忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の記事で登場したサドグル・ジャッギー・ヴァースデーヴ(イーシャ財団の創始者)が、彼自身の人生を語っている動画がありました。

訳はあやふやな箇所もあったので微妙です(いつものことか)。
私の翻訳能力が向上するには時間がかかりそうなので、ツールの飛躍的向上が望まれます。

動画にそのまま組み込めば見やすくていいのですが、それはこの種の動画を紹介することに関心が高く、かつ翻訳に自信のある方がされることだと思います。

彼が真正のグル(導師)であるのかどうかはさておき、こうしたストーリーには興味深いものがあります。


彼が言うように、それ(悟り)はすべての人に可能性があるのでしょうが、はたしてすべての人に必要なのかどうかについてはわかりません。


sadhguru's enlightenment... in his own words
 
Chamundi Hill 
チャムンディの丘
 
One afternoon, I just went and sat on a small hill which was in a town where I grew up.
ある日の午後、私は、生まれ故郷にある小高い丘の上にただ座っていた。
 
Until that moment I always thought this was me and that's somebody else. I had no issue with that somebody else but that is somebody, this is me. For the first time I did not know which is me and which is not me. What was me was just spread all over the place.
その瞬間まで、私はこれが「私」で、あとの皆は他人だと思っていた。私は他の誰とも問題はなかったが、自他があった。その時に初めて、私は、「私」がどこにいるのかがわからなかった。「私」はいなかった。「私」は至る所に拡がっていた。
 
I thought this madness lasted for five or ten minutes but when I came back to my normal ways of being four-and-a-half hours had passed.
この狂気の沙汰が持続したのは5~10分間と思ったが、私が通常の状態に戻ったときに4時間半が経過していた。
 
I'm sitting right there, fully conscious, eyes open. 
私は目を開けて、完全に醒めた状態で、そこに座っていた。
 
I sat there around three o'clock in the afternoon, it's seven thirty in the evening, sun has set and I thought it's only ten minutes but four and a half hours had passed.
私は午後3時頃にそこに座った。日が暮れて、午後7時半になっていた。10分しか経っていないと思ったが4時間半が経過していたのだ。
 
For the first time in my adult life tears are flowing to a point where my shirt is completely wet.
その時、私はシャツがびしょ濡れになるほど涙を流していた。大人になってから初めてのことだ。
 
Me and tears were impossible, I am like this.
私は涙とは無縁だった。
 
I've always been happy, that's never been an issue for me.
私にとって全く問題はなかった、私はいつも幸せだった。
 
I was successful with what I was doing.
私は自分がすることに成功していた。
 
I was young and no problems... I was fine.
私は若かったし、何も問題はなかった・・・私は満足だった。
 
But I'm bursting with another kind of ecstasy which is indescribable, every cell in my body is just bursting with ecstasy.
しかし、私は筆舌に尽くし難いある種の恍惚感に溢れていた、身体のあらゆる細胞が恍惚感ではち切れんばかりだった。
 
I had no words, when I shock my head and tried to ask my skeptical mind okay what's happening to me.
私の頭(理性)は動揺し、言葉を失い、私に何が起こっているのか懐疑心を行使させた。
 
The only thing that my mind could tell me was maybe you are going off your rocker.(audience lauter)
私のマインドが私に伝えられる唯一のものは、「おまえのオツムはいかれちまったんだろうよ」であった。(聴衆、笑)
 
I didn't care what it was but I didn't want to lose it because this is the most beautiful thing that I had ever touched and I had never imagined that a human being could ever feel like this within himself.
私は、それは何であるかは気にかけなかったが、私がかつて接触した中で最も素晴らしいものだったので、それを失いたくなかった。 人間が自分の内側にこのようなかつてない感覚を抱けるということを私は想像したことがなかった。
 
So when I went to my closest friends and said see something is happening to me like this as I'm talking tears would flow and...
私は親友を訪ねると、「見てくれよ、俺どうにかしちまったんだ」と涙を流しながら話した。
 
people would say, “Did you drink something? Did you pop something? What did you do?”
人々は言う 「一杯ひっかけたのかい? 何か変なもんでも口にしたのか? 何したんだ?」
 
