忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
09

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■Neo-Advaita versus Traditional Vedanta
ネオ・アドヴァイタ VS 伝統ヴェーダンタ
 
On the surface Neo-Advaita, which has no worthwhile methodology, seems fairly reasonable. By and large it teaches that you are not the body-mind-ego entity and that you are nondual awareness, both of which are in harmony with tradition. 
 
時間をかける値打ちのある方法論を持たないネオ・アドヴァイタは、表面上はかなり合理的に見えます。
 
概してそれは、「あなたはボディ‐マインド‐ エゴの実体ではない」、「あなたは非二元のきづきである」と教えます。どちらも伝統と一致しています。
 
If reality is nondual, then there is no one that is ignorant of his or her Self because knowledge and ignorance are duality. If there is no ignorance of who we are, there is no need for a teaching, a teacher or a student. 
 
もし、実在が非二元だとすれば、知識と無知は二元性であるのだから、彼(彼女)の自己に関して無知である人はいません。
 
我々が誰であるかに関して無知でないならば、教え、教師、生徒の必要はありません。 
 
In nondual reality there is no body and mind to be something other than the Self—awareness—so there is no bondage and no liberation, no suffering and enjoying, no joy and no sorrow. If you are nondual awareness you cannot do anything, so there are no right and wrong actions. You were never born and you never die and experience does not exist.
 
非二元の実在には自己 (気づき )以外の何かである体と心はありません。したがって、束縛も解放もなく、苦しみも楽しみもなく、喜びも悲しみもありません。
 
あなたが非二元の気づきである場合は何もできないので、正しい行為も誤った行為もありません。あなたは生まれたことも死ぬこともなく、経験は存在しません。

This teaching causes a problem because it does not take experience into account. So you either have to deny the existence of experience, which can only take place in duality, or modify the teaching. 
 
この教えでは、修正する教えや二元性の中でだけ起こる経験の存在をどちらも否定しなければなりません。すると、経験を考慮しないがゆえ問題が発生します。

You cannot deny the existence of experience—although Neo-Advaita does its level best—because it exists. So to tell someone caught in the experiential world that he or she does not exist, or that nothing can be done to attain enlightenment is not helpful. 
 
あなたは経験の存在を否定することはできません(ネオ・アドヴァイタはその最高レベルを行うのだけれど)、何故ならそれは存在するからです。

ですから、「あなたは存在しない」、「悟りに到達するために行えることは何もない」と誰かに伝えることは助けになりません。

The sages who gave us Self Inquiry were considerably more sophisticated and worked out an intelligent solution. They assigned a provisional reality to duality which is in harmony with the experience of everyone and then proceeded to destroy it, using teachings which correspond with the common sense logic of the seeker’s own experience.
 
私たちに自己調査をもたらした賢者たちはかなり洗練され、理知的な解決を成し遂げました。
 
彼らはすべての人の経験と調和している二元性への暫定的な現実を割り当て、それから探求者自身の経験の常識的な論理に対応する教えを用いて、それを破壊することに取り掛かりました。
 
Without the notion of a provisional or apparent reality, which experience confirms, you are forced to superimpose the idea that all is Consciousness on empirical reality. 

経験を立証する明白な現実、あるいは暫定的の観念がなければ、あなたはすべてが経験的現実における意識であるという考えを重ね合わせることを余儀なくされています。

Needless to say, it does not apply to this level of reality. A verse in the scriptures on Yoga that says, ‘a yogi in samadhi sees no difference between a lump of gold and the excreta of a crow.’ Presumably, an enlightened Neo-Advaitin in dire financial straits might attempt to pawn a handful crow poop and sweep his lump of gold into the garbage can. 

言うまでもなく、それは現実のこのレベルには適用されません。ヨーガの聖典の一節にこうあります「サマーディにいるヨギは、金塊とカラスの糞の間に違いを見ない。」
 
おそらく、極度の財政困難にある啓発したネオ・アドヴァイタ者は一握りのカラスの糞を質に入れ、ゴミ箱の中に金塊を廃棄しようと試みるかもしれません。

Nonduality, non-difference, does not mean sameness. It means that from the Self’s perspective there is no difference, but from the level of the body and mind there are only differences. 

非二元、非差は、同一性を意味するものではありません。それは、自己(Self)の観点から違いがないことを意味しますが、体と心のレベルにおいては違いがあります。

This discrimination between what is real and what is apparent is the signature of an unenlightened person. In fact, one of the definitions of enlightenment found in the scriptures of Self Inquiry is ‘the discrimination between what is real and what is apparent.’ 

