忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I read in a transcription of Anandagiri’s talk (Los Angeles conference, 2006) that, Bhagavan gave him a state of deep inner peace and absence of inner conflict early in his life when he was still a student in Bhagavan’s school. A psychic friend of mine once said that she could see blocks in him even today. She felt it is odd that Bhagavan says that Anandagiri’s state is tens of times higher than that of the greatest gods or avatars in history, incl. Krishna (the most revered and famous of the Avatars in Hinduism). What do you have to say about this?

Q:私はアーナンダギリの講演記録を読みました(2006年、ロサンジェルス・カンファレンス)。

人生の初期、彼がまだバガヴァンの学校の生徒だった頃、内側の葛藤の不在と深い平和の状態をバガヴァンが彼に与えた、と。

「今日においてでさえ、彼にはブロックが見える」と、ある私のサイキックな友人は、言いました。

「アーナンダギリの状態はクリシュナ(ヒンドゥー教において最も有名で敬われるアヴァター)を含む歴史上のアヴァター(権現神)や偉大な神々の10倍以上高い」とバガヴァンが言うのを彼女は陳腐に感じました。

これについて何か言うことはありますか?


Freddy: I lived in the same community of six people as Anandagiri for more than a year; I met and spoke to him daily, sometimes for hours. I know he still had suffering and also conflicts in general, even after completing his studies.

フレディー:1年間以上、私はアーナンダギリと共同生活していました。

私は彼と毎日、顔を合わせ語りました、時には何時間も。

彼が学業を終えた後も未だに一般的な葛藤を抱え、苦しんでいたことを私は知っています。

I have seen that the people in charge of this movement are trying to create a story that is mystically attractive so that people will be enthralled. They have one thing in mind – Bhagavan must spiritually conquer the whole world, so that his plan of mankind’s salvation will come true.

私は、このムーヴメントを推進する人々が大衆を魅了するために、神秘的で魅力のある物語を創作するのを見てきました。

彼らには、1つの考えがあります。

「人類救済計画を実現するためにバガヴァンは全世界を霊的に制覇しなければならない。」

In 1993, during a week long retreat, I gave different exercises to the group of a 3-5 people that I guided. A few weeks earlier, as I was working on my own blocks, I discovered an exercise that happened to help me a lot. I decided to try it on some of the people in my group and see whether it was useful for them too.

1993年、1週間の長期合宿の間、私は自分が指導していた3~5人のグループに、異なるエクササイズを与えました。

2、3週間以前、同様に私自身のブロックに取り組んでいました。

私は偶然、大変役立つエクササイズを発見しました。

私は、自分のグループの幾人かでそれを試して、彼らにも役立ったか見ることにしました。

I gave this exercise, it was a kind of confession, to one of these participants, Dr. Sheikar Borgoankar, a computer specialist from Bangalore. He got deeply transformed. A couple of days later Bhagavan declared Sheikar fully enlightened. Sheikar was at that time the assistant principal at Jeevashram school, where Bhagavan was living, being the headmaster.

私は、これらの参加者の1人、シェイカル・ボルゴアンカル博士(バンガロールのコンピューター専門家)にこのエクササイズ(一種の懺悔)を与えました。

彼は深く変容しました。

2、3日後、バガヴァンは、シェイカルが完全に悟ったと認定しました。

シェイカルはその当時、ジーヴァシュラム学校(ここでバガヴァンは校長として暮らしていた)の教頭でした。

After his transformation, Sheikar helped the principal (Mr. Kannan) to get enlightened through this confession exercise. Soon there was nothing but confessions in the courses. Bhagavan said that he would give complete and irreversible enlightenment to everybody, or almost everybody, after they had publicly confessed all their secret acts, intentions and thoughts.

