忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

把握しきれていませんが、海外には多くの情報があります。
しかし翻訳しなければ読めないというのは億劫ですね。

さて、今後は以下のウェブサイト内で公開されている
ティモシー・コンウェイ博士の編集記事を紹介したいと思います。
膨大な情報量ですので、全てを訳せるかどうかわかりませんが。

www.enlightened-spirituality.org/index.html

Enlightened - Spirituality.org



Severe Problems with "Bhagavan Kalki's" Deeksha Oneness Movement

カルキバガヴァン、カルキ修道僧、ワンネスムーヴメントに関する深刻な問題

Compiled by Timothy Conway, Ph.D., April 2008 (with a brief update in June 2010)

ティモシー・コンウェイ博士による編集 2010年4月
(2010年6月に若干の更新)

One of the faster growing spiritual movements from the 1990s until recently is the so-called Kalki Deeksha movement, known since 2002 as the "Oneness Movement" (O.M.). Actually, as the evidence from quite disenchanted former higher-ups will show, this movement is a gigantic scam based on corrupt greed and empty promises by its heads, "Bhagavan and Amma," and tragic naivete and New Age superstition by too many (but certainly not all) of its followers.

1990年から最近まで急成長しているスピリチュアルムーヴメントの1つは、2002年以降に「ワンネスムーヴメント」(O.M.)として知られる、いわゆるカルキ・ディクシャムーヴメントです。

実際のところは、まるっきり幻滅した元幹部からの証言が示すように、このムーヴメントは教祖「バガヴァン&アンマ」による空約束と、腐敗した貪欲さに基づく巨大な詐欺です。

そして信者の大半(全員でないのは確かであるが)が悲劇的にも無知でニューエイジ迷信に陥っています。

It was founded in South India under another name in the late 1980s and then made public in early 1991 by one of the more clever hucksters in religious history, one Vijaykumar Naidu (b.1949). Possessing a certain mix of intrigue, chutzpah and perhaps some minor psychic powers, all of which gave him a mesmerizing power over some young people in a school he directed from 1984 onward, and spouting "final level" spiritual teachings gleaned from the wisdom of great advaita-nondual sages like Ramana Maharshi and Nisargadatta Maharaj as well as J. Krishnamurti and UG Krishnamurti, Vijaykumar c.1989 grandiosely re-named himself "Kalki." Kalki is the traditionally prophesied coming Avatar or Divine Incarnation of Vishnu (the "Preserver-Sustainer" aspect of the Hindu triune Deity: Brahma-Vishnu-Shiva).

それは1980年代後期に別名の下、南インドで設立されました。

それから1991年前半、宗教史において巧みな宣伝屋の1人であるヴィジェイクマール・ナイドゥ(1949年生まれ)によって公表されました。

陰謀、図太さとおそらく若干のマイナーな霊能力を持ち合わせています。それらによって彼が1984年前期から指揮した学校で若者達が魅了されました。

そして「究極レベル」として熱弁される霊的な教えは、J.クリシュナムルティ、UGクリシュナムルティと同様にラマナマハリシ、ニサルガダッタマハラジのような偉大なアドヴァイタ(不二一元論)の賢者の叡智から収集されたものです。

そして1989年、ヴィジェイクマール彼自身で壮大にも「カルキ」へと改名しました。

カルキとは伝統的の予言で未来に到来するアヴァター、あるいはヴィシュヌ神の化身(ヒンズー教における神性の三位一体{ブラフマー、ヴィシュヌ、シヴァ}の中の「維持者」としての様相)のことです。

Within a short time, because of legal issues surrounding the name "Kalki," Vijaykumar re-titled himself "Bhagavan" to amplify his status as "the Lord God Incarnate," the one who is here (or so he claims) to grant mass enlightenment to all of humanity by year 2012 by first fully enlightening 64,000 people. How will he do this? Through his alleged capacity for shaktipat, Bestowal of Divine Power, and deeksha, Initiation or Blessing, "the transfer of Divine energy." In his penchant for pseudo-scientific jargon, Bhagavan Kalki calls enlightenment a "neurobiological brain-shift event" which happens as a result of this blessing or "transfer of Grace" from him, his wife, his close disciples, and anyone who is willing to pay the big bucks for a 21-day course and other costs to become a certified "deeksha-giver." For many years until recently, the cost for the basic course was $7,000, not counting certain other costs.