「何が本物か?」と「何が見せかけか?」の間のこの識別は、無知蒙昧な人の識別特性です。事実、自己調査の聖典に見られる悟りの定義の一つは、「何が本物で何が見せかけか?の識別」です。

When you superimpose the notion of nonduality on multiplicity, you add a belief that will eventually have to be discarded at some point. This kind of spiritual belief, which is just ignorance, is exceedingly hard to investigate, if it is taken to be the truth.

複数の非二元性の概念を重ね合わせる場合、あなたが加えた信念は、最終的にある時点で破棄される必要があります。単なる無知であるこの種の霊的信念は、それが真実とみなされている場合、調査するのは非常に困難です。

==================
④に続きます。

 
 
PR
■Ramana Maharshi, Osho, Papaji and the rise of Neo-Advaita
ラマナ・マハリシ、オショー、パパジ、およびネオ・アドヴァイタの台頭(増加)
 
In the Eighties the Western spiritual world became reacquainted with Ramana Maharshi, a great Indian sage, who had achieved a certain degree of international recognition around the middle of the last century, but who had been all but forgotten since his death. 

80年代の西洋の精神世界では偉大なインド賢者、ラマナ・マハリシが再認識されました(前世紀の半ば頃に国際的な認識をある程度達成するも、彼の死後まったく忘れられていました)。

Ramana realized the nondual nature of the Self and taught Self Inquiry and Yoga. Neo-Advaita, sometimes called Psuedo-Advaita, the West’s latest idea of the wisdom of the East, came about mainly through a disciple of Ramana, HWL Poonjaji, commonly known as Papaji, although J. Krishnamurthi, Jean Klien, Ramesh Balsekar and others contributed to it.

ラマナは、自己の非二元性質を実現し、自己調査やヨーガを教えました。 ネオ・アドヴァイタ(しばしば擬似アドヴァイタと呼ばれる東洋の叡智に関する西洋の最新のアイデア)は、主にHWL Poonjaji(一般的にパパジとして知られているラマナの弟子)を通じて広まりましたが、J.クリシュナムルティ、ジャン・クライン、ラメッシ・バルセカールなどもそれに貢献しました。

Papaji, who was virtually unknown in India during his life, came to the attention of the Western spiritual world shortly after Bhagawan Shree Rajneesh, the notorious ninety-three Rolls Royce guru died. 

彼が死ぬまで、インドでほとんど無名だったパパジは、バグワン・シュリ・ラジニーシ、悪名高き93台のロールスロイス・グルが亡くなった直後に西洋の精神世界の注目を集めました。{注:最高時99台を所有したともいわれる}

Rajneesh, the horse’s mouth concerning the topic of enlightenment for Westerners for many years, was a particularly clever man who created a very large following by wedding two largely incompatible concepts, sense enjoyment and enlightenment. 

ラジニーシは、「感覚の楽しみ」と「悟り」という両立しがたい2つの概念を結合することで非常に多くの支持者を生み、長年にわたり西洋人にとって悟りの話題に関する信頼できる情報源となったとりわけ利口な男でした。

His ‘Zorba the Budda’ idea gave a whole generation of rebellious disaffected community-seeking Westerners good reason to party hearty on their way to God. 

彼の「ゾルバ・ザ・ブッダ」のアイデアは不平不満を抱く全世代、コミュニティを求める西洋人の「神に向かう途中の熱狂的パーティー」に都合のよい言い訳をもたらしました。

When Rajneesh, who rechristened himself Osho to avoid the bad karma his notoriety produced, died, his devotees, ever on the lookout for the next master, ‘discovered’ Papaji, by this time an old man languishing in Lucknow, a hot, dirty noisy city on the banks of the Gomati river, a tributary of the Ganges.

彼の悪評が引き起こす悪いカルマを避けるために自ら「Osho」と再命名したラジニーシが亡くなると、彼の信者たちは次のマスターを待望し、ガンジス川の支流、ゴマティ川のほとりにある暑くて汚い喧騒の町ラクナウに、もう衰えた老人のパパジを「発見」しました。

Papaji, like Osho, was a clever man with an outsized personality. He was a shaktipat guru with a super-abundance of ‘spiritual’ energy which some people claim he transmitted to his disciples. After the transmission, Papaji informed them that they were enlightened. 