彼の変容の後、シェイカルは校長(カンナン氏)がこの懺悔エクササイズを通して悟りを得るための手伝いをしました。

まもなくコースは懺悔だけになりました。

バガヴァンは、彼らが公に全ての秘密の行為、意図、考えを懺悔した後、全員に(もしくは、ほとんど全員)完全で元に戻らない悟りを与えると言いました。

Everybody in the 7-days residential course were asked to tell all their secrets – some even confessed murders in front of the entire group.

7日間の合宿コースの全員が自分達の全ての秘密を告白するよう命じられました。

何人かは、全グループの前で殺人さえ自白しました。

During the first 1,5 years after this Movement had become public in Feb. 1991 (it started as an esoteric “experiment” in July 1989), Paramacharya was the only one in the world who was authorized to conduct Bhagavan’s courses. They were mostly conducted where we lived, in Somangalam village, 10 km from Chennai airport. After some time we went on tours giving these courses, mainly in Tirupati, Bangalore and Chennai.

このムーヴメントが1991年2月(それは、1989年7月の秘教の“実験”として始まりました)に公になったあとの最初の1年半の間、パラマチャリヤはバガヴァンのコースを開催する許可を与えられた世界唯一の人でした。

ソーマンガラム村(チェンナイ空港から10Km)の私達が住んだ場所で、それらの大部分は開催されました。

しばらくすると、主にティルパティ、バンガロール、チェンナイにおいて、私達はこれらのコースを提供する旅に出ました。

The courses in Somangalam were conducted in Dhyana Mandir (lit. Meditation Temple). Dhyana Mandir, a 10 by 10 meters hut, was the holy of holies, a place having the same function a Church has for a Christian. It would be still closer to the truth to compare it to St: Peter’s Cathedral, as it at that time was the only temple of Bhagavan in the world. There was an altar in Dhyana Mandir where the life size photo of Bhagavan was worshipped, prayed to and offerings were made to “The Living God”. Bhagavan had done an Avahanam ritual to this photo. He had charged the photo with his consciousness; due to this, the photo was no longer different in any way from the physical Bhagavan.

ソーマンガラムのコースは、ディヤーナ・マンディール(注:瞑想寺院)で開催されました。

ディヤーナ・マンディール(10×10mの小屋)は最も神聖な場所でした。

そして、その場所にはキリスト教徒にとっての教会と同じような役割がありました。

それが当時、世界で唯一のバガヴァンの寺院であったので、St.ピーター大聖堂に喩えると真実により近いでしょう:
礼拝、祈り、“ 生ける神 ” への奉納のためにバガヴァンの等身大写真がディヤーナ・マンディールの祭壇に設けられました。

バガヴァンは、この写真にアヴァハーナムの儀式をしました。

彼は、写真に彼の意識を込めました;
これにより、もはや写真は身体的なバガヴァンと隔たりなく違いがないものとされました。

In the courses, we asked all participants to speak to and worship “The Living God” on the photo. They should treat the photo – called Srimurti – in the same respectful way as if it was the physical Bhagavan. We and the participants did puja worship to the photo. Several times a day we all prostrated, with our entire body lying on the floor, to the photo, that was Bhagavan himself. Sometimes we (assistants) would remain prostrated for ten minutes or more. This was the outer sign of our total surrender to Lord Bhagavan.

コースでは、私達は全ての参加者に写真を通じて「生ける神」と話をして、礼拝するよう要請しました。

彼らはまるでそれが身体的なバガヴァンであるかの如く、同じように礼儀正しく写真(シュリムルティと呼ばれる)を扱わねばなりません。

私達と参加者はプージャ礼拝(ヒンドゥー教の儀式)を写真に行いました。

1日に何度か、私達全員の全身を床にひれ伏した写真はバガヴァン自身でした。

しばしば、私達(アシスタント)は10分間以上、ひれ伏したままでいることがありました。

これは主バガヴァンへ向けて私達の全託としての外側の印でした。

In 1993 (around March) Anandagiri gave a lecture in his home town Nellore. He talked about the new wave of mass enlightenment that Bhagavan had initiated a few months ago; how very, very soon the entire world was going to become enlightened. [As far as I remember, we said that this wave would result in mankind’s total enlightenment by the year 2000].

