忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

You have been sharing a lot about your own experience. What has been Madeleine´s experience and reactions?

Q:あなたは御自身の体験を多数、公開(共有)されてきました。
マドレーヌの体験と反動はどんなものだったのですか?


Freddy: Madeleine was among the few Westerners I met who behaved and believed in Bhagavan like a dasa (Bhagavan’s monks and nuns). Bhagavan had asked her to have his ashram as a base, from where she could travel the world and spread his deekshas and teaching. She wanted most of all to become a “cosmic being”. Bhagavan has said that a cosmic is someone who has become occupied by gods and has become completely one with the consciousness of Amma & Bhagavan. They must live in celibacy, many of them hardly ever talk. They sit in some kind of trance most of the time and just pray for others. Many of them cannot even go to the toilet or eat. They need to be taken care of as a very old or very handicapped person. Bhagavan said he needed minimum 8000 people to become Cosmic Beings in order for him to be able to save the world.

フレディー: マドレーヌは私が出会った西洋人の中でも数少ない、ダーサ(バガヴァンの修道士と修道女=出家僧)のようにバガヴァンに献身していたうちの1人でした。

彼女が世界中を旅して、ディクシャと教えを広めたこともあって、バガヴァンは彼女にアーシュラムに滞留するよう要請しました。

彼女は、とりわけ “ コズミック・ビーイング ” になることを望んでいました。

バガヴァンは、それを完全にアンマとバガヴァンの意識と1つになって神々が占有する人になることだと言います。

彼らは独身で生きなければならず、ほとんど口もきけず、ほとんどをトランス状態(失神)にあって、他人のために祈るばかり。

トイレに行くこと、食べることすらできません。
高齢者や重度障害者のように介護される必要があります。

バガヴァンは、世界を救済するために8000人以上のコズミック・ビーイングになる人々が必要だと述べました。

I was continuously spreading Bhagavan’s work and I worked almost non-stop. Madeleine did the mistake of trying to keep up with my speed. In USA, she suddenly got burnt out. She felt she still had to serve Bhagavan round the clock, but her body refused. She forced herself for many months to be present and help in all my courses and join me in all my private meetings with actors and other influential people. Many times she was so tired that she cried in pain simply when thinking of having to walk to the bathroom, which was three meters from the bed where she was often lying down.

私はバガヴァンの仕事を拡げることに専念し、ほとんど休むことなく働き続けました。

私の速度についていこうとしたことがマドレーヌの誤ちでした。
アメリカで、彼女は突然、燃え尽きました。

彼女は24時間バガヴァンに仕えなければならないと感じていましたが、彼女の体は拒絶したのです。

彼女は、私のすべてのコースを手伝い、俳優や有力者達と私との個人的な会談にも全て同行するということを、幾月もの間、彼女自身に強制したのです。

しばしば、彼女は単に洗面所まで歩くことを考えるだけで苦痛に呻くほど疲れていました。

それは彼女が横になっていたベッドから3メートルの距離でした。

Madeleine had emotionally given up the deep ties with her family. Up till June 2004, which was when she went trough the 10 and 21 days process, her family had meant everything to her. After the process, in June, Amma and Bhagavan had become EVERYTHING to her, she had completely surrendered to them (as the dasas wants us to). Madeleine’s family became (for her) more like all people in the world; if they had problems she knew that her God, Bhagavan, would take care of them. She couldn’t any longer discuss with her family about what mattered most of all to her now: total service and complete devotion to Bhagavan and Amma. They wouldn’t have understood her in a deep way, now when she was only living to serve Bhagavan. They also did not meet or speak often anymore.

マドレーヌは、彼女の家族との深い関係を感情的にあきらめました。

彼女が10日間、21日間プロセスに参加する2004年6月までは、彼女の家族は、彼女にとって全てを意味していました。

6月、プロセス参加後、アンマとバガヴァンが彼女にとって全てになったのです。
彼女は彼らに完全に委ねました(修道僧や私達が望むように)。

マドレーヌにとって、全世界の人々を家族とするほうが好ましいことになったのです;
もし、家族に問題が生じても、彼女の神(バガヴァン)が彼らの世話をしてくれると理解していたのです。

彼女は、その時とりわけ彼女にとって重要だったこと(バガヴァンとアンマに対する完全な帰依と全体に奉仕すること)について、彼女の家族と話し合うことができませんでした。

バガヴァンへの奉仕生活に専念していたときの彼女を、彼らは理解できませんでした(深い隔たり)。
そのうえ、もはや彼らは、会うことも、口を聞くことも稀でした。

Only Bhagavan, the dasas and Freddy could understand her now. A&B had become her eternal parents. Bhagavan had also said that now Golden City was her (home) base.

