忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

奇跡(物質化現象)の検証報告です。
海外ではこのような奇跡現象が信者の家で起きたという報告があるようですが、捏造していたことが判明したとの報告もあります。
(写真の裏からパイプを使って蜂蜜を流していたなど)

日本でこうした報告が無いのは日本人にとってはそうした現象に対して、海外の人々よりも関心が薄いということと、それを捏造してまで支持者を獲得しようとは考えないことなどが考えられます。

実際そのような不思議現象が起こりうる可能性は完全否定しませんが粉や液体が出たところで、だから何だというのでしょう?
サンダルが動くことが奇跡だというのであれば、日本人にお馴染みのコックリさんも奇跡現象といえるのでしょうか。

ところで、鉄道会社の従業員(事務員?)という経歴が登場しましたが、神の化身に転職するまでに色々やっているんですね。
これまでにわかっているものでは、保険会社、米屋、鉄道会社、学校長。

----------------------------
www.mukto-mona.com/Articles/nayak/cult_kalki.htm

The cult of Kalki
Narendra Nayak
Secretary, D. K. Rationalist Association    

カルキのカルト
ナレンドラ・ナヤック
書記、D.K.合理主義者協会

CULTS ARE VERY DANGEROUS, as many past examples have shown! Because, the members form a very closed group, stick to each other and interpret the whole world through their own, sometimes very much jaundiced eyes! We have the tragedies like mass suicides, murders, bombings etc by perpetrated followers of such cults. Sometimes the power struggles within have ended up in the annihilation of one or more groups.

過去に多くの事例が示されるようにカルトは大変危険です!

メンバーは非常に閉鎖的なグループを形成して互いを支持し、往々にして彼らの自身の偏見を持った目を通して全世界を解釈します!

そのようなカルトの信者によって犯された爆破、殺人、集団自殺などの惨事があります。

往々にして、内部の権力闘争がグループを絶滅に至らせます。

One such becoming quite popular these days in the cult of ‘‘ Kalki Bhagwan’’. The bearded man and his consort shown in the photograph are the patron figures of this cult. One of their very important duties of every member is the performance of pujas on every auspicious occasion. The devotees are encouraged to perform various yagas to celebrate their birthdays, wedding anniversaries etc. naturally these cost money and good amount of the income of devotees will go into the coffers of the ‘‘Bhagwan’’. They have a nationwide network and are well organised. This organisation has been dogged by controversy. The ‘‘Bhagwan’’ who claims to be the last avatara of Vishnu is supposed to have many miraculous powers. Before his incarnation as the God, he was working as a clerk in Railways. Once one gets into the avatara of a God, there is no need to work! Devotees who slog will take care of all the needs, whims and fancies.

この頃かなりの人気がある「カルキバグワン」のカルトもそうしたものの1つです。

このカルトの指導者は写真で示されるヒゲをたくわえた男と彼の妻です。

全メンバーの重要な勤めのうちの1つは、あらゆる幸運を引き起こすプージャ{儀式}の実行です。

信者は彼らの誕生日、結婚記念日など祝うために様々なヤギャ{儀式}の実行を奨励されます。

当然、これらの費用と信者の収入からの善意が「バグワン」の財源に使われます。

彼らには全国的ネットワークがあって、うまく組織化されています。

この組織には論争がつきまとってきました。

ヴィシュヌの最後のアヴァターラ(化身)であると主張する「バグワン」は、多くの奇跡的な力を持っていると信じられています。

神の化身と主張する以前、彼は鉄道会社の従業員として勤務していました。

いったん人が神の化身に到達するならば就職する必要はありません!

せっせと働く信者は、気まぐれと空想によるすべての要求の面倒を見ます。

In Karnataka, this cult has a good following in many districts. A couple of years back, on a trip to Kodagu; I had been attacked by some of his devotees for having challenged the miracles. A couple of months ago, when I had been to Virajpet, one man asked me whether I could recognise him. When I said I had a vague collection of having seen him before, he informed me that he was one of the people who had attacked me a couple of years back. Now, he thanked me very much for having brought him out of the clutches of the Kalki gang. He also explained that it was my lecture-demonstration that started him thinking about the truth behind Kalki’s supernatural’s powers and after reasoning out, he had rejected the superstitions about him.