幾らも経たないうちに「カルキ」という名前を囲む法的な問題のためヴィジェイクマールは、「具現化した創造主」として彼の地位を増大するために自分自身で「バガヴァン」と再改名しました。

先に完全に悟った6万4000人(彼が要求する人数)によって、2012年までに大規模な悟りを全人類にもたらすための唯一の場所がここであると彼は主張します。

彼はどのようにこれを成すのでしょうか?

シャクティパット、ディヴァインパワーの授与、ディクシャ、イニシエーション、祝福、「ディヴァインエネルギーの転送」を通じて、と彼は論じます。

彼が好む擬似科学的な専門用語で、カルキバガヴァンは悟りを「神経生物学的な脳転換の出来事」と呼びます。

夫妻(A&B)、彼の側近の弟子、および公認された「ディクシャギヴァー」になるため21日間コースなどに大金を支払っても構わないと考える人による祝福「恩寵の転送」の結果としてこれが起きるそうです。

最近までの数年間、基本的なコース費用は7,000ドルでした(これ以外にも更に費用がかかる{航空券代、コーディネート代、寄付金、オプションの儀式や面会費など})。

Update: I am informed by a Deeksha practitioner in late June 2010: "This year Bhagavan insists on not charging and is doing free webcasts on internet to supposedly speed up the process of awakening. He was planning on doing this in 2012, but is afraid his movement may be shut down in India and wants to do it now. He is training people in India from all over world "free," just charging for room and board $1500--which used to be $500. So I don't think it's really that free, but at least it's not that expensive [compared to certain other groups]."

更新情報: 2010年6月の後半にディクシャギヴァーから報告がありました:「今年、バガヴァンは料金を請求しないと主張し、おそらく悟りのプロセスの速度を上げるために、インターネット上で無料のウェブキャストをしています。

2012年にこうする計画だったが、彼のムーヴメントがインドでシャットダウンされかねないと感じて、今そうすることを望んでいます。

彼は全世界の「自由」のためにインドで人々を訓練しています。

宿泊費として1500ドルを請求するだけです(それはかつて500ドルであった)。

だから、実際は無料ではありませんが、少なくともそんなに高価でありません[特定の他のグループと比較して]。」

Kalki's former chief missionary to the West, Freddy Nielsen, now deeply regrets having lured tens of thousands of people in 15 countries into the Kalki Deeksha Oneness Movement. Nielsen reports: "[Kalki] said that he is the first full incarnation of God in more than 20,000 years, and if mankind will not cooperate with him, it cannot get enlightened and will therefore die as a species." Yet, as Nielsen and others have revealed, the so-called Bhagavan / "Lord" is a chronically rude, lying, manipulating, avaricious and arrogant authoritarian who, along with his wife and other accomplices, has schemed to exploit humanity under the pretext of enlightening them. It is for these reasons that most of the leading longtime disciples have left this scoundrel who poses as the "Divine Incarnation" of our era.

元・カルキ側近の西洋の宣教師(フレディー・ニールセン)は、15カ国の何万人もの人々にカルキディクシャ、ワンネスムーヴメントに誘い込んだことを現在では深く後悔しています。

ニールセンレポート: 「カルキは、彼が2万年以上における初の完全な神の化身で、人類が彼に協力しなければ悟れず、したがって絶滅することになる、と発言しました。」

しかし、ニールセンと他者が明らかにしたように、いわゆるバガヴァン/「主」は妻と共犯者達と共に悟らせるという口実で人類の支配搾取を企てた慢性的に無礼、不正直、巧妙、貪欲、横柄な権威主義者です。

現代の「現人神」のふりをするこの悪党から古参の弟子の大部分が離れたのはこれらの理由です。

I have not compiled this webpage of reports to denigrate Vijaykumar / "Bhagavan Kalki" (may he and all beings be truly enlightened and liberated from all karma by Divine Grace!). These materials are presented only as a public service announcement to educate and warn all sincere but not-so-savvy spiritual aspirants to watch out for this man and his movement's missionaries, and beware other con-artists who have no qualms exploiting followers for their own private gain.

