忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Does it really cost money to see A&B?

Q:アンマ&バガヴァンに会うために本当にお金がかかりますか?


Freddy: Westerners have no access to get a private meeting or even a one minute private darshan [lit. to see or meet a saint or a god] with Bhagavan. The only way for Westerners, with very few exceptions, to see Bhagavan is to be famous or rich. Indians have to pay a huge amount of money to meet Bhagavan in person, I think it is 2000-3000 US dollars for a meeting of 20-30 minutes.

フレディー:バガヴァンとのプライベート・ミーティング、あるいは1分間のプライベート・ダルシャン(注:神や聖人に会う、または見る)でさえ、西洋人は接点がありません。

ごくわずかの例外を除いて、西洋人がバガヴァンに会うための唯一の方法は有名か金持ちであることです。

インド人が、バガヴァンに単独で会うには巨額のお金を払わなければなりません。

20~30分のミーティングのために2000~3000USドルかかると思います。

Amma has regular public darshans in Nemam, near Chennai and they are free. For Amma’s private darshans there are two options: a group price where you can see her in a group for a very short time, it costs 150 dollars per person approximately. To be alone with her for 2 minutes and talk to her shortly cost approx. 400 dollars, Indian and Westerners pay the same. For many Indian laborers, 400 $ is 8 months of wages.

アンマはチェンナイの近くのネーマンで定期的な公のダルシャンを行います。

また、それらは無料です。

アンマのプライベート・ダルシャンについては、2つのオプションがあります:
ほんの僅かな時間、グループで彼女に会うことができるというグループ価格、それは1人当たりおよそ150ドルかかります。

2分間、単独で彼女と話すには、およそ400ドルかかります。

インド人と西洋人は同じ金額を支払います。

多くのインド人労働者にとって、400ドルは8か月分の給料です。

The prices for the private darshans I have mentioned are taken from my memory and are from November 2005.

私が言及したプライベート・ダルシャンの価格は、私の記憶から得たもので、2005年11月の時点のものです。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

19  18  17  16  15  14  13  12  11  10  9 
14.調査員 12.使徒誕生
忍者ブログ [PR]