忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Did Bhagavan ever limit your own freedom or choice?

Q:バガヴァンはかつて、あなたの自由や選択を制限しましたか?


Freddy: If he did it too openly and directly, I would have left him 15 years ago; he knows I am a freedom lover. It is possible, however, to control, limit or manipulate in more indirect ways; and in my experience Bhagavan is a skilful manipulator.

フレディー:彼があまりに公然と、そして、直接そうしたならば、私は15年前に彼のもとを去ったでしょう;
彼は、私が自由愛好家であることを知っています。

しかし、そうするより間接的な方法で操作、制限したり、支配することは可能です;
そして、私の経験において、バガヴァンは巧みな操縦者です。

From June 1999 onwards, I started to work with Aliyah in Russia. We worked together intensely for a few years. In 2001, she started to tell the Russian devotees that Bhagavan was interested in money, fame etc. In 2002, Anandagiri told me that it was better if I did not bring her to Golden city, though we were close friends and we wanted to go on a trip to India.

以前、1999年6月から、私はロシアでアリヤーと働き始めました。
私達は、数年間を共に熱心に働きました。

2001年、バガヴァンが金銭、名声などに興味を持っていた、と彼女がロシアの帰依者に話し始めました。

2002年、アーナンダギリは、私が彼女をゴールデンシティーに連れてこなければよかったと言いました。

私達は親友だったし、一緒にインド旅行に行きたかったのだけれども。

In January 2004, Bhagavan said: “I am not sure that I can give you enlightenment If you spend time with Aliyah before the process starts”.

2004年1月、バガヴァンは次のように言いました:
「プロセスが始まる以前に、あなたがアリヤーと一緒に過ごすならば、私はあなたに悟りを授けられるかどうかわからない」。

Aliyah was not just one friend among many; she happened to be one of the closest friends I had ever had. When nobody saw it, I cried profusely, as I had been looking forward to go on a holiday with her, before my process were to start.

アリヤーは、単なる数多くいる仲間のうちの1人ではありませんでした;
彼女は、これまでで最も親しい友人だったのです。

私は誰も見ていないとき、たっぷり泣きました。

私のプロセスが始まる以前、彼女と休日を過ごすことを楽しみにしてきたのです。

Bhagavan knew I was very devoted to him; he knew I would even have agreed to never more see my family because of him – If he would say it was necessary; necessary for Bhagavan’s or man’s sake, or for my enlightenment.

バガヴァンは、私が彼に深く献身していることを熟知していました。

彼のために私が家族と離別することさえ同意するであろうことを熟知していました -
もし彼が、それが必要だと告げたならば;
バガヴァンの、あるいは人類の利益、あるいは、私の悟りのために必要ならば。

Why did he say so? Was it because she has a tremendous gift that has touched innumerable people in a deep way? People really listen to her; she is even the greatest spiritual authority for many.

なぜ、彼はそのように言ったのでしょうか?

それは、彼女が無数の人々を深く感動させる素晴らしい才能を持っていたからでしょうか?

人々は、彼女の話に聴き入ります;
彼女は、大衆にとっては大きな霊的権威でさえあります。

She told some Russian devotees of Bhagavan that he is a businessman who wants to get famous and rich and he is cheating people claiming to be God. When Aliyah began to share this in Russia, I tried to avoid this news spreading to Sweden. I feared that half or more of Bhagavan’s followers in Sweden would stop praying to him and just leave the whole thing if they knew that Aliyah did not approve of him.

「彼は金と名声を欲するビジネスマンであり、神(創造主)であると主張して大衆を欺いています」と彼女は、ロシアのバガヴァン帰依者の一部に語りました。

ロシアで、アリヤーがこれを伝え始めたとき、私は、スウェーデンまで広がっているこのニュースを無効にしようとしました。

アリヤーが彼に賛同しないことを、彼らが知ったならば、スウェーデンのバガヴァン帰依者の半数かそれ以上は彼に祈願するのを止めて、完全に離れてしまうであろうと私は心配しました。

Bhagavan had, to some extent at least, given me free hands to add helpful tools, exercises and methods to my courses, as long as people were benefited and coming closer to Bhagavan and his mission.

バガヴァンの任務に接近していて利益になる限り、彼は私の自主行動を認め、最低限の範囲で、エクササイズとメソッド、役立つツールを私のコースに補いました。

In 2001, Bhagavan asked me and three others to start giving 7-days enlightenment retreats, the only course I ever conducted where there was no room for improvisation, each word and exercise had to be exactly as per a strict plan Radhika Bhagavaddasa had given me during my training.

2001年、バガヴァンは、7日間の悟りコースを開始するにあたり、私と他の3名に参加を要請しました。

部屋の無い場所で即、開始というのは、私がうけたコースでは唯一でした。

ラディカ修道僧が私をトレーニングする間、厳密な予定に従ってエクササイズと各々の語を身につけねばなりませんでした。

As far as I know, nobody got enlightened in these retreats. I even saw that after getting high during the retreat, the majority went into depression some weeks after the course. Rather often these depressions were deep: people lost interest in life, nothing could make them happy anymore. Many of them also doubted that life had a deeper meaning and that there was a God.

