忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Why did you not speak to the two dasas after hearing what they had done to the female devotees you inspired to go to Bhagavan’s Ashram?

Q:あなたがバガヴァンのアーシュラムへ行く気にさせた女性の帰依者に起こったことを聞かされた後、何故あなたは2人の修道僧に話さなかったのですか?


Freddy: I came to know about these two sexual “experiments” by the dasas approximately the same time. I wrote a long email to Ananadagiri and Pragyanand (he was my guide appointed by Bhagavan) describing what had taken place and demanded that these two dasas were confronted and dealt with. I wrote how disappointed I was, and if they were not asked to leave their positions as dasas, I would get very, very upset.

フレディー:私は、ほぼ同時期に、修道僧によるこれらの2つの性的な “ 実験 ” を知るに至りました。

私はアーナンダギリとプラギャナンダ(彼は、バガヴァンによって任命された私のガイドでした)に何が起こったか記述した長い電子メールを打って、これらの2人の修道僧と対面して、対処するよう要求しました。

私がどれだけ失望したかを記しました。

もし彼らがこれら2人に修道僧の地位を退くよう命じないならば、私は卒倒するところでした。

Luckily Anandagiri did not insist that these dasas shouldn’t be “fired”. If Bhagavan and his team of decision makers would not have agreed, I do not think I could have remained in the Movement after that.

幸い、アーナンダギリはこれらの修道僧達を「破門」すべきではないとは主張しませんでした。

もしバガヴァンと意思決定者としての彼のチームが同意しなかったならば、私がそのままムーヴメントに残っていたとは考えられません。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

24  23  22  21  20  19  18  17  16  15  14 
19.ポジティブ・キャンペーン 17.狼の楽園
忍者ブログ [PR]