忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Have you ever seen strange or suspicious behavior in the dasas?

Q:あなたは修道僧達の怪しげな(奇妙な)振る舞いを目撃したことはありますか?


Freddy: I did not know all of the dasas personally, maybe it was just 10 or 15 that I knew more closely. They have been very friendly in general, but not always. Some are considered, not only by me, to be egoistic and even rude. I remember that a South American Mukti-3 teacher, Cristobal Wagner, said to me and Ricardo Bravo (the South American main coordinator) that Madhu dasa had become even more horrible now when he was declared enlightened. At that time, I did not comment as I felt that to be silent was a sign of respect to Bhagavan, though it had also been my own experience with Madhu dasa. Many Western participants in the VIP campus complained to me that Pragyanand was highly arrogant and cold. At that time I was good friends with him and I did not agree with them, so I tried to justify his behavior when people complained to me about him.

フレディー:私は全ての修道僧について個人的に知っていたわけではありません。

私が親しかったのは10人か15人程であったと思われます。

彼らは全般的にとても好意的でしたが、いつもというわけではありませんでした。

尊敬されていた幾人かは、私にとってはそうではなく、利己的で無礼でさえありました。

南米のムクティ3教師、クリストバル・ワグナーが私とリチャード・ブラボー(南米のメイン・コンダクター)に言ったことを覚えています。

「悟ったと認定されたマドゥー・ダーサは今や非常に不愉快でさえある。」

その時、それはマドゥー・ダーサに接した私自身の経験でもあったけれど、沈黙していることがバガヴァンに対する敬意であると感じていたので、私はコメントしませんでした。

VIPキャンパスの西洋の参加者の多くが、「プラギャナンダは非常に傲慢で冷たい」と不満を訴えました。

その時、私は彼と仲がよかったので、彼らに同意しませんでした。

人々が彼の不満を訴えてきたとき、私は彼のふるまいを正当化しようとしました。

Girls from the Swedish group in 2001 (Satyaloka Mukti Yagna) reported that they felt that some of the male dasas looked at them with flirting and “hungry” eyes. To begin with, I did not believe this to be true. I told one of these girls that it is only the brotherly and divine love of these dasas that these girls misunderstood as having something to do with sexual desires.

2001年(サティヤローカでのムクティ・ヤグニャにて)、スウェーデン・グループの少女達が、修道僧達(男性)の幾人かが悪戯するのと、「飢えた」視線で彼女らを見ている気がすると報告しました。

まず第一に、私はこれが真実だと信じませんでした。

私は、それは修道僧達の同胞愛と神聖な愛に対して、彼女らの性的欲求が関係する誤解に過ぎない、と少女達の1人に伝えました。

Later I saw that there was truth to the suspicion of the Swedish girls. Some years later a girl told me that she had become friends with one of the male dasas who were in charge of the Western processes. He was also one of the leading dasas in conducting the Homas, a sacred fire ritual that is being used a lot in the processes. She told him that she likes mysticism, and that she was interested in learning more about homas. She was very surprised when he suddenly offered to teach her some of these mantras and homas personally.

後に、私はスウェーデンの少女の疑いが真実だったと理解しました。

数年後、少女が私に明かしました。

彼女は西洋のプロセスを担当していた修道僧達(男性)のうちの1人と親しくなりました。

彼は、ホーマ(プロセスによく使われている神聖な火の儀式)を執り行う主要な修道僧達の1人でもありました。

彼女は、神秘主義が好きで、ホーマについてもっと知りたかった、と彼に話しました。

突然、彼が個人的にホーマとマントラの幾つかを教えると申し出たとき、彼女は大変驚きました。

One evening, he came by her hut and asked if he could take some rest in her room. As he is a divine dasa, how could she ever question him! She even felt privileged that she could help a dasa in need.

ある晩、彼は彼女の小屋に寄って、彼女の部屋でいくらかの休憩をとってもよいかと尋ねました。

彼は神の修道僧なのですから、どうすれば彼女が彼を疑うことなどできたでしょうか!

彼女は、修道僧の必要に役立てる特権さえ感じました。

Suddenly he took her hand, and he started to caress her. He had taken off most of his clothes and later he fell asleep in her bed. Another time when he came to her hut, he told her how fantastic she was, and he started to kiss and bite her ear. I don’t remember all the details, but during this visit he got an orgasm in her bed, and he ejaculated on her back. During all this her entire soul screamed NO!, but as she was molested as child, she became petrified within and could not speak out loud.

