忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Where is Paramacharya now? What is he doing today?

Q:今、パラマチャリヤはどこにいるのですか?

現在、彼は何をしているのでしょうか?


Freddy: After Bhagavan introduced the monk order, Paramacharya’s role changed. When I visited India (to be with Bhagavan and Paramacharya), I always spent a lot of time with him. On one such trip to India (in 1996 or 1997), I found out that he was no more in the Movement, it was a shock to me.

フレディー:僧の規律が作られた後、パラマチャリヤの役割は変わりました。

私がインドを訪れたとき(バガヴァンとパラマチャリヤと過ごすため)、私はいつも彼と多くの時間を過ごしました。

そのときのインドの旅で(1966年か1997年)、彼がもはやムーヴメントに関与していないことがわかって、私はショックをうけました。

He used to be my personal guide (guru), I stayed with him for a year, before I met Bhagavan in person. I liked Paramacharya a lot. I never got any explanations as to why he had left.

彼は私の個人的なガイド(グル)でした。

私が個人でバガヴァンに会う以前、1年間を彼と過ごしました。

私はパラマチャリヤのことがとても好きでした。

彼がどうして離れたかについては、いまだに真相がわからないのです。

From 1997-1998 onwards, devotees and his assistants were not encouraged to try to meet him. Furthermore I wanted to respect him. As he was no longer the leader of Bhagavan’s Movement, I wanted to give him 100% freedom and not burden him with a visit.

以前、1997~1998年になって、帰依者達と彼のアシスタント達は、彼に会わせようとさせませんでした。

なお、私は彼を尊敬しています。

My longing to see him was sometimes intense. Therefore I once asked for a special permission to call him. I spoke to him for a few minutes. I felt that he did not want me to phone again, as if he did not want to remember his old role as the leader and my guru.

彼に会いたいという私の欲求はしばしば激しいものでした。

したがって、私はかつて、彼に電話をかける特別許可を求めました。

私は、数分間彼と話しました。

まるで彼が私のグルとリーダーとしての古い役割を忘れたがっているようで、2度と電話をして欲しくないように感じました。

He is now living in Chennai. I have not heard that he attends any satsangs or meeting new or old devotees. He has for many years been engrossed in an intense study of Astrology.

現在、彼はチェンナイで暮らしています。

新旧問わず帰依者達との会合やサットサングに出席したようなことは私は耳にしていません。

彼は長年、占星術の研究に熱心に取り組んでいました。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

35  34  33  32  31  30  29  28  27  26  25 
30.アーナンダギリの秘密 28.投影
忍者ブログ [PR]