忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Presented below at the rest of this webpage are accounts on this Kalki Deeksha Oneness cult from various sources:

以下に提示するのは、このウェブページ(カルキディクシャ、ワンネスカルトの記述)の様々な情報源です:

1. R.P. Sivam's biographic notes on Vijaykumar (aka Kalki Bhagavan) and first disciple Dr. Shankar

1.R.Pシヴァムによるヴィジェイクマール(カルキバガヴァン)と初弟子シャンカール博士の伝記

2. An Indian Rationalist's critique of Kalki Bhagavan & his cult

2.インド人(合理主義者)によるカルキバガヴァンとそのカルトについての批評

3. An uncritical, brief Wikipedia entry on Kalki Bhagavan

3.ウィキペディアに掲載されたカルキバガヴァンに関する要約(無批判)

4. Excerpts from the 1997 Life Positive magazine article on the Kalki cult

4.1997年度ライフ・ポジティブ誌に掲載されたカルキ・カルトの記事からの引用

5. Brief blurb from What Is Enlightenment? magazine: "Can 64,000 People Get Enlightened by 2012?"

5.悟りとは何か?(雑誌)の内容紹介の要約:
「2012年までに64,000人が悟れるのか?」

6. Letter about economic entrapment from a former Indian member of Kalki's cult, posted on Sarlo’s "Guru Ratings" website

6.サルロのグル論評ウェブサイトに投稿されたカルキ・カルトの元信者(インド人)の文章(経済的な策略について)

7. Primary missionary Freddy Nielsen's scathing revelations

7.古参の弟子(宣教師)フレディ・ニールセンによる痛烈な暴露

8. Christian Opitz's revelations of Kalki's drugging of certain O.M. course participants in 2004

8.2004年のワンネスムーヴメントのコース参加者達がカルキに薬物投与されているのは間違いないというクリスチャン・オピッツの暴露

9. Brief report from a devotee of Ramana Maharshi in India on govt investigations of the Kalki movement.

9.インド政府によるカルキムーヴメントの調査に関して、ラマナマハリシ帰依者による報告の要約

10. News item: Madras High Court orders investigation of Kalki cult

10.新聞記事:カルキカルトの調査をマドラス最高裁判所が命じる

11. Report from Tobi, a former prominent Deeksha-giver in Sweden, on how one gets sucked into the cult

11.スウェーデンで著名だった元ディクシャギヴァー(トビー)からの報告「どのようにカルトに引き込まれるのか」

12. Doomsday threats by Kalki Bhagavan so as to gain recruits

12.新兵獲得のためにカルキバガヴァンは終末思想で脅迫

13. Bhagavan says he is not getting enough of mankind's support

13.人類の援助が足りないというバガヴァンの発言

14. Another Swedish Deeksha-giver's letter of resignation

14.他のスウェーデンのディクシャギヴァーの辞表

15. My response to questions from a former Oneness Movement member ("Sally")

15.ワンネスムーヴメントの元信者(サリー)からの質問への私の回答

16. List of relevant Websites

16.関連ウェブサイトの一覧


Especially valuable are #1, the biographical account of Vijaykumar's early history by Mr. R.P. Sivam, someone who well knew the ambitious Vijaykumar (VK) before he became the self-exalting Kalki Bhagavan; #7, a long, scathing report from 2007 by young Freddy Nielsen, VK/Kalki's chief world emissary from 1993 to 2006 (scroll approximately halfway down this long webpage to find this important F. Nielsen article); and #8, a damning report from late 2007 by Christian Opitz, whose initial neuroscience reports for the Oneness Movement appeared to legitimize it, but who was then shocked to find that many of the "dazzling enlightenment states" experienced by many people were most likely the result of these people being criminally drugged with a narcotic by Kalki Bhagavan without their consent and presumably against their will if they were to know what he was doing to them.