バガヴァン、修道僧達とフレディーだけは、その時の彼女を理解することができました。

アンマ&バガヴァンが、彼女の永遠の両親になりました。
その時、バガヴァンは、ゴールデンシティーが彼女の基地(家)であるとも言いました。

Madde’s life underwent a complete “Bhagavanification”. She was more than 110% sure that Bhagavan is God and God is Bhagavan – period! He was the One Supreme Intelligence who had created everything, who knew everything. There was not one atom of difference between the two, exactly like we can image how Adam and Eve met God and spoke to him in person in the Garden of Eden. While Adam and Eve spoke to God in Eden, they did not think that He was ANY different from the formless God who had created the universe.

マドレーヌの人生は、完全な “ バガヴァン化 ” を経ました。

バガヴァンが神であり、神はバガヴァンである ~ それだけ!

彼女は110%以上の確信を持っていました。
彼は何でも知っていて、すべてを創造した唯一の至高の叡智でした。

エデンの園でアダムとイブが神に会って、人の容姿をした彼と話したと思い浮かべるように、彼らは2つの異なるもので分離したものでした。

アダムとイブはエデンにいた間に神と話しました。
彼らは、その神を宇宙を創造した無形の神と同一視しました。

Bhagavan was exactly the same as God; she would easily bet the life of her beloved sister that it was indeed so. I can add that I have never seen two sisters being as close and loving to each other as Madeleine and her sister are.

(マドレーヌにとって)バガヴァンはまさにそういった神でした;
このこと(当時のマドレーヌの状況)を確かめるには彼女と親しい姉妹によって容易にわかるでしょう。

マドレーヌと彼女の姉妹のように親密な姉妹を私は見たことがなかったことを付け加えておきます。

Madeleine needed a break from our jam-packed schedule. She emailed Pragyanand dasa to ask Bhagavan what she should do as she had no more energy and was extremely burnt out. In this email, or possibly a few days later when I spoke with Pragyanand over the phone, I asked on the behalf of Madeleine if she could come and rest in the Ashram a month, without me. If anyone could cure her now, it was Bhagavan and his dasas. After a month I was anyway going to join her in India. They asked her not to come as she was not in a good shape.

マドレーヌは、私達のすし詰めの予定からの休息を必要としました。

エネルギーが枯渇して燃え尽きた状態でしたので、どうすべきかをバガヴァンに尋ねるために、彼女はプラギャナンダ・ダーサにEメールを送りました。

このEメールでだったか、あるいは数日後、どうにか私がプラギャナンダと電話で連絡をとったとき、私は、1ヵ月間アーシュラムに彼女を(私抜きで)滞在させられるかどうか、マドレーヌのために尋ねました。

その時、誰か彼女を治療することができるとすれば、それはバガヴァンと彼の修道僧達でした。

1ヵ月後、私はいずれにしろ、インドで彼女と合流するつもりでした。
彼女の状態がよくなかったので、彼らは彼女が来ることを拒みました。

She became utterly devastated and cried so much due to the decision that she was not welcome, they did not want her to come to what had now become her new home. I was also in tears when I got this unexpected answer from Pragyanand and Anandagiri – I knew they never take such decisions without asking Bhagavan. With whom could she speak about her burn out? Who would really understand her? Before she used to take up such problems with her mother, but now A&B had become her mother and father.

彼女を歓迎しないという決定がなされたことで、彼女は完全に打ちのめされ泣きわめきました。

彼女の新なる家になっていたはずが、彼らから拒否されたのでした。

プラギャナンダとアーナンダギリから、この予想外の返事を得たときは私も泣いてしまいました
--- 私は、彼らがバガヴァンに尋ねることなく、そのような決定を下さないということを知っていました。

彼女の燃え尽きた状態について誰に相談することができたでしょうか?