私はヴィジェイクマール/「カルキバガヴァン」を中傷するためのレポートとしてこのウェブページを編集したわけではありません(彼と全ての存在は神の恩寵によって全てのカルマから解放され、本当に悟るかもしれません!)。

これらの資料は、この男と彼のムーヴメントの宣教師達に警戒するように誠実であるが精通していない探求者に対して警告と教育を兼ねた公共サービス情報として提供するだけです。

それと、個人的な利益のために信者を搾取している良心の呵責を持たない他の詐欺師にも用心して下さい。

Authentic spirituality is so much more beautiful than the cheap, distorted product that is dangled before the public by the likes of the so-called Bhagavan Kalki, who thinks that the Divine can be turned into a commodity for purchase-- and has cleverly convinced hundreds of thousands of persons to think likewise and buy into his fantasy and farce.

正統の霊性とは、空想と茶番劇の中で、神を商品化して販売できると考えると同様に購入させるように何十万人もの人々を巧妙に説得した男、いわゆるカルキバガヴァンによって公衆の面前にぶら下げられた安っぽい歪んだ商品より遥かに美しいものです。

I wrote my M.A. thesis back in 1983 at CIIS on the worldwide ancient-modern phenomenon of Shaktipat, Divine Grace and/or Energetic Empowerment (which occurs in many of the most powerful lineages of our sacred traditions and is featured in numerous modern groups including Pentecostal Christianity and new religious movements on all continents). With a certain expertise on this extraordinary and multi-faceted phenomenon, I have been "amused," to say the least, to see how a rather large number of pseudo-gurus and/or cult-leaders have selfishly exploited the idea that Divinity or Enlightenment can be "transferred" or "transmitted" (almost always for a big price!) via the touch, sight, or mental intention of the exalted "Guru" and his/her initiates. This creates neurotically hungry "Grace-chase" expectations in the minds of seekers looking to get "high" on euphoria and altered states of consciousness (ASCs) rather than become truly clear and free, free of egoic attachments, aversions and delusions.

1983年に遡ると、私は古代から現代の世界的な現象であるシャクティパット、デヴァイングレース、エナジティック・エンパワーメント(数多くの伝統宗教の強大な系統に生じたものであり、ペンテコステ派と全世界の新しい宗教運動を含めた膨大な現代グループの特色とされる。)に関してCIISで修士論文を書きました。

この並はずれて多様な現象に関する信頼のおける専門家の調査報告で、偽グルと数多くのカルト教祖がどう利己的にアイデア【高貴な「グル」と彼(彼女)の弟子の間において触れること、見つめること、意図することを通じて、神性や悟りを「転送」或いは「伝達」(たいてい高額で!)出来る】を利用したのか理解することを控えめに言っても「楽しみました」。

これは探求者が真に解放され、執着、嫌悪、妄想から自由になるよりも、むしろ変性意識状態(ASCs)と「陶酔感」を味わうことを期待する神経症的な渇望「恩寵の追求」を生み出します。

God-Realization or Self-Realization is not about obtaining some experience for a "me"--but about awakening to and lovingly living from THIS Absolute Open Infinite Awareness which is never an experience but the "No-thing-like" Empty/Full Source and Substance of all experiences. And THIS Absolute Awareness or Pure Spirit is always Who/What We Really Are, freely available as the inner Self of all selves, the Subject in which all objects arise, the Noumenon for all phenomena.THIS true Self or Reality is "closer than close," "subtler than the subtlest," right HERE before any and all identifications.

神実現や自己実現は「私(me)」が何らかの体験を得ることとは関係ありません。

しかし、完全に開けた無限の気づき、「これ以上ないほど」空っぽな/充満した源(あらゆる体験の本質)を体験することは、いきいきと生きることに目覚めることに関係があります。

そして、この完全な気づき(純粋な精神)は、私達の本当の姿(誰/何)としていつでもここにあり、あらゆる物事が生じる対象、あらゆる現象の本体、あらゆる自己の内側の自己として自由に利用出来ます。

この真実の自己(実在)は、「極めて密接」、「極めて微細」であり、あらゆる認識以前にここにあります。

A genuine Guru or "remover of spiritual darkness" simply and consistently points the aspirant back to this intrinsic, inborn (sahaja) "Inner Guru" Reality, the Divine Truth of our real Being. The authentically helpful human Guru or Friend does NOT needlessly entice one into an external "Grace chase," pompous worldly schemes, "energy experiences," or any other worldly phenomena high or low (heavenly, earthly, etc.).

