忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Bhagavan’s plans for the Universe

バガヴァンの全人類のための計画

This is how a con-man transformed himself to an opportunistic manipulator of events. He called himself Acharya and gradually maneuvered to make people call him "Paramaguru" [roughly translated: the supreme teacher] and later graduated into Kalki Bhagavan [meaning roughly "The Lord God Messiah"].

これは、いかにして詐欺師がイベントの遠隔操縦者に変わったかです。

彼は自らアーチャリヤと名乗り、人々に「パラムグル」[ざっと訳すと:最高の教師]と呼ばせるように徐々に操縦しました。

そして、それ以後はカルキバガヴァン[おおよそ「救世主」を意味する]へと徐々に変化しました。

In India, people tend to ignore thousands of budding Gurus; this makes {opportunistic pseudo-} gurus go around to scout for credible people [like Dr. Shankar, Judges, successful people, politicians, actors, artists, scholars], to endorse them. When Westerners gather and show devotion to a budding Guru, his Indian following increases manifold, because the average Indian thinks highly of the white skinned affluent truth seeker. Moreover, Westerners are in general unaware of the lurking greed for money and power in the Guru’s mind. They themselves like the special attention and feel elated and euphoric when the Guru glances or smiles at them. Gurus are often clever, they offer very useful courses to comfort the [budding] follower. When the prospective follower finds some benefit, he/she is encouraged and made to feel a sense of hope and feel very important, he/she is told that enlightenment is not far away. This makes the fanatic follower go around scouting for new recruits to spread this “divine mission” which he sincerely believes in.

インドでは、人々は何千もの蕾(つぼみ)のグル達を無視する傾向にあります;

こうした{日和見主義的な偽りの}グルは、信者獲得のために信用ある人々[シャンカール博士、裁判官、成功者達、政治家、俳優、アーティスト、学者のように]を徘徊させます。

平均的なインド人は裕福な白人の真理探求者を高く評価するので、西洋人が集まって蕾のグルへの傾倒を示すときインド人信者が数倍に増加します。

そのうえ、一般の西洋人はグルの心に潜む金と権力に対する貪欲さを知りません。

グルが彼らに微笑んだり、一瞥したならば、彼らは嬉々として高揚し、自分自身が特別に気にかけてもらったように感じるのです。

グルはしばしば利口です、彼らは[発芽した]信者を慰めるために非常に役立つコースを提供します。

何かの役に立つと見込まれた信者(彼/彼女)は励まされ、とても大切で期待されていると感じさせられます。

彼/彼女は悟りが近いと告げられます。

彼が心から信じるこの「神の使命」を広げて新人を獲得するために熱狂的な信者を徘徊させます。

People looking for security in their not-so peaceful lives, might benefit from the courses Vijaykumar has put together. He has borrowed most of the ideas from the teachings of JK, {Buddhist mindfulness} meditation techniques of {Burmese-Indian teacher} S.N. Goenka of the Vipassana foundation, several other teachers like {the eminent advaita/nonduality sage} Ramana Maharishi and yoga teachers, besides generously borrowing from the goldmine of Indian Hindu and Buddhist traditions.

あまり平穏な人生ではなく安心を探し求めている人々は、ヴィジェイクマールがまとめたコースから利益を得るかもしれません。

彼はインドのヒンズー教と仏教の伝統の金鉱に加え、JKの教え、ヴィパッサナー財団のS.N. ゴエンカ{ビルマのインド人教師}の瞑想技術{ブッディスト・マインドフルネス}、その他ラマナマハリシ{著名なアドヴァイタ/不二一元論の賢者}のような教師達、ヨガの教師達から大部分のアイデアをパクリました。

These disciples, desperately longing for enlightenment or, to put it differently, wanting ultimate power or understanding of life, or desperately seeking answers to their burning questions, give their hard earned money and labour to this "Master." It would be sad if they live this lie and do not discover the real Vijaykumar Naidu behind the Kalki Bhagavan mask. If they dare to question, doubt and seek real truth they would be freed from living a lie.

悟りを切望している、もしくはそれとは異なるものを身に付けること、究極の力もしくは人生の理解を望んでいる、緊急課題に対する答えを必死に探しているこれらの弟子は、この「マスター」のために骨を折り、彼らが汗水流して稼いだお金を差し出します。

もし彼らがカルキバガヴァンの仮面に隠された本当のヴィジェイクマール・ナイドゥを発見せずに、偽りの人生を送るとしたら、それは残念なことです。

あえて疑問、疑念を持って本当の真実を探し求めるならば、彼らは偽りの人生を送ることから解放されるでしょう。

These kinds of false prophets bring shame and disgrace to India! One thing common to most popular gurus today is that they do not want you to renounce the religion you were born into, all they ask is gradual acquaintance with their system and once you fully get conditioned or indoctrinated they suck you into their inner circle. After you are found to be a loyal follower they ask you to promote, spread and bring in new converts to their brand of pseudo-spirituality. When you bring in many converts you are subtly rewarded by granting you special private interviews, promotion in the hierarchy and a fast lane to enlightenment!

これらの偽予言者の類は、インドに恥と不名誉をもたらします!

今日の非常に人気のあるグルに共通する1つの事は、あなたの生まれながらの宗教を捨てることを要求しないということです。

彼らの要求の全ては、組織とのゆるやかな付き合いです。

そして、一旦あなたが完全に条件付けられるか洗脳されると側近グループに引き込みます。

あなたが忠実な信者であると認めた後、彼らはあなたに偽精神性のブランドを宣伝、普及させて新規参入者を引き入れるよう命じます。

あなたが多くの参入者を引き入れるならば、特別な個人面談、階級の昇進、悟りへの近道を認められることによって微妙に報われます!

I, as a fellow traveller in search of truth, feel a compulsion to share my perceptions; it is up to you, the reader, to interpret, misinterpret or perceive as you like.

私は、真理を探究する旅人の仲間として、私の理解を分かち合う必要性を感じたのです;

どのように理解、解釈あるいは誤解するも、読み手次第です。

=======================

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

80  79  78  77  76  75  74  73  72  71  70 
救世主コンプレックス ティモシー・コンウェイ博士の編集.9
忍者ブログ [PR]