カルナタカでは、このカルトは多くの地区に支持者を持ちます。

二年前に遡ると、kodaguへの旅にて; 私は奇跡に異議を唱えたために彼の信者の数人から攻撃されました。

二ヵ月前、私がVirajpetに行ったとき、ある男性が彼をわかるかどうかと私に尋ねました。

私は以前、彼に会ったような気がすると答えました。

彼は二年前に私を攻撃した人々のうちの1人であることを私に告げました。

その時、彼はカルキ団の支配から抜け出すきっかけをもたらしたことに対して私に礼を述べました。

さらに彼はカルキの超自然的な力に隠された真実について考えさせ始めたのは私の講義(実演)であったこと、そして推論の後、迷信を拒絶したと説明しました。

That reminded me of another incident of Mercara. Dr. Ganapathi, the convenor of the Kodagu district Vigyana Parishath had send me a cutting from a newspaper which started that honey was miraculously dripping from a photograph of Kalki! When I sent a statement to the same newspaper challenging the person who claimed that the miracle was happening in his house, to hand over the photographs to me and if it continued for a week. I would give him a lakh of rupees! The effect of this was that the miracle was not heard afterwards.

それは、私にMercaraのもう一つの出来事を思い出させました。

ガナパティ博士、Kodagu地区の召集者ヴィギャーナ・パリシャートが私に送ってきた新聞の切抜きでは、カルキの写真から奇跡的に蜂蜜がしたたり落ちてきたとありました!

そのとき私は同じ新聞に声明を送り、家で奇跡が起こったと主張した人に挑戦しました。

もしそれが1週間続いたならば、彼に十万ルピーを差し上げます!と。

その結果、後に奇跡を耳にすることはありませんでした。

But, Kalki’s miracles do not stop that easily. The most recent are the happenings in a house at Chitpady, Udupi. To the observer, it becomes very clear that this is a business of one upmanship. Because in this house from a number of photos of the living God, turmeric powder and kumkum are supposed to be flowing. After appearing on a large laminated photograph, these substances are forming a heap at the feet of the divine couple. The only catch here is that the last part of the flow, i.e. from the picture to the heap is not visible to the naked eye. But, we are told that this is evidenced by the growing heap. When the growth was pointed out to be not apparent, the reply was that it was very, very slow and could be made out by the increasing sizes of the heaps, which were growing day by day or rather in the night!

しかし、カルキの奇跡はそんなにすぐには止みません。

最も最近のものは、Chitpady(Udupi)の家での出来事です。

観察者にとって、それが人を出し抜く術によるビジネスであることは非常に明らかです。

何故なら、この家では現人神のいくつかの写真からターメリック粉とクムクムが噴出するとされています。

これらの物質は大きなラミネート加工された写真の上に現れた後、神の夫婦の足元に堆積します。

噴出した最後の部分、ここに1つの疑いがあります。

すなわち写真に堆積する過程が眼に見えないということです。

しかし、これが成長したことによる堆積の証明として我々に語られます。

成長が明白でないと指摘すると、回答はそれがとっても遅くて堆積の増加しているサイズで理解することができる、それは徐々にか、むしろ夜に成長していたということでした!

Since this ‘miracle’ had been reported by a local eveninger on its front page, we decided to investigate it. When our team of four visited the place, there was a stream of visitors to and from the house. The house itself was a very small one with only two rooms. Occupying a very prominent place in the largest room was a photo of the Kalki couple, which was laminated and again covered with plastic. On the plastic cover there were smears of a yellowish liquid which was claimed to be ghee, stuck to this a few grains of rice could be seen. We were told that none except an appointed person who was the head of the local unit could touch that. The heaps of turmeric and kumkum were not allowed to be disturbed. We were told that those would be distributed after the heaps stopped growing. When queried as when that would be, the spokesperson said she had no idea. Most interesting character was this girl. A second year PU student, she and her widowed mother were the only occupants of the house. After Kalki’s local chapter heard of the news, one of their lady representatives who was sent there was also present. All the explanation were given by the daughter. The mother was inside a room and incommunicado to outsiders.

