忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

■Neo-Advaita versus Traditional Vedanta
ネオ・アドヴァイタ VS 伝統ヴェーダンタ
 
On the surface Neo-Advaita, which has no worthwhile methodology, seems fairly reasonable. By and large it teaches that you are not the body-mind-ego entity and that you are nondual awareness, both of which are in harmony with tradition. 
 
時間をかける値打ちのある方法論を持たないネオ・アドヴァイタは、表面上はかなり合理的に見えます。
 
概してそれは、「あなたはボディ‐マインド‐ エゴの実体ではない」、「あなたは非二元のきづきである」と教えます。どちらも伝統と一致しています。
 
If reality is nondual, then there is no one that is ignorant of his or her Self because knowledge and ignorance are duality. If there is no ignorance of who we are, there is no need for a teaching, a teacher or a student. 
 
もし、実在が非二元だとすれば、知識と無知は二元性であるのだから、彼(彼女)の自己に関して無知である人はいません。
 
我々が誰であるかに関して無知でないならば、教え、教師、生徒の必要はありません。 
 
In nondual reality there is no body and mind to be something other than the Self—awareness—so there is no bondage and no liberation, no suffering and enjoying, no joy and no sorrow. If you are nondual awareness you cannot do anything, so there are no right and wrong actions. You were never born and you never die and experience does not exist.
 
非二元の実在には自己 (気づき )以外の何かである体と心はありません。したがって、束縛も解放もなく、苦しみも楽しみもなく、喜びも悲しみもありません。
 
あなたが非二元の気づきである場合は何もできないので、正しい行為も誤った行為もありません。あなたは生まれたことも死ぬこともなく、経験は存在しません。

This teaching causes a problem because it does not take experience into account. So you either have to deny the existence of experience, which can only take place in duality, or modify the teaching. 
 
この教えでは、修正する教えや二元性の中でだけ起こる経験の存在をどちらも否定しなければなりません。すると、経験を考慮しないがゆえ問題が発生します。

You cannot deny the existence of experience—although Neo-Advaita does its level best—because it exists. So to tell someone caught in the experiential world that he or she does not exist, or that nothing can be done to attain enlightenment is not helpful. 
 
あなたは経験の存在を否定することはできません(ネオ・アドヴァイタはその最高レベルを行うのだけれど)、何故ならそれは存在するからです。

ですから、「あなたは存在しない」、「悟りに到達するために行えることは何もない」と誰かに伝えることは助けになりません。

The sages who gave us Self Inquiry were considerably more sophisticated and worked out an intelligent solution. They assigned a provisional reality to duality which is in harmony with the experience of everyone and then proceeded to destroy it, using teachings which correspond with the common sense logic of the seeker’s own experience.
 
私たちに自己調査をもたらした賢者たちはかなり洗練され、理知的な解決を成し遂げました。
 
彼らはすべての人の経験と調和している二元性への暫定的な現実を割り当て、それから探求者自身の経験の常識的な論理に対応する教えを用いて、それを破壊することに取り掛かりました。
 
Without the notion of a provisional or apparent reality, which experience confirms, you are forced to superimpose the idea that all is Consciousness on empirical reality. 

経験を立証する明白な現実、あるいは暫定的の観念がなければ、あなたはすべてが経験的現実における意識であるという考えを重ね合わせることを余儀なくされています。

Needless to say, it does not apply to this level of reality. A verse in the scriptures on Yoga that says, ‘a yogi in samadhi sees no difference between a lump of gold and the excreta of a crow.’ Presumably, an enlightened Neo-Advaitin in dire financial straits might attempt to pawn a handful crow poop and sweep his lump of gold into the garbage can. 

言うまでもなく、それは現実のこのレベルには適用されません。ヨーガの聖典の一節にこうあります「サマーディにいるヨギは、金塊とカラスの糞の間に違いを見ない。」
 
おそらく、極度の財政困難にある啓発したネオ・アドヴァイタ者は一握りのカラスの糞を質に入れ、ゴミ箱の中に金塊を廃棄しようと試みるかもしれません。

Nonduality, non-difference, does not mean sameness. It means that from the Self’s perspective there is no difference, but from the level of the body and mind there are only differences. 

非二元、非差は、同一性を意味するものではありません。それは、自己(Self)の観点から違いがないことを意味しますが、体と心のレベルにおいては違いがあります。

This discrimination between what is real and what is apparent is the signature of an unenlightened person. In fact, one of the definitions of enlightenment found in the scriptures of Self Inquiry is ‘the discrimination between what is real and what is apparent.’ 

「何が本物か?」と「何が見せかけか?」の間のこの識別は、無知蒙昧な人の識別特性です。事実、自己調査の聖典に見られる悟りの定義の一つは、「何が本物で何が見せかけか?の識別」です。

When you superimpose the notion of nonduality on multiplicity, you add a belief that will eventually have to be discarded at some point. This kind of spiritual belief, which is just ignorance, is exceedingly hard to investigate, if it is taken to be the truth.

複数の非二元性の概念を重ね合わせる場合、あなたが加えた信念は、最終的にある時点で破棄される必要があります。単なる無知であるこの種の霊的信念は、それが真実とみなされている場合、調査するのは非常に困難です。

==================
④に続きます。

 
 
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

213  212  211  210  209  208  207  206  205  204  203 
ジェームス・スワルツのネオ・アドヴァイタ④ ジェームス・スワルツのネオ・アドヴァイタ②
忍者ブログ [PR]