忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


advaita-academy.org/Pages/Q_A_Details.aspx
Q&A: グル

「サットサング教師が、弟子の頭に『両手を置きました』。
何が行われていたのでしょうか?」


: 私は、数週間前にサットサングに行ってきました。

セッションの終わりに、誰かが弟子として受け入れてもらうために進み出ました(少なくとも私は、そうであったと思います)。

教師はその男性の頭に両手を置いて、じっとしていました。

この儀式が何を意味するか説明して頂けますか?


デニス・ウェイト

サットサングの記述に関してですが、私は実際にその教師または彼の書いたものを知りません。

彼には強い存在感があるとのことですが、あなたはこれにだまされないように慎重であるべきです。

誰もが自分自身を「みせる」ものに精神肉体機構の性質の一部があります。

これは例えば、喉頭などの構成によりはっきり口述される低い威厳ある声の場合は明らかです。

しかし、自信、説得力、雄弁能力などのようなものは、すべて学んだ(博識)か、おそらくは引き継いだ特質であります。

非二元性とはまったく何も関係がありません。  

彼が「手を置いた」ことについて何をしていたのか想像つきませんが、これは単純に物理的な安心や慰め以外に何も果たしていないとしか考えられません。

もし、誰かがこれに依存するならば、グル崇拝を促進するための見せかけだったと仮定しなければならないでしょう -

めったに本物として解釈できるものはありません。

私たちの「苦しみ」(それを何と呼ぶにせよ)のすべてが無知の結果です。

そして、無知は認識(knowledge)によって取り除けるだけです。

残念ながら、触れることで認識を移すことはできません!


----------------------

デニス・ウェイト氏について

彼は化学の学士号の教育をうけ、人生の大半をコンピュータ関連で働いていました。 2000年以降は書くことに人生を捧げています。

1999年(2007~8に手広く改訂)に哲学的/生態学的な冒険小説、2001年3月に達成価値測定基準に関する本を完成しました。

2003年に、彼にとって初のアドヴァイタに関する本「The Book of One」(その道の学徒を対象に執筆した)が出版されました。

2005年に、サンスクリット語の入門書(「霊性探求者の必須案内」)がインドで出版されました。

2007年に出版された彼の本「How to Meet Yourself(自分自身に出会う方法)」は、非専門的な読者に向けて人生の意味と目的という基本の話題、および幸福の本質を記述したものです。

「霊性探求者」を対象にしたわけではありませんが、本を読み終えるまでに読者が1つになりたいと望むことを意図しました!

それは西洋哲学、社会学、心理学の見地から主題にアプローチしますが、次第にアドヴァイタの概念を紹介し、最後の2つの章では詳細に自己と実在の非二元性について説明します。

同じく2007年に、「Back to the Truth(真実に向かって)」と題した彼の主要なアドヴァイタの本が出版されました。

これは、アドヴァイタの系統を取り扱い、多くの情報源による例を用いることで、教師とアプローチを区別することで読者に役立ちます。

伝統的なアドヴァイタの聖典(同時代の賢者の言葉)と現代のネオ・アドヴァイタの教え「なすべきことは何もない」とを比較します。

私たちはマインドを無視するべきでしょうか?

世界は実在しますか?

「悟る」ために私たちにできることがありますか?

こうした疑問と、真理を発見した人による説明が記載されています。

2008年に彼の最新刊「悟り: ジャングルの抜け道」が出版されました。

「悟り」という用語を定義して、「ニューエイジ」本によって繁殖された悟りにまつわる多くの神話を払拭することを明確な目的としました。

それは、伝統的な教えの中で千年を越えて伝わる立証された方法を据える試みでした。

現代の「サットサング」教師とネオ・アドヴァイタの教えがないのとは対照的に、伝統的方法だけが悟りをもたらす見込みのある過程を説明します。


PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

156  155  154  153  152  151  150  149  148  147  146 
自分で考えよう あなたのグルは大丈夫?
忍者ブログ [PR]