忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

My friends have been very touched by Aliyah. What has been Bhagavan’s response to Aliyah?

Q:私の友人はアリヤーに、とても感銘を受けていました。
アリヤーへのバガヴァンの反応は何かありましたか?


Freddy: In spring 2001, Aliyah started to openly share her views on Bhagavan to the Russian devotees when asked. Once a year, sometimes twice, I went to India to meet Bhagavan; that year (2001) I went in September. During this visit, Aliyah was one of the hot topics in my discussions with Bhagavan; if we did not find ways that would stop her from creating doubts and confusion in the devotees, the Movement could get reduced considerably in Russia, Ukraine, Kazakhstan, Sweden etc.

フレディー:2001年の春、アリヤーはロシア人の帰依者達に尋ねられたとき、バガヴァンに対する彼女の観点を公然と伝え始めました。

年に1、2回、私はバガヴァンに会いにインドに行きました。
その年(2001)は9月に行きました。

この訪問の間、アリヤーのことがバガヴァンと私との白熱した話題の1つになって討議されました;
もし私達が彼女を止めさせる手段を発見することができなければ、帰依者に疑念と混乱が生じ、このムーヴメントはロシア、ウクライナ、カザフスタン、スウェーデンなどではかなり縮小することになるかもしれない、と。

During our meeting, Bhagavan told me that Aliyah’s gift of clairvoyance would soon start to diminish and would be completely gone in a few years. He said that her great gift was something she had received from God; when not used in a proper way, such gifts will always fade away, he continued. Bhagavan became rather emotional as he added that he could, in fact, give all of his dasas an even greater gift than that of Aliyah. It would just take him a few minutes, he said. The dasas would then have a queue of people all the way from Ramakuppam wanting to get a reading from them, he added. Ramakuppam was the nearest village to Satyaloka/Jeevashram, 4 km away.

私達の会議の間に、バガヴァンはアリヤーの透視能力がすぐに減少し始めて、1、2年で完全になくなると私に話しました。

彼は、彼女の大きな能力は神が彼女に与えたものだと言いました;
適切な方向で使われなかったならば、大抵そのような能力は消え去るだろう、と続けて言いました。

実際に修道僧達の全員にアリヤーの能力より更に大きな能力を与えられると付け加えたように、かなりバガヴァンは感情的になりました。

そうするには、たった数分しかかからない、と彼は言いました。

そうすれば修道僧達に教えを請うために村人がラーマクッパムから延々と行列を作るだろう、と付け加えました。

ラーマクッパムは、サティヤローカ/ジーヴァシュラムから4kmの最寄の村でした。

I believe it was in this very conversation (it might also have been in another one) that Bhagavan told me how shallow he experienced the people in Ramakuppam to be. He also said, as many a time through the years, that he was tired of living in this area.

彼の経験上からラーマクッパムの村人がいかに浅はかであるかをバガヴァンが私に話したのは、ちょうどこの会話(別の会話のときだった可能性もあります)においてであったと思います。

年間を通じて多くの時間、この地域に住んでいるので飽き飽きした、とも彼は言いました。

When I used to visit Ramakuppam and some other neighboring towns (Kolar Gold Fields, Kuppam, Rajupetha road, Venkatgirikota etc.), most people reacted negatively when I said that I was staying in Bhagavan’s ashram. Many got upset as I merely mentioned Bhagavan’s name and they added that he is not at all God, he is just a crazy head master of the school who has no respect for the locals and cheats them financially. Some even tried to convince me to stop supporting Bhagavan as he, in their experience, was not to be trusted.