突然、彼は彼女の手をとり、彼女を愛撫し始めました。

彼は大部分の服を脱いだ後、彼女のベッドで寝入りました。

別の時、彼は彼女の小屋を訪れると、彼女がいかに素晴らしいかを伝えました。

そして彼は彼女の耳にキスして、噛み始めました。

私が全ての詳細を覚えているわけではありませんが、この訪問の際、彼は彼女のベッドでオルガスムに達しました。

そして、彼は彼女の背中に射精しました。

こうしたことの間、彼女の全魂は、NOを叫びました!

彼女は幼児のように性的嫌がらせをうけたので、硬直して悲鳴を上げることも出来ませんでした。

This dasa liked Bhagavan and that was the reason why he had become a dasa. He once confided to this girl that he never liked to pray and he did not even remember when he last prayed.

この修道僧はバガヴァンを好んでいました。

また、それが彼が修道僧になった理由でした。

彼は祈ることが好きでないし、最後に祈ったのがいつだったかさえ思い出せないと、少女に打ち明けました。

Long time before this happened, Bhagavan had told me that this dasa had performed more homas than any of the other dasas, and that his homas were incredibly powerful. Bhagavan used to send him around India to perform big homa rituals for up to 100000 people. I was even planning to arrange for him to do homas in Sweden and Russia. As Bhagavan said he was the best homa performer in Golden City, he is likely to be the number one homa specialist in the entire world. Bhagavan told me that the homas of his dasas are a new phenomenon in India. Like no one else, they see and speak to the deities invoked in the homas. He added that the homas of his dasas are so much more powerful than all other homas performed in India.

この出来事のずいぶん前、バガヴァンはこの修道僧が他の修道僧達の誰よりも多くのホーマを執り成した、そして彼のホーマが信じられないほど強力だったと私に話しました。

バガヴァンは、最高10万人のための大きなホーマを行うため、インドじゅうに彼を派遣したものです。

私は、彼がスウェーデンとロシアでホーマをするように手配する予定さえありました。

バガヴァンが彼はゴールデンシティーで一番のホーマ専門家であると言ったということは、全世界でも一番のホーマ専門家ということでもあったのでしょう。

バガヴァンは、修道僧達のホーマがインドの新しい現象であると私に話しました。

彼らのようにホーマで祈願する神を見て会話することができる者は他にいない、と。

彼は、他のインドで実行される全ホーマ以上に、彼の修道僧達のホーマは遥かに強力であると付け加えました。

I was in Golden City when all this happened between the “molested” girl and the “excited” dasa (he happened to be very kind hearted and friendly). A week or so before this, hundred Russians had ordered altogether 200 group homas for themselves and for their friends. A group homa was costing 200 $ per person, so the profit was not bad… A group homa means that a few dasas work on up to seven people for a couple of hours. The people who ordered the homa are not present physically. Bhagavan has told that the dasas know how to make a homa work and be effective from a distance.

“ 性的嫌がらせをうけた ” 少女と “ 興奮した ” 修道僧(彼は、偶然、激しい情熱と親近感が生じた)の間でこれら全てが起こったとき、私はゴールデンシティーにいました。

この1週あるいはもっと前、ロシア人100名が、全体で200グループのホーマを彼ら自身で(彼らの友人のために代行)依頼しました。

グループホーマは1人当り200ドルかかるので、収益は悪くありませんでした・・・

グループホーマは、2、3の修道僧が2時間(最高7人)働くことを意味します。

ホーマを頼んだ本人達は、身体的に不在です(その場に出席していない)。

バガヴァンは、「修道僧達がいかにホーマを、遠距離から効果的に働かせるか熟知している」と語りました。

Bhagavan used to say that homas are important and a very powerful tool to solve all kinds of karmic problems. Most Russian devotees believed this, of course. The dasas explained that the homa would work within two months.

バガヴァンは、ホーマが重要であらゆる種類のカルマの問題を解決する非常に強力なツールであると述べたことがあります。

もちろん、ほとんどのロシアの帰依者達はこれを信じました。

修道僧達は、ホーマが2か月以内に作用すると説明しました。

Later, after this period had elapsed, almost nobody said that the homas had helped them or their friends. Many, however, came and complained that they had given so much money for the homas and they were disappointed that there were no improvements.

後に、この期間が経過したあと、ホーマが彼らや彼らの友人を助けたと言う人はほとんど居ませんでした。

多くの人々は、とにかく、ホーマで改善がないことに失望して、それらに対して随分なお金を支払ったのにと不満を言いに来ました。

A young Swedish woman told me in details how one of the dasas in charge of the Westerners (10 days process) did something “strange” to her. Bhagavan had declared him to be in the highest form of enlightenment, and he was also in charge of the Ayurvedic clinic in Golden City. He was very popular among the Westerners.

