忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
05

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■Devotion to God
神への献身
 
Another essential component of any valid spiritual path is devotion to God. Ramana gave devotion to God, meaning glad acceptance of the fruits of action equal status with Self Inquiry as a spiritual path because devotion to God exhausts vasanas and breaks down the concept of doership. 
 
有効な霊的な道の別の必須要素は、神への献身です。ラマナは、自己調査と対等な霊的な道として、行為の果実を喜んで受け入れることを意味する神への献身を与えました。神への献身は、ヴァーサナを消耗させ、行為者の概念を破壊するからです。
 
‘Not my will, but Thine.’ It also teaches that God, not the ego, is the dispenser of the fruits of one’s actions. But Neo-Advaita sees devotion as ‘duality’ and has nothing to do with it. 
 
「私の意志はなく、御身のもの」それはエゴではなく、神が自分の行動の成果の分配者であることも教示しています。しかし、ネオ・アドヴァイタは「二元性」として献身を理解し、それと関係しません。
 
In fact, devotion works just as well as the idea of nonduality to prepare the mind for Self realization, because the Self functions through the chosen symbol or practice to bring the necessary qualities for Self Inquiry into full flower.
 
自己の働きは選ばれたシンボル、または実践を通して自己調査のために必要な資質をもたらすため、実のところ献身は自己実現のためにマインドを準備させる非二元のアイデアと同じように機能します。

One view that needs to be examined in this context is the notion that enlightenment can be transmitted in some subtle experiential way via the physical proximity of a ‘master.’ 

この文脈で検討する必要がある見解は、悟りは「マスター」の身体的な近接を介して微妙な経験的方法で転送できるという考えです。

Traditional Advaita disagrees with this view for the reason that ignorance is deeply entrenched in the aspirant’s thinking and that it is only by deep reflection on the teachings that the ultimate assimilation of the knowledge is achieved. This assimilation is often called full or complete enlightenment. 

伝統的アドヴァイタは、[ 志願者の思考に無知が深く定着している ] 、[ 究極的な知識の同化は教えに沿った深い熟考によってのみ達成される ] という理由でこの見解に相違します。しばしば、この同化は大悟または完全な悟りと呼ばれています。

On the other hand, the transmission fantasy fits nicely into the Neo-Adviatic conception of easy enlightenment, as it does away with the need for serious practice. One need do nothing more than sit in the presence of a master and presto-chango!—I wake up for good. If this were true, however, the thousands who sit at the feet of enlightened masters everywhere would be enlightened.
 
一方で、転送のファンタジー(幻想)は、簡単な悟りというネオ・アドヴァイタの概念にうまく適合します。人は、マスターの面前で座るほかは何もすることなしに、一瞬にして!永遠に目覚めます。
 
何はともあれ、これが本当ならば、いたる所で悟りを開いたマスターの足元に座って万人が悟ることでしょう。

Another half-baked idea that has gained currency in the Neo-Advaita world is the notion of ‘awakening.’ While sleep and waking are reasonable metaphors to describe the states of Self ignorance and Self knowledge, Neo-Advaita assigns to them an experiential meaning that is not justified. Just as anything that lives, dies, anything that wakes, sleeps. The Self never slept nor does it awaken. The mind does. This waking up and going back to sleep—all of which takes place in the waking state incidentally—is a consequence of the play of the gunas in the mind. 

ネオ・アドヴァイタの世界で普及している別のいいかげんなアイデアは、「アウェイクニング」という観念です。睡眠と覚醒は、自己に対する無知と自己に対する認識の状態を記述するのに合理的な比喩ですが、ネオ・アドヴァイタは正当化されない経験的な意味をそれらに割り当てます。まるで、生と死、活動と睡眠のようなものとして。

自己(Self)は眠ったり、目覚めたりするものでは決してありません。眠ったり目覚めたりするのは心(マインド)です。偶発的な覚醒状態で生じる全て(目覚めても、また睡眠に戻る)は心のグナの戯れの結果です。

When the mind is sattvic, the reflection of the awareness shining on it causes the individual to ‘wake up,’ i.e. to experience the Self; but when rajas or tamas reappear, as they inevitably do, the mind is clouded over, the experience is lost and the mind ‘sleeps.’ Until the extroverting and dulling vasanas are purified, the seeker is condemned to a frustrating cycle of waking and sleeping.

心がサトヴィック(清浄)な場合、その上に気づきのきらめきを映し出し、個体の「wake up」すなわち自己を経験する原因となりますが、ラジャスまたはタマスが再び現れる場合、それらは必然的に心を曇らせ、この経験を見失わせ、心を「眠らせます」。

外向性と鈍化させるヴァーサナが浄化されるまで、探求者は覚醒と睡眠の苛立たしいサイクルに追いやられます。

=============
⑩に続きます。

 

 
「Presto Chango」とはコインマジックの一種のことでした。
PR
■Importance of Karma Yoga for Self Inquiry
自己調査にとってのカルマ・ヨーガの重要性
 
It would be impossible to underestimate the importance of Karma Yoga for Self Inquiry. Karma Yoga is not taught in the Neo-Advaita world because it is for the doer. 

自己調査にとってカルマ・ヨーガの重要性を過小評価することは不可能です。カルマ・ヨーガは行為者のためのものなので、ネオ・アドヴァイタの世界では教えていません。

Furthermore, it requires discipline and considerable patience, qualities not in evidence in people seeking instant enlightenment. It also requires continuous monitoring of one’s motivations and reactions to events. Additionally, it requires a willingness to change one’s attitudes. 

