忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

www.allvoices.com/s/event-5030757/aHR0cDovL3d3dy5hc2lhbnRyaWJ1bmUuY29tL25ld3
MvMjAxMC8wMS8xNC90d28ta2Fsa2ktYXNocmFtLWlubWF0ZXMtZm91bmQtZGVhZA==


Thu, 2010-01-14 13:29 — editor

Two Kalki ashram inmates found dead
From S Murari, Chennai
Chennai, 14 January,(Asiantribune.com):

「2人のカルキアシュラム収容者 死体で発見される」
1月14日、チェンナイ、Sムラリーより

Two inmates of an ashram in Chittoor district of Andhra Pradesh, run by Kalki Bhagwan, self-proclaimed avatar of Lord Vishnu who has a world-wide following, were found dead in an open rice field, about one kilometer away from the ashram, late on Monday night, a local daily has reported.

世界中に支持者を持つ自称ヴィシュヌ神の化身カルキバグワンが運営するアシュラム(アンドラプラデシュ州チットール地区)の2人の収容者が月曜日の深夜、広々とした田んぼ(アシュラムから約1キロメートル離れた場所)で死体で発見されたと地方日刊紙が報じました。

Quoting the local police and the ashram administrators, the Deccan Chronicle said they claim that the two men, Durga Vikas Dasji and Pavan, were killed in a motorbike accident. However, locals from Sathyavedu town, where the godman's Oneness Temple is situated, insisted that the deaths were shrouded in mystery and staged an agitation on Wednesday, demanding a fair investigation.

地元警察とアシュラム管理者は2人の男(Durga Vikasダーサジとパヴァン)がオートバイ事故で死んだと主張したとデカンクロニカル{新聞}は報じました。

しかしながら、神人のワンネステンプルがあるSathyavedu町の地域住民は死が謎に包まれており、水曜日に抗議運動を行って公平な調査を要求すると主張しました。

The two victims were riding a two-wheeler on the Tada road, travelling from `Golden City 2' to `Golden City 1', the two wings of the ashram, when an "unidentified" vehicle hit them, the police claimed. Ironically, the victims and the motorbike, were cleared off the road, before the police reached the spot.

2人の犠牲者がオートバイでタダ・ロードを走行し、『ゴールデンシティー2』から『ゴールデンシティー1』(アシュラムのたもとのうちの2つ)まで移動していたときに「未確認」車両が彼らに衝突したと警察は主張しました。

皮肉にも警察が現場に到着する前に犠牲者とオートバイは道路から片づけられていました。

"There was no evidence of an accident at the socalled accident site -- no blood, or vehicular damage was to be seen," said A Chinnu Raja, CPM district secretary at Sathyavedu. "Nobody actually saw the accident and all evidence was cleared by the ashram people before the police arrived."

「いわゆる事故現場には事故を示す証拠はありませんでした--血液や損傷した乗り物を見ることはありませんでした」とA Chinnu Raja(SathyaveduのCPM地区幹事)は述べました。

「実際に事故を目撃した者は誰もいませんでした。また、警察が到着する前に、全証拠はアシュラムの人々によって取り除かれました。」

Durga Vikas was brought to a Chennai clinic for obtaining a death certificate.. Dr Meera, running a clinic in Chennai said: "He was dead when I saw him and I do not know the reasons for the death. I issued the death certificate because I believed the version given by the accompanying people, that it was a road accident case".

Durga Vikasは、死亡証明書を得るためにチェンナイクリニックに運ばれました

・・・チェンナイクリニック経営者のミーラ医師は次のように述べました:

「私が彼を見たとき、彼は死亡していました。私は死因を知りません。私はそれが交通事故だったと付き添いの人が言うのを信用して死亡証明書を出しました。」

The doctors at the Sathyavedu GH, where the post-mortem examination was done on both the bodies, declared that Durga Vikas died of a spinal hemorrhage and Pavan had a fractured limb. "We cannot ascertain if the deaths were due to accident or murder as that's for the police to investigate," said Dr Subburao who performed the autopsy.

