忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
11

1 2 3 45 6 7 8 9 10 1112 13 14 15 16 17 1819 20 21 22 23 24 2526 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Deeksha Danger the website

I have started this website to show the other side to Deeksha (Diksha, Oneness Blessing, Oneness Prayer or Oneness Deeksha). I wish people to see the truth about the Oneness Movement, Kalki Bhagavan (real name Vijay Kumar) and Amma (real name Padmavathy).

私はディクシャ(Diksha、Oneness Blessing、Oneness PrayerまたはOneness Deeksha)に反対を示すために、このウェブサイトを始めました。

人々にワンネス・ムーヴメント、カルキ・バガヴァン(本当の名前はビジェイ・クマール)とアンマ(本当の名前はパッドマバティー)についての事実を知っていただけたらと思います。

All that glitters is not gold.
輝くもの、必ずしも黄金にあらず。

Peace and love/ Dennis
平和と愛を / デニス


The Deeksha gave me a psychosis!

ディクシャは私を精神病にした!

My name is Dennis and I have always been a calm, relaxed person. A good friend of mine introduced me to yoga and it was a true blessing for me. We sometimes went out at night and did yoga under the stars. Since yoga had been so good for me I started meditation. I joined a buddhist community. I reached a peace I had never felt before in my life, I was very happy.

私はデニスといいます。私はいつも穏やかで落ち着きある人間でした。
親友がヨガを紹介してくれたのですが、それは私にとって真の恵みでした。
しばしば私達は、夜になると外出して星空の下でヨガをしたものです。
ヨガを始めてから調子がよくなり、瞑想を始めました。
私はブッディスト・コミュニティに加わりました。
私は自分の人生でこれまで感じたことがなかった平和に達しとても幸せでした。

One day my massage therapist told me about a woman that had a special healing ability, they call it deeksha, he said. We talked about this for a while and I started to get curious. I week later I found myself in a small room with ten others. The "healing woman" was there. She told her story about how she had found peace in India through a 21 day process. I thought it sounded kind of strange. Then the deeksha started. The deeksha giver walked around and put her hands on our heads. When I felt her hands on my head I started crying. Then she burst out in laughter and I started laughting too, even I felt I needed to cry. It didn't feel good at all.

ある日、マッサージ師が特別なヒーリング能力を持つ女性について私に話しました。
彼らはそれをディクシャと呼んでいると彼は言いました。
私達はしばらくこれについて話り合い、私は強い好奇心をそそられることになったのでした。

1週間後、私は他の10人と小さな部屋にいました。
「ヒーラーの女性」がそこにいました。
彼女はインドの21日間コースを通じてどうやって平和を発見したのかという体験談を語りました。
私は奇妙な話だと思いました。

それからディクシャが行われました。
ディクシャギヴァーが歩き回って、彼女の手を私達の頭に置きました。

頭に彼女の手を感じたとき、私は泣き始めました。
それから彼女は激しく笑いだし、私もまた泣いていたい気持ちに反して笑い始めました。それは全く不快でした。

After the deeksha I got into my car and drove home. I felt quite peaceful. Next morning when I woke up it felt like my head was going to explode. I was feeling nauseous and felt like throwing up. Then I got the feeling that someone was trying to control me. I went outside to take a walk and have some fresh air. It didn't help. It felt like there was a dark force inside of me trying to control me. I was terrified. I went to my parents and they took me to the mental hospital.  At the hospital I was diagnosed with psychosis. I had to take three different kind of medicines.

ディクシャの後、私は車を運転して帰宅しました。かなり落ち着きました。

翌朝、目が覚めると頭が破裂しそうな感じがしました。
気分が悪く吐き気もありました。

それから誰かが私をコントロールしようとしていたという感覚がありました。

私は外出して新鮮な空気を取り入れようと散歩しました。
それは助けになりませんでした。

内側で闇の力が私をコントロールしようとしているように感じました。
恐ろしかったです。

私が両親の元へ行くと、彼らは私を精神病院へ連れて行きました。
病院で精神病と診断されました。
3種類の異なる薬を服用するはめになりました。

About a month later I felt a little better and could leave the hospital. But I was depressed and the depression got worse over the days. I started to have suicidal thoughts. It came to the point where I planned how to do it. I didn't want to live anymore. I told my parents this so they took me to the hospital again, and I was hospitalized for a second time. When I got out again some weeks later I felt a little better. It was still very hard to get up every morning. My friends and family pulled me up and took me out to the forest every day. Somehow this helped. I got more clear in my head, maybe even some of that deeksha energy was leaving me. As I got better I decreased my medication. And a bit later I tried meditating again. After sitting down for about 2 minutes I saw flashing bolts of light going into my mouth and then down my head. I stopped meditating. I felt nauseous. It went away, and instead I was filled with fear.

およそ1ヵ月後、私は回復して退院することができました。

しかし憂鬱で、そして落ち込みは日を追って更に悪化しました。
自殺願望を抱くようになりました。
どこでどうやって自殺するか計画を練ったりもしました。

生きる気力がありませんでした。
両親に打ち明けると、彼らは再び私を病院へ連れて行き、そして私は2度目の入院となりました。

数週後に再び退院したとき、少し回復した感じがありました。
それでも毎朝、起床するのは辛いものがありました。

友人と家族は私をひっぱり上げて毎日、森に連れ出しました。
どういうわけかこれは助けとなりました。
いくらかでもディクシャ・エネルギーが私のもとを去り、頭の中がスッキリしたのかもしれません。

快方に向かったので薬を減少させました。
そして少し後に瞑想を再開してみることにしました。

2分程座るとまばたく光が私の口から頭へ沿って入ってくるのを見ました。私は瞑想を中止しました。気分が悪くなりました。
それは去っていきましたが、引き換えに私は恐怖で満たされました。

I contacted an enlightened teacher I really trust and told him what I was going through. He said to just feel the fear and stay with it, and don't build any stories around it. I did this for a few days, just sat infront of my computer and felt all the feelings that came up. It was mostly fear. Then I felt better again. I even tried mediation and this time it worked fine, the deeksha energy seemed to be out of my system. This is where I am now. I'm trying to rebuild my life, and become the relaxed, joyful guy I ones was.

私は信頼する覚醒した教師と連絡をとって、私が体験したことについて彼に話しました。

彼は恐れについてただそれを感じて留まるように、そしてそのまわりでどんな物語も造らないようにと言いました。
私は2、3日の間、コンピュータの正面に座って、やって来たすべての感情を感じました。それらの大部分が恐れでした。

それから私は回復し元通りになりました。
私は瞑想ですら試みましたが、その最中も調子がよくディクシャ・エネルギーは私の体に関与してないように感じられます。これが私の現状です。落ち着いて喜びに満ちた男であった私の人生を建て直すよう努めています。

I have suffered a lot because of that one deeksha. I was in a really bad shape for well over a year.

私は1度のディクシャによって非常に苦しい思いをしました。
1年以上にわたり、最悪の状態でした。

Peace and love/ Dennis

平和と愛を / デニス

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

64  63  62  61  60  59  58  57  56  55  54 
ティモシー・コンウェイ博士の編集.5 ティモシー・コンウェイ博士の編集.4
忍者ブログ [PR]