この『奇跡』が地元のイベント開催者によって大々的に報告されていたので、我々はそれを調査することにしました。

我々のチーム(4名)がその場所を訪問したとき、家への訪問客が続々とありました。

家そのものは、部屋が2つあるだけのごく小さなものでした。

大きい方の部屋はカルキ夫妻の写真が占住する重要な場所となっていました。

そして、それはラミネート加工されたうえに更にプラスチックでカバーしてありました。

プラスチックカバーの表面にギー{バター}であると主張された黄色がかった液体の染みがありました。

これと、米粒の粘着物を見ることができました。

我々は、指定された人(地元メンバーの長)以外は誰もそれに触れることができないと告げられました。

ターメリックとクムクムの堆積をいじることは許されませんでした。

我々は、堆積が成長するのを止めたあと、それらが分配されると知らされました。

それがいつ頃かについて尋ねると、スポークスマンの女性は全くわからないと答えました。

もっとも興味深い人物はこの少女でした。

化学研究生の二年生、彼女と未亡人の母だけが家の居住者でした。

ニュースを聞いた後、カルキの地方支部から派遣された女性代表の1人もいました。

すべての説明は娘によって行われました。

母は部屋にこもり、部外者との連絡を絶たれていました。

Below the photographs we noticed two small tumblers containing milk. We were told that milk used to be drunk by Kalki. But the glasses appeared to be full that evening. The explanation was that the drinking does not happen everyday. It appeared that Kalki required very little nourishment and sometimes nothing at all. The milk was turning sour because even Kalki’s great power could not check the spoilage. We were assured that at the end of the day, the milk would be replaced by a fresh quantity.

我々は写真の下にミルクの入った2つの小さなグラスがあることに気がつきました。

ミルクの用途はカルキによって飲まれるためと知らされました。

しかし、その晩、グラスはいっぱいに見えました。

説明では、飲むことは毎日起こらないということでした。

カルキがごくわずかな栄養しか必要としないか、往々にしてまったく何もいらないように見えました。

カルキの偉大な力でさえ傷みを阻止することができなかったので、ミルクは酸味を帯びていました。

結局のところ、新しいミルクと取り替えられることになると確信しました。

There were no independent witnesses to corroborate the version offered about the so-called miracles. All the happenings were when no outsider used to be present. The whole incident appeared to be a story concocted by the mother-daughter duo to attract attention to themselves. At a later stage it looks as if their co-conspirators of the Kalki gang joined in.

いわゆる奇跡に関して提供されたバージョンを確証するにあたり、客観的な立場の証人は皆無でした。

全出来事は公開されたとき部外者がいませんでした。

全部の出来事が自分たちへの注目を引き付けるために母と娘のデュオによって作り上げられた話のように見えました。

後の段階では、カルキ団の共謀者が参加したように見えます。

What was surprising to us was the gullibility of the general public and the press. The versions of the mother-daughter duo were swallowed hook, line and sinker by the sensation mongering evening newspapers. None questioned them as to how these things were materialising only when no one was present. No one raised doubts about the ghee pouring out of the photo, which appeared as liquid smeared on to the plastic covering.

我々にとって驚きだったことは、一般大衆と報道陣の騙されやすさでした。

母娘デュオのバージョンは、夕刊の大評判によって糸と錘を垂らし、釣り針をうのみにさせました。

これらがどのように生成したかについて彼らに質問した人は誰もいませんでした。

誰も写真から流れ出るギーに対する疑いを起こしませんでした。

それはプラスチックカバーの表面についた液体として現れました。

For the four of us it was once again a damp squib in our search for a genuine miracle. The members of the investigating team were Dr Bhaskar Mayya and Balakrishna Parkala, the president and secretaries respectively of the Udupi District Vicharavadi Vedike, Varun Pai and yours truly from the DK Rationalists Association.

我々4人にとって、それは純粋な奇跡の調査において、またしても不発に終わった花火でした。

調査隊のメンバーはBhaskar Mayya博士、Balakrishna Parkala、Udupi地区の会長Vicharavadi Vedikeおよび書記Varun Paiでした。

DK合理主義者協会から心をこめて。

================

Prof Nayak is the Assistant Professor of Biochemistry at the Centre for Basic Sciences, Kasturba Medical College, Mangalore. He is known for his contribution in the field of rationalism. Since 1976 he has been the Secretary of the Dakshina Kannada Rationalist Association. He is also the Joint Convenor of the Federation of Indian Rationalist Organizations, which is an apex body committed to the development of scientific temper and humanism in the country.

ナヤック教授は、マンガロールKasturba医科大学、基礎科学センターの生化学の助教授です。

彼は、合理主義の分野での貢献で知られています。

1976年以来、彼はDakshina kannada合理主義者協会の書記を務めてきました。

彼はインド合理主義者協会の連合の招集者でもあります。
それは、この国における科学的性質とヒューマニズムの開発を遂行する最高機関です。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

144  143  142  141  140  139  138  137  136  135  134 
不可解な死 カルキ勝訴
忍者ブログ [PR]