本物のグル「霊的な邪気の掃除人」は単純一貫して、私達の生まれながらの(サハジャ)実在、真性である「内側のグル」に求道者が向くように指し示します。

本当に人の助けになるグルや友人は上辺だけの「恩寵の追求」、大げさな世界救済計画、「エネルギー体験」、この世のいかなる高次(低次)現象(天、地、様々)に1つも誘惑する必要がありません。

By contrast, however, a false or pseudo-guru will strategically use all sorts of tricks to create dependency, limited identifications, attachments, complications and delusions so that you feel like a special "somebody," somebody who is part of an elite group which is now especially "empowered" to usher in a Golden Age of Enlightenment for all lesser beings.

しかしながら対照的に、本物ではない偽グルは、あらゆるトリックを戦略的に駆使して、依存、識別制限、執着を引き起こします。

そして、あなたが特別な「誰か」(あらゆる劣った存在のために悟りの黄金時代を先導するための「特別な権限を与えられた」エリート集団の一員)だと感じるように惑わすのです。

It is just such a swindle that has been run since the early 1990s by Vijaykumar / Kalki Bhagavan....

それはまさにヴィジェイクマール/カルキバガヴァンによって1990年代初期から実行されている詐欺なのです・・・・

As we shall learn from the materials gathered and presented below, Vijaykumar was a mid-level administrator in a Krishnamurti school in India; he began to have some spiritual experiences and then, more problematically, began to have inflated ambitions to become a leading guru-figure himself. J. Krishnamurti (1895-1986) criticized Vijaykumar's spiritual experiences and pretensions. Vijaykumar subsequently worked with an elegant "front-man," Dr. R. Shankar (who brought Vijaykumar into the JK school), to open in India's Andhra Pradesh state his own new school for adolescents and to create an exalted status and mythos for himself as a great spiritual leader. Predictable in an era of spiritual hunger, Vijaykumar, with the attractive Shankar's help, began to draw in lots of sincere, impressionable, and rather gullible young people to his movement. Vijaykumar-Kalki and his wife Padmavathi Amma ("Amma" commonly means "Mother") and their closest inner circle of followers cleverly utilized certain high-flown language about enlightenment and (from 1993 onward) the power of naive expectations about "collective mass enlightenment," along with insidious social dynamics (authoritarianism mixed with "collegial networking," peer pressure, etc.) and well-known inner psychological dynamics (experience-seeking, interpersonal dependency, group identification, cognitive dissonance, etc.), and, with the newfound power of the giant sums of money they were soon amassing, the proud and petty "Bhagavan and Amma" quickly grew a large mass movement out of the initial cult group.

下の記事にまとめて提示された資料から知ることができますが、ヴィジェイクマールはインドのクリシュナムルティ学校の中間管理者でした。彼は幾つかの霊的体験をするようになってから、いっそう問題を孕み彼自身が指導者になろうと野心を膨らませ始めました。

J.クリシュナムルティ(1895-1986)はヴィジェイクマールの霊的体験と虚偽(うぬぼれ)を批判しました。

その後ヴィジェイクマールは、上品な「表看板」R.シャンカール博士(JK学校にヴィジェイクマールを導いた)と共に働き、偉大な霊性指導者として己の神話と高い地位を作りあげるために、インドのアンドラプラデシュ州で若者を対象に彼自身の学校を新たに開きました。

霊的な飢餓の時代を予測し、ヴィジェイクマールは魅力的なシャンカールの助けを得て、多くの誠実で多感(どちらかと言えば騙されやすい)な若者達を彼のムーヴメントに引き入れました。

