー、あなたの記述です:

>また、アルジュナ・アルダーは、A&Bとダーサの豪華な暮らしについては少しの証拠も目撃したことがないと述べています。

もし、その果物を享受していないならば、このような効率的な金儲け機械を所有する目的は一体何なのでしょう?

Well, that Oneness Temple (to which most of the funds have been going over the last several years) is rather opulently luxurious and extravagant, isn't it?  I'm sure that A&B and the remaining dasas (most have left A&B) very much enjoy looking out from all those marble terraces of the Temple onto the crowds of deeksha-seekers below. My bet is that the opulent living by A&B will increase over time, and will take subtler forms than, say, Rajneesh's ostentatious fleet of 75 Rolls Royce automobiles. Apparently, according to at least one lawsuit in the courts, lots of monies are being siphoned off to enrich the family of A&B. See items #9 and #10 at [this] webpage on Kalki--"Brief report from a devotee of Ramana Maharshi writing from India on the government investigations of the Kalki cult" and also "Madras High Court orders investigation of Kalki cult." In the former it is alleged that Kalki's son Krishna has 33 cars (at last count). That's rather "opulent," no?

さて、ワンネステンプル(大部分の資金は、それの為にこの数年に渡って提供されてきました)は、かなり豪華絢爛、贅沢ですよね?

私は、A&Bと残存するダーサ(ほとんどは、A&Bを去りました)がテンプルの大理石テラスからディクシャ求道者の群衆を下目に眺めておおいに楽しんでいると確信します。

A&Bの豪華な生活は時間とともに増大してゆくと思います。

そして、より捉えどころの無い形態をとるでしょう。

例えばラジニーシ{OSHO}が75台のロールスロイス(自動車)を派手に転がしたように。

少なくとも法廷での1つの訴訟によれば、A&Bの家族を肥やすために多額の現金が吸い上げられているのは明白です。

カルキの[この]ウェブページのアイテム♯9と♯10を参照して下さい -「インド政府によるカルキカルトの調査についてラマナマハリシ帰依者からの要約した報告(インドで書かれた)」、それと「マドラス高等裁判所がカルキカルトの調査を命じる。」

前者は、カルキの息子クリシュナが33台の車を持っていると述べました。

それはかなり「豪勢」です、違いますか?

>Part of my motivation is to get enough clarity to be able to really let go of this thing and not have any lingering doubts. [...] Although I am disappointed, I don't feel crushed by the revelations about A & B because I know that authentic teachers and paths do exist, even if they are not so easy to find. I feel that 'I Am That' [the book of conversations with Sri Nisargadatta Maharaj] has given me enough to go on with for the rest of my life and that if I could just apply myself earnestly to only that, it would be enough.

>私の動機の1つは、このようなものを完全に手放すことで、いかなる疑いも継続させず、十分な明快さを得ることです。[・・・]

私は失望しましたけれど、A&Bに関する意外な事実によって粉砕したとは思いません。

というのは、容易に見つかるものではないにせよ、本物の教師と道が存在することを知っているからです。

『アイ アム ザット』が私の残りの人生に必要なものを与えてくれたと感じます。

そして、本気でそれだけに私自身を専念することが出来るならば、それで十分です。

Yes, Sally, as Sri Nisargadatta, Sri Ramana Maharshi and other true sages would say, the best form of Satsang is abiding as the Atma God-Self, the Self of all selves, and spontaneously serving every self as none other than One Self!

そうです、サリー。

スリ・ニサルガダッタ、スリ・ラマナマハリシ、その他の本物の賢者が言うように、サットサングの最高の形はアートマ・ゴッド-セルフ(真我)として留まり、ほかならぬ唯一の自己として自然と全体に貢献することです!

Wishing you everything wonderful, O Atma-manifesting-as-Sally! And i do hope and pray that your finances and health improve!

真我を顕現したサリーとして、あなたの全てがよきものとなることを願います!

そして、私はあなたの富と健康の改善についてお祈りします!

--timothy

ティモシー

* * *


[ * サリーからの短い返信が続きます ]

---------------------------------------------------------------

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

97  96  95  94  93  92  91  90  89  88  87 
ティモシー・コンウェイ博士の編集.22 師の資格
忍者ブログ [PR]