特に貴重であるのは、♯1:R.P.シヴァムさん(彼が自己を高めカルキバガヴァンになる前に、野心家のヴィジェイクマール(VK)をよく知っていた人物)によるヴィジェイクマールの初期の歴史を記述した伝記、

♯7: 2007年のフレディー・ニールセン(1993~2006年までVK/カルキの主要な世界使者)による痛烈な長文レポート、(この重要なF.ニールセンの記事を見るには、この長いウェブページを半分ほど下方にスクロールして下さい)。

そして、♯8:2007年後半のクリスチャン・オピッツによる手厳しい報告。

ワンネスムーヴメントを対象にした最初の神経科学レポートはそれを合法化するように見えましたが、その後オピッツは、多くの人々によって体験された「眩惑する悟りの状態」のほとんどが、おそらく自分達の同意と意志に反して彼が何をしていたかを知らずにカルキバガヴァンによって非合法の麻薬を盛られた結果であったとわかってショックを受けました。

Other important critical testimony (e.g., items #6 and #11) comes from people reporting on the massive amount of exploitative financial gouging and manipulation committed by Bhagavan and his wife and business partner Amma. This wouldn't be so bad if it was solely targeting rich Westerners on the seeker's circuit who should know better than try to "buy their way to enlightenment." But, alas, this ongoing economic exploitation has sucked in and financially destroyed tens of thousands of poor Indians, most of whom are now evidently condemned to debt-slavery for much or all of their lives as a result of the voracious greed of the selfishly ambitious "B&A" or "A&B" as the couple are often called.

他の重要な批判的な証言(例えば項目♯6と♯11)はバガヴァンと彼の妻兼ビジネスパートナーであるアンマによって遂行された莫大な金銭搾取に関して人々から報告されたものです。

「悟りのために彼らの道を買おう」とわきまえていたはずであった裕福な西洋人を狙うだけならば、これはそれほど邪悪でもないでしょう。

嗚呼、しかし、「B&A」あるいは「A&B」としばしば呼ばれる利己的で野心家のカップルの飽く事を知らぬ貪欲の結果、何万人もの貧しいインド人がこの経済政策に吸い込まれて人生の全て(あるいは大部分)が破綻し、借金と重労働に追いやられていることが現在、明らかになっています。

There's no need for me to do any further editorializing on the Oneness Movement and its founders. The sources presented below more than adequately report the greed, delusion, dishonesty and manipulations perpetrated by the conniving "Bhagavan and Amma." Moreover, readers of my other webpages here at Enlightened-Spirituality.org (which feature several critiques of other spiritual con-men along with dozens of appreciative essays on the lives and teachings of our truly great and eminent spiritual leaders, as well as informative essays on aspects of genuine spirituality) will clearly know why I consider the Oneness Movement to be in several important ways a very dysfunctional cult, not a healthy, empowering, "functional cult."

ワンネスムーヴメントとその創設者について更に私が論じる必要は全くありません。

以下に提示された情報源は、狡猾な「バガヴァンとアンマ」によって犯された、ごまかしと不正操作、惑わし、貪欲を十二分に報告しています。

そのうえ、私のもう1つのウェブページEnlightened-Spirituality.org(真に偉大で著名な霊的指導者の人生と教えに関する何十もの鑑識眼のあるエッセイ、および本物の霊性の様相に関する有益なエッセイに加えて他の霊的詐欺師の幾つかの批評を特徴とする)の読者は、私が何故ワンネスムーヴメントが幾つかの重要な点において機能障害のあるカルトであり、不道徳、不健全な「機能的不全のカルト」と見なすのか明確に理解するでしょう。

And so, without further ado, let us start by presenting some useful history on Vijaykumar Naidu, later to style himself as the Divine messiah "Kalki," then "Bhagavan." The following eyewitness report was written by Mr. R.P. Sivam, someone who knew VK/Bhagavan Kalki and his wife from the early days and who wants the world to know more about this spiritual pretender and presumed Messiah before he acquires any more social power.

それでは面倒な話はこれくらいにして、後に彼自身を救世主「カルキ」、その後「バガヴァン」と呼んだヴィジェイクマール・ナイドゥについて幾らか役立つ歴史を提示していきましょう。

以下の目撃レポートは、R.P.シヴァム氏によって書かれました。

初期から VK/バガヴァンカルキと彼の妻を知っていて、世界がこの霊的偽者(社会的な権力を手に入れる前に先立って救世主を気取った)についての詳細を知ることを望む人です。

In the following report and other subsequent reports i've reproduced, I have made occasional corrections of spelling, punctuation and (less often) also grammar, for the sake of readability. I have also boldfaced certain passages for emphasis.

私が複写した以下のレポートと他の以降のレポートでは、読みやすくするために、つづり、句読点、文法(頻繁ではない)の訂正をしました。
また強調のために特定の句を太字にしています。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

61  60  59  58  57  56  55  54  53  52  51 
ティモシー・コンウェイ博士の編集.3 ティモシー・コンウェイ博士の編集.1
忍者ブログ [PR]