Sathyavedu GHの医師は、両者の身体を検死した結果、Durga Vikasは脊髄出血で死亡、Pavanは手足が骨折していたと断言しました。

「警察がそれを調査することになっているので、我々は事故死なのか殺人であったのかを確かめることができません。」と検死を実行した Subburao博士は言いました。

The agitating locals recalled the `mysterious' death of 28-year-old ashram inmate Asha in September 2006 and of another male inmate in 2007. Both the bodies were allegedly cremated in the nearby forest, instead of at a public crematorium.

抗議運動を行っている地域住民は、2006年9月のアシュラム収容者Asha(28才)、そして、2007年のもう一人の男性収容者の『不可解な』死を思い起こしました。

伝えられるところでは、両者の身体は公共火葬場の代わりに近くの森で火葬にされました。

Kalki Bhagavan (born Vijaykumar, March 7, 1949 in Arcot district, Tamil Nadu, India) is a highly controversial modern spiritual teacher and religious guru and the founder of the new religious movement known variously as Oneness University, Kalki Dharma, Bhagavad Dharma and Golden Age Foundation. At various times, Kalki has also used names such as Mukteshwar, Sri Kalki Bhagavan and Sri Bhagavan. The godman and his wife Padmavathi Amma are revered as much as they are reviled.

カルキバガヴァン(本名ビジェイクマール、1949年3月7日生まれ、インド、タミルナードゥ州、アルコット地区)は大きな論議を呼ぶ近代の霊的指導者、宗教的なグルであり、ワンネスユニヴァーシティ、カルキダルマ、バガヴァッドダルマ、ゴールデンエイジムーブメントとして色々な名前で知られている新興宗教の創始者です。

時に応じてカルキは様々な名前(例えばムクテスワラ、シュリ・カルキバガヴァン、シュリ・バガヴァン)も使用しました。

この神人と彼の妻パッドマヴァティ・アンマは、彼らが罵られるのと同じくらい敬われています。

Vijaykumar was a mid-level administrator in a J Krishnamurti school in India. when he developed ambitions to become a guru, J. Krishnamurti (1895-1986) criticised his spiritual pretensions.

ビジェイクマールは、インドのJ.クリシュナムルティ学校の中間管理職を勤めていました。

彼がグルになるという野心を抱いたとき、J.クリシュナムルティ(1895~1986)は彼の霊的な自惚れを批判しました。

Vijaykumar subsequently worked with an elegant "front-man," Dr. R. Shankar (who brought him to the JK school), to open in Andhra Pradesh his own new school for adolescents and to create an exalted status for himself as a spiritual leader. He gleaned from the wisdom of sages like Ramana Maharshi and Nisargadatta Maharaj as well as J. Krishnamurti and U G Krishnamurti. Vijaykumar in 1989 "grandiosely re-named himself Kalki".

若者を対象にした新しい学校をアンドラプラデシュに開き、霊的指導者として彼自身を高い地位に置くために、ビジェイクマールは気品ある「表看板」R.シャンカール博士(JK学校に彼を導いた人)と共に活動しました。

彼は、J.クリシュナムルティ、UG.クリシュナムルティ、同様にラマナマハリシ、ニサルガダッタマハラジのような賢者の知恵から掻き集めました。

1989年にビジェイクマールは、「壮大に彼自身をカルキと改名しました」。

A pro-Kalki website, on the other hand, says the Oneness Festival and The World University of Consciousness was founded by The Experience Foundation and The Golden Age Foundation. The Golden Age Foundation was born in India and globally known as Kalki Dharma.

他方、カルキを広報するウェブサイトでは、ワンネスフェスティバルと意識世界大学がエクスペリエンス財団と黄金時代財団によって設立されたと書かれています。

黄金時代財団はインドで生まれてカルキダルマとして世界的に知れ渡っています。

The Experience Foundation, headquartered in Sweden with a global network in more than 30 countries, provided an opportunity for great teachers and fine representatives of spiritual traditions to share their wisdom on how to create a global transition.

エクスペリエンス財団(30カ国以上の世界的なネットワークを持ち、スウェーデンに本部を置く)は、いかに世界規模の移行をもたらすかに向けて、偉大な教師達と霊的伝統の優秀な代表者の知恵を共有する機会を提供しました。

-Asian Tribune -

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

145  144  143  142  141  140  139  138  137  136  135 
活仏に喝!? 奇跡現象
忍者ブログ [PR]