忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ついに、ムバラク大統領が辞任しましたね。
今後ますます他国に波及していくことになるのでは。

さて、海外のスピリチュアルティーチャーをピックアップしてみました。
(特に推奨するわけではありませんが)
デイブ・オシャーナと呼ばれる男性で、フィンランドで活動しているようです。詳しいプロフィールが見当たらないのでよくわからないのですがオシャーナというのは本名ではないような。

オショー・ラジニーシの名が話の中に登場していたのと、そのアシュラムを出入りしたような記述もあったので関連があるのかもしれません。

悟り(エンライトメント)と目覚め(アウェイクニング)を区別しているのと、至福・恍惚状態(来ては去っていく単なる体験にすぎない)を重視していないように思えます。

伝達(トランスミッション)を強調しているところが特徴的でしょうか。
エネルギーワークも提供していますが、身体を動かすエクサイズなどでレイキやディクシャのようなエネルギーワークとは異なるようです。

==========================
Enlightenment-Now
enlightenment-now.com/index.html

デイブ・オシャーナとは誰か?

デイブ・オシャーナは正真正銘の悟った教師です。彼は深い理解とノーマインドの状態を強力に伝達できます。
-----------

恒久的な悟り

「言葉に用心せよ - 本物の師は、彼自身の飲み物を補充するためにあなたの湯飲み茶碗を空っぽにさせることを要求しない!」

現代のサットサング教師、行者、ヨギは、時折、臨時品を与えるかもしれない。

あなたが幸運であれば、アンマ(マーター・アムリタナンダマイ)は一晩中抱きしめるセッションの間にそれを与えるかもしれない - だが、朝が来れば至福は過ぎ去る。

教師の集まりで素晴らしく感じた後、とても惨めに感じるのはどうしてだろう?
--------------

棒キャンディー

それは、あなたが試食の誘惑をうけ、ひとかけらを提供されたからだ - そして、すべてのおやつの様に、それらは間に合わせである。

それらは本当の悟り(解放あるいは自己実現)とは無関係だ、というのもまだそれと共にあなたがいるからである。

ラメッシ・バルセカールは、それらを「無料サンプル」と呼んだ。

HWL Poonja(パパジ)はそれらを『棒キャンディー』と呼んだ。

そして彼は大勢にアイスクリームをばらまいたと公言した。

では、あなたがアンマなどのグルから『それ』を得たとき、あなたは『ひとつ』に触れただろうか?

いいや、あなたは至福のエネルギーを体験しただけである。

ん、かなり大胆な発言だって?

しかし、何であなたは大きなエネルギーを得ようとするのだろう?
---------

目覚め (覚醒体験)

あるいは、あなたは一時的に目覚めていたのかもしれない; これらはそれほど一般的ではないが何ヶ月も続くことがある(いずれも悟りではない)。

現代のサットサングで提示される最もポピュラーなタイプの目覚めは、「ノーマインド」あるいは「見性」である。

これはマインドの外側に気づきがあり、有頂天(恍惚境)に達した状態である。
----------

ミニ悟り

これらのミニ悟り(一瞥)は、グルタミン酸ソーダのように一時的充足を与えるに過ぎない。

渇いたあなたが残り、不便な時(午前4時のような)にますます欲し、ほてりと動悸を伴い切望しているとき、君の愛用の至福商人は来年まで町を離れているのだ。
------------------

目覚めのタイプ

目覚めには多くの異なったタイプがある。

人間のどんな部分も目覚めることが可能だ。

例えばマインド、身体、ハート(感情的なセンター)または直観--これらのいずれも目覚めることができる。

身体に気づきが入るならば、より生き生きと、より巧みになる。

大部分の人々にとって、気づきはマインドの心配に夢中になっている。

それは自由に身体、直感、ハートに旅することができない。

それが自由であるなら、身体から離れた場所、マインドの外側に行くことさえできるだろうに。
----------

ノーマインド

『ノーマインド』は、気づきがマインドの外側で静止することである。

しかしながら、この気づきは絶えず動きの中にあり、必然的にマインドの内部に引き込まれ、その中に降下する。
-----------

恒久的な目覚めには何が必要なのか?