誰が彼女を真に理解できたでしょうか?

彼女の母親にそうした問題をとりあげる以前に、アンマとバガヴァンが彼女の両親となっていたのですから。

When I went to Golden City (or GC, Bhagavan’s Ashram) with Madeleine a month later, we explained her problem to Bhagavan. I suggested to Bhagavan that she could try to join up to 50% of my courses and private meetings, at least until she got well; and maybe she always would have to work part time, as I seem to be an exception. [Many years ago, Anandagiri told me that only few people can cope to work as much as I do without collapsing].

1ヵ月後、私がマドレーヌとゴールデンシティー(またはGC、バガヴァンのアシュラム)を訪れた際に、私達は彼女の問題をバガヴァンに説明しました。

少なくとも彼女が回復するまでは、私のコースと個人的な会談に同行するのは50%にしたらどうかと、私はバガヴァンに提案しました;
そして、例外として日頃から長時間、働かせてはいけないように見えます、と。

[ 数年前、アーナンダギリが私に言ったことがある。
私(フレディー)が疲れなくがむしゃらに働くので、ほとんどの人はついていけない ]。

Bhagavan said that Madeleine should not miss any course or meeting; he would instead very soon give her so much energy that it would be easy for her to catch up with my speed. He even mentioned a specific date when her energy was going to be back, it was within 5 or 6 weeks. As far as I remember it was the first week of December 2005. He promised that he would give her immense energy latest by this date.

マドレーヌはどんなコースも会議も欠席してはならない、とバガヴァンは告げました;
その代わり、彼女が私の速度に容易についていけるよう、早急に多大なエネルギーを授けよう、と。

彼女のエネルギーが復旧する明確な日付までも彼は言及しました、それは5、6週以内とのことでした。

私が覚えている限りでは、2005年12月の初週でした。

彼は、遅くともこの日付までには巨大なエネルギーを彼女に授けよう、と約束したのでした。

We left Golden City and Madde just got worse and worse. Her energy was lower than ever before, and she felt such guilt that she was such a useless devotee and daughter of Lord Bhagavan, now that she could not do what Bhagavan asked her to do. She kept on blaming herself, as Bhagavan was God to her; even if he would have told her to jump into a well and drown, she would have done it immediately, without even having a second thought.

私達がゴールデンシティーを去ってから、マドレーヌの状態が深刻なほど悪化してしまいました。

彼女のエネルギーは、かつてなかったほど低下していました、そして、バガヴァンに要請されたことを遂行できなくなった今、主バガヴァンの役立たずの帰依者、娘であるかのような罪の意識に苛まされました。

彼女は己自身を非難し続けました。

バガヴァンが彼女の神であったので; もし彼が、井戸へ飛び込んで死ぬように、彼女に命じたとしたら、彼女はそれに躊躇なく従ったことでしょう。

My heart told me that the way Bhagavan treated Madde was totally heartless. Did he love her at all? Did he even care for her, or did he only want to make use of her till she collapsed? Why was he doing this? All this filled my mind with doubts; had I listened to my heart I would have left the Movement in December itself… However, I tried to find excuses and explanations. As he was God, he must have a good reason. Maybe it was only to test us. Finally I suppressed yet another strange behavior of Bhagavan, as I had been doing for almost 15 years.

私のハートは、マドレーヌに対するバガヴァンの対処は、全くもって残酷だと私に告げました。

彼は、彼女を全然愛していなかったじゃないか?

彼は、彼女を気にかけることすらなかったし、すなわち彼女がボロボロになるまで利用したかっただけなんじゃないのか?

なぜ、彼はこんなことをするんだ?

私の心は疑いでいっぱいになりました;
私は、12月のうちにムーヴメントを離れるべきか私のハートに耳を澄ませました・・・

しかしながら、私は説明、言い訳をさがしていたのです。
彼は神なのですから、正当な理由がなければなりません。

それは単に私達への試験だったのかもしれません。

私が約15年してきたように、バガヴァンの別の顔(奇妙な振る舞い)を最終的に抑圧しました。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

8  7  6  5  4  3  2  1 
3.自由と制限 1.まえがき
忍者ブログ [PR]