私が知る限り、これらの合宿(悟りのコース)において、誰も悟りませんでした。

私は、コースの期間で好調子になった後、過半数がコースの数週間後に意気消沈していくのを見ました。

かなりの頻度、これらの落ち込みは深かったです:
人々は人生に興味を失い、もはや彼らを幸福にさせるものがありませんでした。

また、彼らの多くは人生に深い意味があるのか、神がいるのか不信になりました。

After one of the retreats I happened to read a book that, I was totally convinced, would help most people to come out of the depression they got after the Oneness/Mukti courses.

ある合宿の後、たまたま読んだ本に、私は確信を得ました。

ワンネス/ムクティ・コース参加後に落ち込んだ大部分の人々の助けになる、と。

I was very sad when people, after a 7-days enlightenment retreat, became sadder than they were before the course. I felt so sorry for people and was really looking for something that could prevent people from going into these “Mukti-depressions” (and get rather stuck there).

人々が、7日間の悟りコース後、コース参加以前より沈んでいるとき、とても悲しかったです。

私は彼らに対して申し訳ない気持ちになって、人々がこれらの「ムクティ-落ち込み」(悟るどころか、どつぼに嵌る)に陥るのを防ぐ手立てを、必死に探していました。

I couldn’t wait to meet Bhagavan to share how the approach described in the book that I had just read could free his devotees from depressions. I had no doubts that Bhagavan would be mightily pleased and wonder why I did not share this with him immediately after getting the idea (of how to use a simple method to free devotees from depressions) when so much suffering could have been avoided.

彼の帰依者を落ち込みから解放することができると思い、私が読んだその本に記述されるアプローチをどう伝えようかと、バガヴァンに会うのが待ち切れませんでした。

そのアイデア(帰依者を落ち込みから解放する単純なメソッドの利用方法について)を得ることで大きな苦悩を回避できるならば、バガヴァンに伝えずにはいられない。

そしてバガヴァンをおおいに喜ばせるに違いないと思っていました。

This book had helped me during depressions that I sometimes got between the courses; so why not use it for the people who came to the retreats? From time to time I gave Bhagavan books and shared new powerful tools; pretty often he not only approved of it, he even adopted it in his own courses and teachings. He wanted to make use of the best from the already existing and effective teachings in the world. I was of course not supposed to tell others about it, and I didn’t – until now.

この本は、そのコース期間で時々落ち込んだ私の助けになりました;
ですから、合宿の参加者達に対しても、それを使わない手はないですよね?

時折、私はバガヴァンに本を贈り、新しい有効手段を伝えていました;
結構な頻度で、彼は彼自身のコースと教えにそれ(立証されたものだけでなく)を借用しました。

彼は、世の中で既に存在する効果的な教えを最大限に利用しようとしていました。

もちろん私が他者にそれについて明かすことなど想ってもみませんでした。

そして、私は、これまでずっと - そうすることがありませんでした。

This time the situation was different. Bhagavan asked me to never use the system from the book I’d read, as it would only seemingly help, but soon it would hinder the people from getting the real enlightenment. The system that he asked me not to use or tell about was Byron Katie and her four questions.

今回の状況は違っていました。

それが表面上に助けになるだけであって、まもなくして、人々が真の悟りを得るのを遅らせることになるので、私が読んだ本に記述された方法を決して使用しないようにと、バガヴァンは私に命じました。

彼が私に使用したり、口にしないよう命じた方法は、バイロンケイティによる4つの質問でした。

I was both shocked and sad when I got this short and cold reply. Some of his devotees in Sweden and Russia had had this depression for up to 7 years, almost constantly. For each course, it only seemed to get worse for them; but who am I to argue with Bhagavan? He was after all the only one on this planet who was capable of giving enlightenment.

この短くて冷淡な回答を得たとき、私はショックを受けて悲しかったです。

スウェーデンとロシアにおいて彼の帰依者の何人かは、ほぼずっと最高7年間、落ち込んでいました。

彼らにとってはコースに参加するたび、いっそう悪化しているように見えました;
でも、バガヴァンと議論することなんて一体誰にできたでしょう?

何と言っても、彼はこの惑星上で悟りを授けられる可能性のある唯一の存在だったのですから。

Long time ago, in 1992, when I was an assistant in Paramacharya’s courses in India, I suggested him that we use “Rebirthing” (Leonard Orr’s breathing technique). After some time, Bhagavan asked us to stop doing it. He maintained that people could get damaged for life if they were to do any kind of altered breathing for more than 7 minutes.

ずいぶん前のことです、1992年、私はインドにてパラマチャリヤのコースで助手を務めました。

私達が “ リバーシング ” (レオナルド・オーの呼吸技術)を利用することを彼が提案しました。

しばらくして、バガヴァンが、私達にそれをするのをやめるよう命じました。

もし彼らが、7分間以上、どんな種類でも改変した呼吸をしたならば、命が損われると主張しました。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

10  9  8  7  6  5  4  3  2  1 
5.ギフト 3.自由と制限
忍者ブログ [PR]