気づきはノーマインドの領域だけではなく、マインドから遠くに離れる必要がある。

なぜなら、この領域はまだ創造の領域にあるからだ。

すべての創造された形態が気づきを引き込む。
-----------

目覚めは悟りではない

一部の教師達にとって、目覚めは簡単に生み出せることかもしれない。

だが、この宇宙における全創造物のように、それらはごく短期で変化しやすい。

悟りとは「家に帰る」ことだ。最終的な安息地、象と他の生物が死ぬための場所、すなわち休息のために彼らの記憶を置く所。

悟りは、人が何であるかに関する完全で恒久的な認識で、すべての不正確な見解、推測、および他の精神的な負担から自由である。

過酷な商取引の終わりに、霊的市場から家へ持ち帰る価値がある唯一のものが悟りだ。

千の花弁を持つハスが萎れるずっと前に、目覚めは色あせて萎れる。

イタリア人の新婚がベニスのバルコニーから子供を待ち構え、甘いお菓子をどっさりばらまくのと同じように、目覚めを分け与える霊的教師がいるならば彼らと過ごすべきか?

これに答えるのは容易ではない。 それは人による。

精神的な恍惚を得ることでアルコール中毒が止まるとすれば有益である。

しかしながら、探求者が至福に溺れて本物の悟りの教師を探すのを止めることになれば、最終的な発見(悟り)をすることに失敗するだろう。

悟りは優れた「IT」だ - コカコーラやペプシではない。

模造品や二流品を受け入れないように。

悟りは真の生ける水、永遠の命の泉である。

目覚めは目新しいのだが、それらは十分ではない。

疲れきった霊的旅行者は遠くを見つめている。

彼らは、天国を見てはいないが、無数の体験を持ち、マントラを唱えた、奇跡を目撃した、最新の人生を変える本を読んだ、数千時間も地球のあちこちを巡ったとうんざりして言うことができる。

そして、いまだに「何が現在に最終的な違いを作るんだろうか?」と首をかしげている。
--------

形はない

現代のサットサング教師の多くは目覚めと悟りの違いを明確に説明しない。違いを知らないのかもしれない。

マスター(師)は、最終的な形(無形)を明らかにしようと岩を刻んでいる彫刻家のようにこれらの概念をコツコツと解く。すべての形は内側の無形から創造される。

しかし、教師が持つ最も重要なものは言葉ではない;
悟りをもたらす『伝達』が彼の本当の贈り物である。
------------

教えはない

一部の人々は、アドヴァイタを真理についての伝統、哲学、血統とみなす。これは、人を誤らせる概念だ。

パパジは、老子のごとく『教えはない』と断言した。

ラマナ・マハリシは、教師は外側の物質形態ではないと述べた。

教え、教師、血統はない。

一部の勤勉な『教師達』と彼らの福音主義の支持者達は教えの本を大量に出版するのを止めなかった。

ミニマリスト(最小限主義者)アドヴァイタ Bauhaus Kampにおいて、それが我々を自由にするという認識であったと見える。
----------

伝達

悟りは伝達によって起こる。本は束縛である。

読むのを止めて、受け取り始める時だ。

伝達は、いまだ説明されたことがない謎めいたものだ。

私はこの領域の研究を続けているが一部分は文書化できるかもしれない。

だが、今のところ、それについて書くよりも役立つ仕事は悟りを生み出すことのみである。
---------

アドヴァイタ・デラックス

意味論的なベルリンの壁は、『真の』アドヴァイタの教えの純度を保持することを願う特定の学徒によって建設された。

一部の逃亡者がいた: これらの真理からの逃亡者は、朝食用の至福のオートミールでは、昼食と夕食の両方の悟りには至りそうにないと気づいた。
贅沢なシリアル用に新たな材料を世界から剽窃した-アドヴァイタ・デラックス - そしてそれは、東洋のヨガと西洋の精神療法から供給された訝しげなものに見える。

彼らは、現在のエサレンのような範囲の活動を提供する: 男性と女性のグループ、芸術療法、ダンス、歌、瞑想、自己催眠、ヨガ。
----------

化学反応検査

これは、サーカスのエンターテイメントである。

化学反応検査とはこれだ: 教師は、悟りを引き起こすことができるか?

教師が本物であるならば、彼らはとても迅速に悟りをもたらすことができる。
-----------

絶えず空っぽの茶碗

言葉に用心せよ: 本物の師は、彼自身の飲み物を補充するために君の湯飲み茶碗を空っぽにさせることを要求しない。

ただ単にあなたが空っぽのままで留まることを奨励する。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

153  152  151  150  149  148  147  146  145  144  143 
温故知新 大きなお世話
忍者ブログ [PR]