忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

You said that many fruitarians complained during the process, and that the majority complained when Bhagavan cancelled them. Is this not a contradiction?

Q:あなたは、「多くのフルータリアン(果食主義者)がプロセスの間に不満を言った。
そして、バガヴァンがそれらを中止したとき、大多数が不満を言った」と言いました。

これは、矛盾していませんか?


Freddy: The complaints of the majority of the fruitarians were not really complaints. They were more like grumpy sleepy babies, nothing serious at all. The majority of the fruitarians never intended to break the 18 months program. The hardship and possible danger of the fruitarian process was a very, very small investment to them compared to the unbelievable reward of eternal enlightenment awaiting them shortly.

フレディー:大部分のフルータリアンの不満は、実際には不満ではありませんでした。

彼らは機嫌の悪い眠っている赤ん坊のようでした。

まったく深刻でありませんでした。

大部分のフルータリアンは、全く18ヵ月のプログラムを破壊するつもりはありませんでした。

フルータリアン・プロセスの困難と危険性は、まもなく彼らを待っている永遠の悟りの信じ難いほどの報酬と比較して、彼らにとって、ごく小さな投資でした。

It was the loud voice of the few who got seriously sick, along with concerned family members of many fruitarians, that made Bhagavan decide to stop it.

バガヴァンにそれを中止することを決断させたのは、多数のフルータリアンを心配する家族がいたことと、深刻な病気になった少数派の叫びでした。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

45  44  43  42  41  40  39  38  37  36  35 
39.言い訳のマスター 37.成果
忍者ブログ [PR]