ヴィジェイクマール・カルキと彼の妻パッドマヴァティー・アンマ("アンマ"は一般的に「母」を意味する)と彼らの側近グループは、さりげなく社会行動学(「組織ネットワーク」、同調圧力などを権威主義と混ぜ合わせた)と周知の心理学(体験欲求、対人依存、集団同一視、認識的不協和など)を組み込んで、悟りに関する大げさな言い回しと(1993年前期から)「大規模な集団の悟り」への知的好奇心(憧れ)を巧みに利用しました。

そして、彼らが蓄積した巨万の富の新発見のパワーに伴って、高慢でちっぽけな「バガヴァンとアンマ」は初期のカルトグループから大規模なムーブメントへ急成長させました。

Part of the big appeal was to entice growing numbers of persons with the chance to feel self-important and even make some money as "deeksha-givers," people who could "transmit enlightenment via Divine Grace" by laying on hands over other people's heads and "letting the Divine energy flow." All sorts of expectancy effects play into this set-up, and, combined with a natural flowing through the hands of warm heat and subtle energy (variously called in different traditions prana-shakti, ch'i, ki, mana, baraka, orgone, bioplasma, etc.) from our own human energy field (HEF) in resonance with the HEF of the deeksha recipient, most recipients of this deeksha will enjoy unusual temporary experiences of focused attention, relaxation, openness, a feeling of being nurtured and loved, and, yes, a heightened sense of energy flowing in and around their body.

大きなアピールの一部は「ディクシャギヴァー」(他者の頭上に手を置いて、「神聖なエネルギーを流す」「神の恩寵を通して悟りを伝えられる」人々) として影響力のある自分を感じることができて、幾らかの金銭を稼ぐことさえ出来るチャンスだとして、大人数を誘惑することでした。

期待される様々な効果が組み込まれました。
そして、私たち人間のエネルギー場(HEF)がディクシャを受ける人のエネルギー場に共鳴して、暖かな手を通じて微細なエネルギー(伝統により様々な名前で呼ばれるプラーナシャクティ、氣、気、マナ、バラカ、オルゴン、バイオプラズマなど)が自然な流れと結合します。

ディクシャを受ける人のほとんどが一点集中、リラクゼーション、開いていることにおいて独特な体験(身体の周りに流れるエネルギーの高揚感、愛されている安心感)を束の間、楽しむでしょう。

But to use the word "enlightenment" to describe these fleeting experiences and a modicum of nondual mystic understanding is to cheapen the word "enlightenment" beyond all recognition.

しかし、これらのはかない体験と僅かな不二一元論の理解を説明するのに「悟り」という言葉を使用するのは、あらゆる認識を超えた言葉「悟り」を安っぽくすることです。

The rapid growth of the Kalki Deeksha movement (for a time it was called the "Golden Age Foundation") created its own snowballing social dynamics such that by 2005 the Oneness Movement was inflatedly claiming 30 million followers in India and worldwide. Realistically, there are likely "only" a few hundred thousand people, not millions, who have paid to take the courses, initiations, and/or darshan-audiences proffered by the Deeksha / Oneness Movement.

カルキのディクシャムーヴメント(ある時まで「黄金時代財団」と呼ばれた)の急成長は、ワンネスムーヴメントが2005年までにインドと世界中で3,000万人の信者を有すると誇張したように、どんどん増大していきました。

現実的には数百万ではなく「単に」数十万人が妥当に思えます(ワンネスムーヴメントによって提供された大衆向けのダルシャンやコース、イニシエーションに参加して金銭を費やした人)。

An especially nifty strategem created by Kalki Bhagavan and his organizational leaders is to invite certain foreign New Age, New Paradigm, and neo-Nondual "spiritual teachers" and "healers" with sizeable followings to come to the Golden City (now Oneness UniverCity) to present their lectures and workshops and to meet Bhagavan at the twice-a-year "Oneness Festivals." This strategy is a brilliant form of "collegial networking" to insure that all the followers of the foreign teachers will also come to know of Bhagavan's "eminence" as an Indian Guru/Avatar, and, in turn, the foreign teachers can feel that they have participated in some lofty form of cross-cultural, interfaith ecumenicism and can also proudly feel that they have received (in addition to monies received) some kind of recognition and blessing for their own work by a "prominent Indian spiritual Master." What an insidious quid pro quo arrangement for all parties involved in this club of mutually congratulatory back-slapping! Almost all participants can then think (sincerely or not) that they are doing their part to "enlighten humanity"! Well, everyone except "Bhagavan and Amma," who most likely are secretly laughing all the way to the bank over the amazing credulity of the multitudes who come to see them and participate in their charade.