I knew there was no point in talking to anybody because If I just look at the sky, tears will come, If I look at a tree, tears will come, If I close my eyes, tears will come.
誰に話したところで意味がないのはわかっていた。私が空を見上げれば涙が溢れる、木を見れば涙が溢れる、目を閉じれば涙が零れ落ちるのだから。
 
I'm just bursting. In six week time everything about me changed so dramatically and I just lost the sense of time.
私は決壊した。6週間のうちに、私のすべては本当に劇的に変わり、私は時間の感覚を失った。 
 
The next time this happened was very significant because there were people around me, I went and set with my family at the dinner table,
この次に、非常に意味ありげなことが起きた。というのも私の周囲に人々がいた。私は家族と一緒に食卓を囲んでいた。
 
I actually thought it's two minutes, but seven hours had gone by, I'm sitting right there fully alert but I have no sense of time.
私は完全に醒めた状態でそこに座っていたのだが、時間の感覚がなかった。私は、2分しか経っていないと思ったのだが、実際は7時間が経過していた。
 
This happened many times, one day I'm just sitting in my farm and I thought I sat there for about twenty five, thirty minutes, but I have sat there for thirteen days.
これは何度も起こった。ある日、私は自分の農場で座っていた。私がそこに座っていたのは25~30分位と思ったのだが、13日間が経過していたのだ。
 
By then a crowd has gathered, India being What it is, there are huge garlands all around me and somebody's asking how to run his business, somebody wants to know when his daughters will get married.
それまでに、群衆が集まっていた。インドにはそうしたことがある。私の周囲一面に花輪が置かれていた。ある者は「ビジネスの運営法」について質問してきた。
またある者は「娘がいつ結婚できるか知りたい」と。 

 
All then nonsense I hated just happening around me and... I actually thought it's only twenty five, thirty minutes but these people saying thirteen days, he's sitting, he's in samadhi he's this.
私の周りに起こっているこれら全てのことが、くだらなくて嫌になった・・・
私の実感では25~30分だったが、これらの人々は「彼は13日間、座っていた。彼はサマディ(三昧)に入っていた。」と言うのだった。

 
I had not even heared these words.
私はこうした言葉を耳にしたことさえなかった。
 
I grew up on... you know European philosophy, Kamel, Kafka, Dustkowsky, you read that stuff? ...in America? ...hur?
私はヨーロッパの哲学を読んで育った・・・カメル、カフカ、ドストエフスキー。あなたがたはそれらを読むだろうか?
 
and being sixties you know...Beatles and this and that, I grew up like that.
それと、あなたがたも知っている60年代の存在・・・ビートルズなどを聞いて私は育った。
 
Me and spirituality are another world, there's no chance of me going there.
私には、スピリチュアリティーは別世界で無縁のものだった。
 
So I had none of these vocabularies, samadhi this, that stuff in me...
だから私は、サマディというこの言葉、こうした用語は少しも知らなかった・・・
 
People are saying oh he's in this kind of samadhi, he's in that kind of samadhi, you touch him and this will happen and people are trying to grab me.
人々は「彼はこの種のサマディにいる、彼はあの種のサマディにいる、あなたが彼に触れるとこれが起こるだろう」と言って、私をつかもうとする。
 
So the only thing that I could do is leave that place and travel out just to escape this because I couldn't figure what's happening around me.
したがって、私にできた唯一のことは、その場所を去ることだった。私の周囲で何が起こっているか理解できなかったので、これを回避するために旅に出た。 
 
Why I'm telling you this story is, this is possible for every human being, it's my wish and my blessing. This must happen to you.
なぜ私があなたにこの話を伝えているかといえば、これはすべての人間にとって可能であるからだ。それは私の願いであり、祝福である。
これはあなたの身に起こるに違いない。 
 
Whether you climb Mount Everest or not, Whether you become the richest man on this planet or not, your experience of life on this planet should be pleasant.
あなたがこの惑星でエベレストに登るかどうか、金持になるかどうかに関わらず、この地球上の人生経験は楽しいものであるはず。
 
You must live blissfully and go, that must happen to every human being, everybody deserves it and everybody's capable of it. 
あなたはこの上なく幸福に生きるに違いない。それはすべての人間に起こるに違いない、誰もがそれに値するし、その可能性がある。
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

200  199  198  197  196  195  194  193  192  191  189 
崇拝する者させる者 日本の元総理大臣たちとインドのカリスマグル
忍者ブログ [PR]