若いスウェーデンの女性は、西洋人達(10日間プロセス)の担当の修道僧達の1人が彼女に「奇妙な」何かをしたと私に詳細を告げました。

バガヴァンは彼が高い悟りの状態にいると認定しました。

そして、彼はゴールデンシティーのアーユルヴェーダの診療所の担当でもありました。

彼は、西洋人の間で非常に人気がありました。

One day he had arranged for a photographer to take photos from the Ayurvedic massage rooms for the website and a brochure. This Swedish woman had been asked if she was prepared to be photographed during treatment. The masseuses were very particular that no female body parts were seen by the male photographer and the dasa. They covered some parts of her body so that the photos would look decent on this spiritual brochure.

ある日、彼はカメラマンがウェブサイトとパンフレットのためにアーユルヴェーダのマッサージ室で写真を撮るように手配しました。

このスウェーデンの女性は、治療の間、写真を撮られる用意が出来ているかどうか尋ねられました。

女性マッサージ師は、女性の局部が男性カメラマンと修道僧によって見られないようにすることは重要事項でした。

写真がこの霊的なパンフレットできれいに見えるように、彼らは彼女の体の一部分を幾らか覆いました。

A day or two later, the dasa asked the Swedish woman if he could take some additional photos as the ones that were taken before were not good enough.

翌日、あるいは2日後、修道僧は撮影したものが余りよくなかったので、彼が何枚か追加の写真を撮ることが可能かどうか、スウェーデンの女性に尋ねました。

She agreed as this dasa was a very special and close disciple to Bhagavan, hence being divine, and he had Bhagavan’s full trust. He asked her to remove all her clothes and gave her a “kaupinum”, a thin string underwear, but nothing to cover her breasts. He gave her a complete massage (not a short one), also touching her breasts and genital area. She thought that, as he was divine, Bhagavan wanted him to do this, she was only happy to be helpful to Bhagavan. After this long massage, the dasa finally took the much-needed photos that never were published in the brochure.

この修道僧がバガヴァンと非常に特別で親しい弟子(それゆえに神聖で、彼にはバガヴァンの完全な信頼がありました)であったので、彼女は同意しました。

彼は彼女に全ての服を脱ぐよう頼んで、彼女に “ カウピヌム ” (薄手の紐下着)を与えました。

しかし、彼女の胸を覆うものは何もありません。

彼は彼女に全身マッサージ(短時間ではない)をしました。

そして、更に、彼女の胸と局部に触れました。

彼女は、彼は神聖なのだし、バガヴァンが彼にこうすることを望んでいるのだ、バガヴァンの役に立つことが出来て満足である、とだけ考えるようにしました。

この長いマッサージの後、修道僧はついに写真を撮影しました(パンフレットで発表されることはなかった)。

After the whole thing was over he asked her not to tell this to anyone, it was better to keep quiet about it, but he was going to tell it to Acharyaji (Anandagiri), he added.

全てが終了した後、彼は誰にもこのことを話さないよう彼女に頼みました。

それについて黙っていることが適切でした。

しかし彼はアーチャリヤ(アーナンダギリ)にそれを話すつもりだ、と付け加えました。

I do not think many Swedish female participants would have agreed to get a massage by a male dasa. However, her devotion to Bhagavan was dasa-like and she had complete trust in the dasas. My guess is that he knew she would cooperate and not question, hence there was little to lose and much to win. That she was young and beautiful – attractive like a Hollywood star – was probably not an obvious minus point to him.

多くのスウェーデンの女性参加者が修道士からマッサージをうけることに同意したとは、私には思えません。

しかしながら、彼女のバガヴァンへの帰依心は修道僧のようで、完全にその修道僧を信用していました。

彼女が疑問を持たず、協力してくれるであろうことを彼はわかっていました。

それゆえに、勝算は大きく、負ける要素はわずかでした。

彼女は若くて美しかったので(ハリウッドスターのように魅力的な)おそらく彼への明白なマイナス点はなかったでしょう。

It was only much later that this Swedish woman began to wonder if the massage would have been necessary for the photos. If the oil was needed, she could have smeared it on herself in a second or two.

このスウェーデンの女性が、マッサージは写真のために必要だったかどうか疑い始めたのは、ずいぶん後のことでした。

もしオイルが必要であるならば、彼女は1、2分でそれを彼女自身に塗ることができたはずでした。

Now her intense and blind devotion to Bhagavan has passed and she cannot understand how she didn’t see the real intentions of the dasa. She told me that her devotion made her completely blind.

現在、バガヴァンに対する彼女の情熱的で盲目の帰依心は消え去りました。

どうして修道僧の真の意図を見抜けなかったのか、彼女にはわかりません。

彼女の帰依心が己を全盲にしたと彼女は私に話りました。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

23  22  21  20  19  18  17  16  15  14  13 
18.ジャッジメント 16.天使
忍者ブログ [PR]