カルキバガヴァンと彼の組織的なリーダーによって作られた狡猾な戦略は、ゴールデンシティー(現在のワンネスユニヴァーシティ)で開かれる講演とワークショップ「ワンネスフェスティバル」(年に2回)でバガヴァンに会うように、大勢の信者を抱える海外のニューエイジ、ニューパラダイム、新非二元論の「霊的教師」と「ヒーラー」を招待することです。

この戦略は、海外講師の全信者がインドのグル/アヴァターとしてバガヴァンの「地位」を知って訪れることも保障する「組織ネットワーク」としての優れた形式です。

そして次に海外講師は、ある種の崇高な異文化間、異教徒間の全体主義に参加したと思えて、「著名なインドの霊的教師」によって自分の仕事に(お金を受け取ることに加えて)ある種の承認と祝福を受けられることを誇りに感じることも出来ます。

この大げさに親しみを表現して祝い合う社交クラブを複雑化したパーティーは何とも狡猾に仕込まれたものだったのです!
全参加者のほとんどは、「人類を悟らせる」役割を担っていると本心から(もしくはそうでない)信じています!

彼らのジェスチャーゲーム(自作自演)に驚くほど軽率に乗っかる人々と、いっぱいになった預金残高を眺めて密かにほくそ笑んでいるに違いない「バガヴァンとアンマ」を除いて。

The Kalki cult has attained even more national and international attention with the completion and inauguration, on April 22, 2008, of its ostentatiously lavish Oneness Temple, situated at the Oneness UniverCity complex. Formerly known as Golden City, it is 65 km / 40 miles north of Chennai/Madras, just outside Varadayyapalem village, 4 kms from Tada, on the road from National Hwy 5, west of Pulicat Lake and just north of the Andhra Pradesh - Tamil Nadu state border. The Oneness Temple is a mammoth, three-floor marble structure twenty times the size of the Taj Mahal, adorned with marble spires and balconies, its centerpiece the "Golden Ball of Divine Grace" that supposedly can induce those neurobiological brain-changes creating higher levels of enlightened consciousness. The temple was built on the backs of the poor but hopeful (now hapless) Indians and the naively gullible Westerners whom "Bhagavan and Amma" have roundly fleeced with their long-running money-making racket. (Inauspiciously, celebrations were suspended at the Temple after four persons died and many were injured in a stampede on the inauguration day when allegedly 600,000 persons--including Oneness members and the curious public--overwhelmed the ill-prepared hosting personnel.)

2008年4月22日、派手で金を掛けたワンネステンプル(ワンネスユニヴァーシティと連結して位置する)が完成し記念式典が開かれると共にカルキカルトは、よりいっそう全国的、国際的に注目されるまでに達しました。

以前ゴールデンシティとして知られた、それはチェンナイ/マドラスから65Km/40マイル北、ヴァラダイヤパレム村のすぐ外側、タダから4Km、アンドラプラデシュ州とタミルナードゥ州の境界の真北でプリキャット湖の西、ナショナルハイウェイ5の道路に通じています。

ワンネステンプルはタージ・マハルの20倍の大きさで、バルコニーと頂上に彫刻を施した3階建ての巨大な大理石建造物です。その中央には神経生理学的に脳を転換して高次の悟った意識を引き起こせるとされる「神の恩寵のゴールデンボール」が設置されています。

テンプルは貧しいが前向きな(現在不運な)インド人と「バガヴァンとアンマ」が長期間の詐欺でむしり取った純朴で騙されやすい西洋人達の援助で建設されました。

(不吉なことに、記念式典の開催日に大勢{申し立てによると60万人、ワンネス信者と野次馬を含む}が殺到して4人が圧死、多数が負傷して中断するというお粗末なもてなしとなりました。)

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

60  59  58  57  56  55  54  53  52  51  50 
ティモシー・コンウェイ博士の編集.2 カルトの傾向
忍者ブログ [PR]