1993年(3月頃)、アーナンダギリは彼の故郷ネロールで講義をしました。

彼は、バガヴァンが数カ月前に始めた大規模な悟りの新たな波について語りました;
本当にもうまもなく、全世界が悟ることになるだろう。

[ 私が覚えている限り、この波が2000年までに人類の完全な悟りをもたらすだろう、と私達は言いました ]。

Anandagiri told that he himself was one of the hundreds who recently had become enlightened in less than a day. He shared his own story to enlightenment. He told the thousands in the audience about all the details of a confession he had made a few months earlier, incl. his sexual fantasies in general as well as how he (a year or so earlier) had been masturbating (until ejaculation) in Dhyana Mandir, the main temple, near the altar where the living big Sri Murti of Bhagavan was. He had felt extremely guilty about this, it was a painful secret he had kept within for a long time.

アーナンダギリは、彼自身が1日足らずで最近悟った何百人のうちの1人であると語りました。

彼は、彼自身の悟るまでの物語を披露しました。

彼は、数ヶ月前に懺悔した全内容を聴衆に語りました。

彼が(以前に1年ほど)ディヤーナ・マンディール(主要な寺院)のバガヴァンの等身大シュリムルティがあった祭壇の傍でマスターベーション(自慰)していた(射精まで)ことと同様に一般的な性的妄想を含め、多数明かしました。

彼はこれについてとても気がとがめました。

それは彼が長い間抱えていた痛ましい秘密でした。

Anandagiri and I were very good friends and I loved him a lot. I remember I was very touched by his humility and courage when I found out that he shared his personal secrets in public. This deepened my love and respect for him.

アーナンダギリと私はとても良い友人でしたし、彼を大いに愛していました。

私は、彼が公で個人的な秘密を明かすのを見たとき、彼の謙遜と勇気にとても感動していたのを覚えています。

これは彼に対する私の愛と敬意を深めました。

Anandagiri’s massive guilt that he had carried within for more than a year was just one example of his inner conflicts at that time. This happened long after he was a student of the school.

彼が1年以上の間抱えていたアーナンダギリの大きな罪の意識は、彼の自己葛藤のちょうど1つの例でした。

彼が学校の学生であったずっと後に、これは起こりました。

I also saw that he (and his best friend Krishna – Bhagavan’s son) was rough towards animals, especially dogs. I saw him being mean to dogs a few times. Once in Somangalam, he was beating a dog and did not even stop when the dog was yelling and becoming extremely scared. I wanted to ask him to stop, as I felt it was very unethical; but my devotion to Bhagavan did not allow me to try to teach Bhagavan’s second or third closest disciple such a trivial thing in the important mission of Bhagavan. I “knew” that Bhagavan was anyway going to give mankind enlightenment, and Anandagiri was, after all, one of the main people in Bhagavan’s salvation plan.

更に、私は、彼(彼の親友クリシュナ - バガヴァンの息子と一緒に)が動物、特に犬に乱暴であるのを見ました。

私は、彼が犬に意地悪するのを何度か目撃しました。

かつてソーマンガラムにおいて、彼は犬を叩いていて、犬が泣き叫んで怯えきっていても止めさえしませんでした。

それはとても不道徳であると感じたので、私は彼に止めるように頼みたかったです;
しかし、バガヴァンへの私の帰依は、バガヴァンの重要な使命において些細なことだとして、バガヴァンの2、3番目に親しい弟子を諭そうとするのを私に許しませんでした。

私は、バガヴァンがとにかく人類に悟りを与えるだろうと「わかっていました」。

つまるところ、アーナンダギリはバガヴァンの救済計画に携わる中心人物の1人でした。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

36  35  34  33  32  31  30  29  28  27  26 
31.ファジーな悟り 29.一番弟子の行方
忍者ブログ [PR]