忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

How did the 21 days courses start?

Q:21日間コースは、どのように始まったのでしたか?


Freddy: They were a natural continuation of the 18 months fruitarian process. The seekers should first go through a 10 days process in Golden City, the huge Ashram where Bhagavan lives. Those who would not have become fully enlightened after the 10 days process, could come to the infallible 21 days process. However, before coming to the 21 days process, a minimum gap of 6 months had to pass after the completion of the 10 days process.

フレディー:それらは18カ月のフルータリアン・プロセスをそのまま延長させたものでした。

探求者は、まず最初にゴールデンシティー(バガヴァンが住んでいる巨大なアーシュラム)の10日間プロセスに参加しなければなりません。

10日間プロセスで悟れなかった人は、絶対確実な21日間プロセスに参加することが出来ました。

しかしながら、21日間プロセスに参加するには、10日間プロセス終了後から最低6カ月間が経過している必要がありました。

In October 2003 Anandagiri told me over the phone that I could start to invite seekers from Europe and ex-Soviet union. The price for the 10 days process was decided to be 1000 US dollars. Many, if not most, were expected to become enlightened in this 10 days process, said Anandagiri. I know that when he gives such important information, he is simply repeating Bhagavan’s words. He is not supposed to take any important decisions on his own.

2003年10月、アーナンダギリは、ヨーロッパや旧ソビエト連合から探求者を招くことができると電話で私に伝えました。

10日間プロセスの参加費は1000USドルと決定されました。

多数(ほとんどではないにしても)がこの10日間プロセスで悟ることが期待できる、とアーナンダギリは言いました。

彼がそのような重要な情報を与える場合、単にバガヴァンの言葉を繰り返していることを私は知っています。

彼は、どんな重要な決定も独自に判断しなかったはずです。

In the 21 days process, Bhagavan, with the help of his dasas, was going to remove all karma and blocks that hinder the seekers to become completely and irreversibly enlightened. To my great relief, Bhagavan had said that people didn’t necessarily have to be devotees of Bhagavan in order to get enlightened in the foolproof 21 days process.

21日間プロセスで、バガヴァンは、修道僧達に手伝わせ、探求者が完全(元に戻らない)に悟ることを遅らせる全てのカルマとブロックを取り除こうとしました。

バガヴァンが「21日間プロセスで悟り(誰もが確実)を得るために、人々は必ずしもバガヴァンの帰依者である必要はない」と言ったことに私は大いに安心しました。

Less than a month before the first 10 days process that was to start on January 5th 2004, Anandagiri emailed me and said that the 10 days processes had been cancelled. Bhagavan had decided that people should come directly to the infallible 21 days process instead. I immediately answered Anandagiri that people will become angry and speak very bad of Bhagavan’s Movement if this first 10 days process was to be cancelled this late. Most people had already bought their return ticket, and many could not get the money back if they cancelled their ticket. Even if they went to the 21 days process, it would be complicated and expensive to change the dates for their already fixed return flight; and the majority of those who could get the money back for their ticket, especially the poor Russians, did not have the necessary 4000 US dollars that those 11 extra course days would cost.

2004年1月5日に始まることになっていた最初の10日間プロセスの前(1カ月未満)に、アーナンダギリは、私にメールで10日間プロセスが中止になったと言いました。

バガヴァンは、代わりに人々は直接、絶対確実な21日間プロセスに参加すべきであると決めました。

私はアーナンダギリに即答しました。

「こんな間際になってから10日間プロセスが中止になるとすれば、人々は怒ってバガヴァンのムーヴメントについて悪く言うに違いない。

ほとんどの人々が既に往復切符を買ってしまっているし、もし仮にチケットを取り消したとしても大勢はお金を取り戻すことができない。

21日間プロセスに参加するにしても、既に固定された帰航の日付を変えるのは、やっかいだし費用もかかるだろう。」

そして、チケット代金を取り戻すことができた人の大部分(特に貧しいロシア人)には、11日分のコース日程の追加に必要な4000USドルがありませんでした。

Some of the devotees who came earn only 100-200 $ a month and they had been saving for years to come to Golden City. 5000 $ is often what you get in 2-4 years in wages in Russia, as long as they do not spend a single dollar on food, clothes and living. In practice, 5000 $ can be saved in 5-10 years of economic living. Most ex-Soviet devotees, however, take loans that will take 5-10 years to pay back, if they ever will be able to. Some have become bankrupt; others have been forced to sell their flat etc.

帰依者の幾人かは1ヵ月につき100~200ドルの稼ぎしかありませんでした。

そして、彼らはゴールデンシティーを訪れるために長い間節約していました。

彼らが衣食住に1ドルも使わない限り、5000ドルを稼ぐにはしばしば、2~4年かかります。

5~10年間の節約生活を継続して、ようやく5000ドルが捻出できるのです。

彼らが有能であるならば、大部分の旧ソビエトの帰依者は、何はともあれ借金しました。

彼らが完済するのは5~10年かかるかもしれません。

ある者は破産しました。

別の者は、やむなくアパートなどを売るはめになりました。

It was not easy to convince Anandagiri to keep the 10 days process as it was decided originally; but with a lot of pressure from my side he finally agreed. They did two parallel courses, the 10 days and 21 days at the same time, in two different campuses.

