忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Vijaykumar meets the faithful Dr. R. Shankar

ヴィジェイクマールと忠実な信者R.シャンカール博士との出会い

It was only a year, by sheer chance, that VK went to Don Bosco Matriculation School in Chennai {aka Madras; apparently he was about 11 or 12 years old at that time}. Here he felt like a fish out of water as most of the children in this school came from upper middle-class or class-conscious bourgeois families of Chennai. In this brief one year stint he managed to befriend R. Shankar. Shankar was a very sympathetic and friendly lad who was warming towards this rather isolated and fish-out-of-water, VK.

それはVKがチェンナイ{通称マドラス; 当時、彼は11~12歳でした。} のドン・ボスコ学校(大学入学許可のため)に通っていた僅か1年の間の全く偶然の機会でした。

この学校の児童の大部分がチェンナイの上位中産階級や階級意識の強いブルジョアの家庭から来ていたので、彼は陸に上がった魚のような気分でした。

この1年間の簡潔な任務では、彼は何とかR.シャンカールと友人になりました。

シャンカールは、このむしろ孤立して陸に上がった魚のVKに対して、非常に同情的で好意的な若者でした。

VK got introduced to the teachings of J. Krishnamurti [hereafter JK] as a young man. It is not clear if Shankar’s mother introduced VK to JK. Shankar's mother, Mrs. Kanaka Durga Ramachandran, as a child, was educated and influenced by J.Krishnamurti.{...} Shankar's father Mr. A. Ramachandran studied law at Cambridge University and later practiced as a lawyer in "Rao and Reddy", a popular law firm in Chennai. Mr. Ramachandran abhorred the idea of caste or class superiority and so started off as a communist sympathizer; he helped workers and fought for their rights. Shankar's parents were poles apart: father an atheist and his mother a somewhat confused believer in everything that claimed to be religious or mysterious. VK was also quite clan and caste conscious, his initial interest in Shankar may have been because Shankar's mother's parents were of a mixed caste.{...}

VKはJ.クリシュナムルティ[以後、JKと省略] の教えを紹介されました。

シャンカールの母がJKにVKを紹介したかどうかは、はっきりしていません。

シャンカールの母カナカ・ドゥルガ・ラーマチャンドランさんは、子供の頃にJ.クリシュナムルティによって教育されて影響を受けました{・・・}。

シャンカールの父A.ラーマチャンドラン氏は、ケンブリッジ大学で法律を学んだ後に「ラオとレディ」(チェンナイの人気がある法律事務所)で弁護士として活動しました。

ラーマチャンドラン氏は、カーストや階級差別の考えを嫌悪するので、共産主義に共鳴するようになりました。

彼は労働者を助け、彼らの権利を守るために争いました。

シャンカールの両親はそれぞれ正反対でした: 父は無神論者で、母はあらゆる宗教的、神秘的な主張を信じて混乱気味でした。

VKも家系とカーストをかなり意識していました。

彼がシャンカールに興味を持ったきっかけは、シャンカールの母の両親が混合のカーストだったからです{・・・}。

Shankar, a studious and somewhat naive young man, studied science and went over to do a PhD in Theoretical Physics at Tata Institute of Fundamental Research. Vijaykumar, who had lost touch with Shankar, had moved on to start a little shop in Perumbur (area in Chennai) selling rice, while working in the Life Insurance Corporation of India as an office clerk.

シャンカール(勤勉でやや単純な若者)は科学を勉強して理論物理学の博士号を取得するためにタタ基礎研究専門学校に進学しました。

シャンカールと接触を失ったヴィジェイクマールはペルンブール(チェンナイの地域)で小売店(米屋)を開くために活動しました。

その一方で、事務員としてインド生命保険会社(LIC)で働きました。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

63  62  61  60  59  58  57  56  55  54  53 
デニスの体験 ティモシー・コンウェイ博士の編集.3
忍者ブログ [PR]