忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

I have understood from what you just told, that permanent enlightenment need not be permanent. Was Anandagiri’s enlightenment getting gradually deeper, from his initial enlightenment as a student, until he was declared a god in 2005?

Q:私は、あなたが今おっしゃったことから、永久的な悟りが永久的である必要はないと理解しました。

2005年に神と認定されるまで、アーナンダギリの悟りは学生だった頃の最初の悟りから、徐々に深くなっていったのですか?


Freddy: I have already mentioned that truths, teachings, approaches, names, history etc. are constantly being changed by Bhagavan.

フレディー:私は、真実、教え、アプローチ、名前、歴史などがバガヴァンによって絶えず変更されていると既に言及しました。

At age 13-14, Anandagiri described his state to be similar to what people often understand as enlightenment. [I do not think Bhagavan declared him enlightened at that age.]

13~14才の頃、アーナンダギリは人々が悟りとしてしばしば理解するものと類似している彼の状態を述べるようになりました。

[ 私は、バガヴァンが彼をその年齢で悟ったと宣言したとは思いません。]

2 or 3 years later, in 1993, Bhagavan declared Anandagiri irreversibly enlightened. Soon Ananandagiri and hundreds of other “enlightened” devotees discovered that what Bhagavan said was permanent was in fact impermanent. A few years later, around 1997 or 1998, Ananandgiri was again being projected as an enlightened teacher.

2、3年後、1993年に、バガヴァンは、アーナンダギリが永久的に悟ったと宣言しました。

ほどなくして、アーナンダギリと他の数百人の「悟った」帰依者は、バガヴァンが永久的であると言ったことは実際には一時的なものであるのに気付きました。

数年後、1997か1998年頃に、アーナンダギリは再び悟った教師として打ち出されていました。

Bhagavan has often declared people permanently and supremely enlightened. When the “enlightened” person gets depressed again, Bhagavan tries to avoid speaking about it.

バガヴァンは、しばしば人々が永久的な最高の悟りを得たと宣言しています。

“悟った”人が再び落ち込むとき、バガヴァンはそれについて話さないようにします。

What Bhagavan calls permanent enlightenment, I would rather call “an altered state that might or might not become permanent, might or might not be what is considered enlightenment”.

バガヴァンが永久的な悟りと呼ぶものについて、私は、むしろ “ 悟ったとみなされるものかもしれないし、そうでないかもしれない。
永久的であるかもしれないし、そうでないかもしれない変性意識状態 ” と呼びたいです。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

38  37  36  35  34  33  32  31  30  29  28 
33.悟り認定 31.ファジーな悟り
忍者ブログ [PR]