それが決定された当初、アーナンダギリに10日間プロセスの維持を説得するのは容易でありませんでした。

しかし、私側からの強い押しに負けて、最終的に彼は合意しました。

彼らは2つの異なるキャンパスで同時に10日と21日のコースを平行して開催しました。

Bhagavan declared many from the 21 days process enlightened, but many/most that I know – and I knew half of the group – soon went into depression… To whom did they complain after coming back to their respective countries? They did not have access to the dasas, so they came to me, the one who had inspired them to go to the process. I did my best to console them, inspire them to not give up this Path, to have trust that Bhagavan is after all the most powerful incarnation of the divine in human history. I often added, that if he did not give you enlightenment in this course, he is probably preparing you for an ever deeper state after you’ve gone through some more suffering; and you could keep on coming once a year for the incredibly powerful deepening processes. By 2012 you would surely have made it. [I “knew” that they would have become enlightened by 2012 as Bhagavan said that everybody in this world would have become enlightened due to his Grace by then]. I did not always believe each and every word I said to console people, but I did not want them to lose faith in Bhagavan and his power to give mankind enlightenment.

バガヴァンは、21日間プロセス参加者の多数を悟ったと認定しました。

しかし私が知る大部分(グループの半数)はまもなくすると意気消沈していました・・・。

彼らがそれぞれの国々に戻った後、誰に不満を訴えたのでしょうか。

彼らは修道僧達とやりとりせず、彼らにコース参加を奮起させた私のところへやって来たのです。

私は、彼らを慰めるために最善を尽くし、とにかくバガヴァンが人類の歴史における最強の神の化身であることを信頼してこの道を放棄しないようにと励ましました。

彼がこのコースであなたに悟りを与えない場合、もう少し苦しみを味わった後、かつてない程の深い状態を準備しているに違いない。

あなたはすごい強力で深いプロセスに年に1度参加し続けてこれた。
2012年までに間違いなくそれがあなたに生じているだろう、と私はしばしば付け加えました。

[この世界の誰もが彼の恩寵によりその時までに悟っているだろうとバガヴァンが言ったように、私は彼らが2012年までに悟ると “ わかっていました ” ]。

人々を慰めるために私が言った全ての言葉に確信があったわけではありませんが、彼らにバガヴァンおよび人類に悟りを与える彼の力に対する信頼を失ってほしくありませんでした。

People could become very desperate, sometimes even really angry with Bhagavan. Some almost wanted to commit suicide because they were disappointed with the processes and Bhagavan’s promises. In order for them to calm down and also not spread bad rumors about Bhagavan, I saw no other way than to exaggerate certain things, such as all the mental suffering that they went through is good for them and it would be helpful on their path towards the soon-to-come enlightenment. I said all this because I believed it was for their highest good and for the best of the world if they believed in Bhagavan. Bhagavan and Anandagiri had let me know that sometimes a white lie is necessary. Whenever a white lie was helpful in the long run and serves a higher cause, it could be wise to use it. What better cause could there be than the final enlightenment of a person and the entire world?

時々、人々は絶望的になってバガヴァンに激怒することさえありました。

プロセスとバガヴァンの約束に失望させられたために自殺しようとした人もいました。

彼らを落ち着かせて、バガヴァンの悪い噂が広がらないためにも、「精神的な苦しみを通過することはいいことで彼らの途上でまもなく訪れる悟りの助けになる」、といったように誇張する以外の方法が見つかりませんでした。

バガヴァンを信じるならば、それが彼らに利益をもたらす世界で最善のことだと思っていたので、私はそのように言いました。

バガヴァンとアーナンダギリは、悪意のない嘘が必要なこともある、と私に知らせました。

長い目で見れば助けになり、高次の目的に叶う時はいつでも悪意のない嘘を使うことは賢明でありえました。

全人類の究極の悟りより優れた目的などありえたでしょうか?

If these seekers/devotees who were upset or disappointed would have spoken ill of Bhagavan, the speed of mankind’s getting enlightened would have reduced, I reasoned.

もし、これらの失望(混乱)した探求者/帰依者がバガヴァンの悪口を言ったならば、人類の悟りに遅れが出るだろう、と私は推論しました。

After the 21 days processes, many went into a deeper depression than they ever had had before. To explain why the majority got into deep depressions, Bhagavan introduced a great concept: “The dark night of the soul”. The deeper you went into the dark night of the soul, the more profound would your enlightenment be once Bhagavan had given it to you.

21日間プロセスの後、かつてなかったほど大勢が深い落ち込みに入りました。

なぜ大多数が深い落ち込みに入ったかという弁明にバガヴァンは大きな概念を導入しました:
“ 魂の闇夜 ”。

「その深みは、あなたが魂の闇夜に入ったということ、いったんバガヴァンが悟りを与えたことで、いっそう深くなっていくだろう。」

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

46  45  44  43  42  41  40  39  38  37  36 
40.疑惑 38.中止の理由
忍者ブログ [PR]