私がラーマクッパムと幾つか他の近隣の町(コラルゴールドフィールズ、クッパム、ラジュペタ、ヴェンカテギリコタ等)を訪問したとき、私がバガヴァンのアーシュラムに滞在していると言うと大部分の人々は否定的な反応を示しました。

私が単にバガヴァンの名前を口にするだけで人々の大半が狼狽して、「あいつは、ぜんぜん神なんかじゃない。
地元住民に敬意を払わない財政的な不正をする単なる気の狂った校長だ。」と補足しました。

彼らの経験上、バガヴァンを信用していなかったので、何人かは私がバガヴァンを支援することを止めさせようと、私を説得しようとさえしました。

Anandagiri told me that Bhagavan had a plan for the villages surrounding Golden City, to where shortly they were going to move. Bhagavan wanted to avoid the bitter experience he’d had in Ramakuppam and the neighboring area, where people were against him. The plan was to take the necessary steps in order to get support from the locals in Golden City, such as doing charity, service, giving free courses and so forth. Today, six years later, their plan has proven successful; they have good support from the Varadheepalem area (where GC is located).

彼らが移住して間もなかった頃、アーナンダギリが「バガヴァンにはゴールデンシティーの周囲の村に対する計画がある」と私に話しました。

ラーマクッパムと隣接地域(彼の反対者がいたところ)で味わった苦い経験をバガヴァンは回避したかったのです。

その計画は、ゴールデンシティーで地域住民から支持を得るために必要な処置(慈善事業、無料のコース開催など)をとることでした。

今日、6年後、彼らの計画は成功したと証明されました;
彼らは、ヴァラダイパレムの地域(GCが位置する場所)から、良い支持を得ました。

Coming back to Aliyah: Bhagavan used to say beautiful things about Aliyah’s gift. Before she started to openly share her opinion about Bhagavan with the Russians, Bhagavan sometimes recommended people who came to the courses in his ashram to go to her for a reading.

アリヤーに話を戻しますと、:
バガヴァンは、かつてはアリヤーの能力を賞賛していました。

彼女が公然でロシア人達に、バガヴァンに関する見解を伝え始める以前、バガヴァンは、アーシュラムのコース参加者達に、彼女に教わりに行くことをしばしば勧めました。

Six years has passed since Bhagavan said that Aliyah’s gift would vanish in a year or two, but the fact is that Aliyah’s gift has on the contrary increasingly deepened for each year.

アリヤーの能力が1、2年で消えると言った時から、6年が経過しましたが、むしろ実際にはアリヤーの能力は毎年、ますます深まりました。

I remember when Aliyah met Lokanathan, one of Bhagavan’s devotees and former coworker in “Life Insurance Corporation” in the early 1980’s. He had been invited by Bhagavan to stay in Satyaloka ashram. For several months, Lokanathan had been depressed and was in big need for a boost. I loved him very much and asked Aliyah to help him, to which she kindly agreed. Aliyah gave him a reading in his house (he lived opposite Bhagavan’s home) – during the reading he became moved to tears. When I met him a few days later Lokanathan was shining; he felt very relieved and was filled with gratitude.

ローカナータン(バガヴァン帰依者のうちの1人であり、1980年代の初期にいた「生命保険株式会社」の元同僚)にアリヤーが会ったときのことを私は覚えています。

彼は、サティヤローカ・アーシュラムに滞在するよう誘われました。

数か月間、ローカナータンは意気消沈しており、大きな励ましを必要としていました。

彼と親しかった私は、彼を助けてくれるようアリヤーに頼みました。
彼女は快諾してくれました。

アリヤーは、彼の家(バガヴァンの住まいの向かい側)で彼に教えを提供しました。

その教えの間、彼は感動で涙しました。

数日後、私がローカナータンに会った時、彼は輝いていました;
彼は安らぎを感じ、感謝に溢れていました。

Lokanathan was one of those inmates in the ashram who was declared completely enlightened by Bhagavan seven years prior to this (in 1993).

ローカナータンは、これ(1993年)の7年前、完全に悟ったとバガヴァンに認定されたアーシュラムの滞在者のうちの1人でした。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

11  10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
6.ナンバー1 or オンリー1? 4.アリヤーの洞察
忍者ブログ [PR]