パパジは、和尚のように並外れた個性を持った利口な男でした。彼は、「スピリチュアル」エナジーの豊富なシャクティパット・グルでした。一部の人々は、彼が弟子に転送したと主張します。転送後、パパジは彼らが悟ったと告げました。

He should have known better—and perhaps he did—because there is only one Self and it has always been enlightened. But this distinction was definitely lost on his followers. 

彼は熟知していたはずです(おそらく彼はわかっていた)。唯一の自己があり、それは常に悟っているということを。しかし、この区別は、彼の信奉者においては間違いなく失われました。

As it so happened, many got high on ‘the energy’ and imagined themselves to be enlightened, a condition known in yogic culture as manolaya, a temporary cessation of thought, or if you prefer an English term, an epiphany.

あいにく、大勢は「そのエネルギー」に酔っ払って、悟っている自分自身を夢想して、マノラヤとしてヨーガの教えで知られている状態(別の言葉がお好みでしたら、「一時的な思考停止」)となりました。

It so happens that Osho’s followers, in spite of the fact that most of them spent long periods in India, had virtually no knowledge of Self Inquiry even though they called themselves 'neo-sannyasins' which translates as ‘new renunciates.’ Renunciation is a tried and true Vedic spiritual idea, but in their case it is not clear what they actually renounced. 

それは、インドで長期間を過ごしたという事実にも関わらず、和尚の信者によく起こります。彼らは自らを「ネオ・サニヤシン」(新・放棄者)と呼ぶにもかかわらず、自己調査の知識もほとんどありませんでした。
 
放棄は、実証済みのヴェーダの霊的アイデアですが、彼ら(和尚信者)の場合、実際に放棄したかどうか明らかではありません。

Buddha was certainly a renunciate, but it would be a stretch to expect Zorba to renounce anything that interfered with his enthusiastic celebration of life. On the upside, his followers busied themselves developing sometimes effective therapies to deal with their manifold neuroses. 

仏陀は、確かに放棄者でしたが、ゾルバの期待は拡大解釈になります。人生の熱狂的な祝宴が放棄を妨げます。
 
あべこべに、彼の信者は彼ら自身の多種多様な神経症に対処する効果的なセラピーの開発に忙しくありました。

Osho was a Jain, not a Hindu, and seems to have more or less ignored the great spiritual tradition that surrounded him, at least after he became famous. His role models, who he was not above criticizing, were Christ and the Buddha. 

和尚は、ヒンズー教徒ではなくジャイナ教徒であり、少なくとも彼が有名になった後、多かれ少なかれ彼を取り巻く偉大な霊的伝統を無視していたように思えます。彼が批判しなかった模範は、キリストと仏陀でした。 

Papaji, on the other hand, was a died-in-the-wool Hindu from a Brahmin family of Krishna devotees. His contribution to the spiritual education of this group was two-fold. He introduced them to Ramana Maharshi, who he claimed was his guru, thus giving himself a golden, nay platinum, credential. And he familiarized them with the word Advaita which means nonduality. Hence, the Advaita movement which has attracted many thousands of Westerners. 

一方、パパジはクリシュナに帰依するバラモンの家庭でヒンズー教徒として生まれ育ちました。

このグループの霊的教育への彼の貢献は大きなものがありました。
彼は、ゴールドどころかプラチナの信用証明を与えたラマナマハリシ(パパジは彼が自分のグルだったと主張した)のためにそれらを紹介しました。
 
彼は非二元性を意味するアドヴァイタという言葉をもってそれらを世間に広めました。ここから、アドヴァイタ・ムーヴメントが無数の西洋人を引き付けるようになりました。

Although Ramana was Papaji’s guru, their idea of spiritual practice, Self Inquiry, was quite different. Ramana’s involved persistent and intense effort on a moment to moment basis to dispel the mind/ego's idea of duality, while Papaji’s involved only asking the question ‘Who am I?’ and ‘keeping quiet’ until the answer appeared, the absurdity of which was lost on them.

ラマナはパパジのグルでしたが、彼らの霊的修練のアイデア、自己調査は、かなり異なっていました。

ラマナの従事したものはマインド/エゴの二元性のアイデアを払拭するための一瞬一瞬の強烈な努力に基づく永続的なものです。一方、パパジの従事したものは「私は誰か?」という質問を尋ね、答えが現れるまで「静かにしている」だけで、正道を踏み外した不合理なものです。

==============
③に続きます。
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]