さらに、自己調査は即席の悟りを求める人々には見ることのない資質、規律とかなりの忍耐を必要とします。また、自分の動機と出来事への反応を持続的にモニタリングする必要があります。加えて、自分の態度を改める意欲が必要です。 

Finally, it demands a pure lifestyle because the vasanas continually divert attention away from the Self. None of this is possible if I do not exist. And if I do exist, it is hard work.

ヴァーサナが継続的に自己から注意をそらすため、最終的にそれは純粋な生活様式を必要とします。私が存在しないならば、このいずれも必要ありません。私が存在するならば、それは大変な作業です。

Not doing will not create karma, good or bad. But, because it is impossible not to do, the idea that there is nothing to do means that the entry level seekers will just continue to do what they have always done. 

行動がなければ、良いカルマも悪いカルマも生み出しません。ですが、行動しないことは不可能なので、このアイデアは意味を成しません。入門レベルの探求者は、彼らがいつも行っているように行動し続けるでしょう。

No blame, but the idea that there is nothing to do will not result in enlightenment or growth. To fill the non-doing void, Neo-Advaita, thanks to Rajneesh’s Zorba the Buddha idea, keeps the seeker hooked with an apparently positive injunction, ‘celebrate life.’ 

非難ではありませんが、何もすることはないという考え方は悟りや成長につながりません。無為の空虚感を埋めるため、ネオ・アドヴァイタ、有り難いラジニーシのゾルバ・ザ・ブッダのアイデアは、見たところ肯定的な命令「人生を祝いなさい」をもって探求者を捕らえ続けます。

How celebrating is not a doing is difficult to understand, but intellectual contradictions rarely stand in the way of an immature seeker’s desire to have fun. In contrast, Self Inquiry encourages sacrifice, the idea being that the ego cannot have its cake and eat it too. 

どうして祝うことが行動でないのか理解し難いですが、未熟な探求者の楽しむための欲望の道に知力を要する矛盾が立ちはだかることは滅多にありません。

対照的に、自己調査は犠牲を促進します。このアイデアは、エゴはそのケーキを手にすることも食べることもできないというものです。

The desires that extrovert the mind need to be sacrificed for the sake of a quiet mind, one capable of meditating on the Self, reflecting on the nondual teachings and assimilating the knowledge.

外向型の欲望は静かなマインドのために犠牲にされる必要があります。自己に対して瞑想できる人は、非二元の教えを反映し、知識を吸収します。

When actions conform to dharma, binding vasanas are neutralized. Dharma means that I do what has to be done, irrespective of how I personally feel about it. I do not want to pay my taxes, but I pay my taxes. 

行動がダルマ(法)に適合しているときは、拘束力のあるヴァーサナが中和されています。ダルマは私が個人的にそれについてどう感じるかに関係なく、何をすべきかを意味します。私は税金を納めたくはありませんが支払います。

I may not get a vasana for paying tax, but I will certainly eliminate any agitation associated with non compliance. But when my desires are all that matter, is it any wonder that whatever nondual experience happens in the satsang when the mind is temporarily arrested by the group energy, quickly vanishes with the appearance of the next binding desire? 

私は税金を支払うためのヴァーサナを取得できないかもしれませんが、非服従と連携した動揺がないでしょう。

しかし、肝心なのは欲望です。グループのエネルギーによって一時的にマインドが阻止され、サットサングで非二元の体験が起きたとしても、次の束縛する欲望の出現をもってすぐに消滅するのはどうしたものでしょう?

This is why the Neo-Advaita world is little more than thousands of people, including the teachers, who have had scores of nondual experiences, but who at the end of the day are still prisoners of their desires. Enlightenment is freedom from dependence on desired and feared objects.

だから、ネオ・アドヴァイタ界は、教師を含む大勢が非二元の体験をしたとしても、結局のところ、いまだに自分の欲望の虜です。悟りとは、恐れていた事柄と欲望に対する依存からの解放です。

Ramana Maharshi, who had an experience of the Self at the tender age of seventeen, understood the wisdom of practice in so far as he sat in meditation on the Self in caves for twenty years and studied the texts of both Yoga and Self Inquiry after he was awakened, although this is not the party line of Ramana devotees. 

ラマナ・マハリシ(17歳という若い頃に真我の体験をした)は、目覚めた後、20年間を洞穴で座って瞑想し、ヨーガおよび自己調査の両方の経典を研究し、実践の知恵を理解しました。これはラマナ信奉者の路線にはありませんけども。

Had he been a Neo-Advaitin, he would have immediately advertised satsang and begun instantly enlightening the world. But he had the wisdom to understand that while the epiphany was the end of his seeking, it was not the end of his work. 

もし、彼がネオ・アドヴァイタ者だったならば、直ちにサットサングの広告を出して、即座に世界を教化し始めていたことでしょう。

しかし、彼には、この洞察が彼の探求の完結である一方、それは彼のワークの完結ではないと理解するだけの分別がありました。 

Had it been, he could have returned home, eaten this mother’s iddlies and played cricket like any normal seventeen year old Tamil boy. Is it unreasonable to assume that he applied the knowledge he gained during his experience, until the mind’s dualistic orientation was reduced to ash in the fire of Self knowledge? The notion that his epiphany destroyed his sense of duality once and for all does not jibe with common sense.

たとえ彼が家へ戻ることができ、母親の手料理を食べることができ、普通の17歳のタミール少年のようにクリケットで遊ぶことができたとしても彼は洞窟にこもったのでした。

マインドの二元的な指向が自己認識の火中で灰燼と化すまで、彼が経験で得た知識を適用したと仮定するのは理にかなっていませんか? 彼の洞察が1度で二元性の感覚を破壊したという考えは常識と調和しません。 

==============
⑨に続きます。


 
 

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]