忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Foundation for World Awakening and Jeevashram

世界の目覚めのための財団とジーヴァシュラム

In 1983 KFI [Krishnamurti Foundation of India] was running several schools for children of the influential rich people of India. Krishnamurti was impressed by Dr. Shankar's academic background besides his culture and international experience. As JK's {Rishi} Valley School lacked cohesion, structure, stability and proper direction he decided to appoint Dr. Shankar as the Principal. Shankar knew he would not be easily accepted by the political heavy weights in that school, so he brought in some loyal friends to support him. Vijaykumar was placed in the office. Krishnan Kutty Nair [hereafter KKN], a former IAS officer [a very respected title in Indian bureaucracy] had given up a promising career to join the KFI [Krishnamurti Foundation of India] in 1976. He was also invited in as a friend by Dr. Shankar.

1983年、KFI[インド・クリシュナムルティ財団]はインドの富裕層の子供達を対象にした幾つかの学校を運営していました。

クリシュナムルティは、シャンカール博士の学歴の他に文化と国際的な経験に感銘を受けました。
JKの{リシバレー}学校が団結、構造、安定性と適切な指導が不足していたので、彼はシャンカール博士を校長に任命することに決めました。

シャンカールは彼がその学校で政治的な重圧によって簡単に受け入れられないということを知っていたので、彼を支える忠実な友人を引き入れました。
ヴィジェイクマールは事務室に配属されました。

クリシュナン・クッティ・ナイール[以後、KKNとする]、旧IAS役員[インドの官僚機構で非常に尊重された肩書き]が1976年、KFI[インド・クリシュナムルティ財団]に加わるための有望な経歴を授与したのです。

VKもシャンカール博士の友人として招かれたのでした。

KKN was educated and deeply interested in philosophy.... KKN and VK often disagreed; VK could not tolerate Shankar appreciating KKN. VK maneuvered and gradually got KKN out of the way by gaining the most influential place in Dr. Shankar's mind and heart. This was also the time when KFI was going through a crisis and people were leaving. VK found KKN an obstacle and a threat to the trusting and bonding relationship he was developing with Shankar.

KKNは教養があり、哲学に深い興味がありました・・・
KKNとVKは頻繁に意見が食い違いました。

VKはシャンカールがKKNを高く評価することに耐えられませんでした。
VKは画策して、シャンカール博士の心を掴んで徐々にKKNを追い出しました。

これはKFIが危機に直面して人々が辞めていったときでした。
VKはKKNが絆を深め信じさせるための障害と脅威であると察して、彼はシャンカールと共に展開していました。

Dr. Shankar, KKN and others wanted to propagate JK's teachings. Many people responded to their advertisement in “India Today,” a mainstream national magazine, and wanted to join this movement. JK was appalled as he was against this way of going public with propaganda. He wanted them all to tow the line or leave the organization. This led to the exit of Dr. Shankar and all who had been brought in by him.

シャンカール博士、KKNと他の者達は、JKの教えを伝えたがっていました。
多くの人々は「インド・トゥデイ」(主流の全国誌)の彼らの広告に反応してこの運動に加わりたがりました。

VKが公で宣伝するこの方法に反対であったのでJKは唖然としました。

VKは彼ら全員が一線を引くか、組織を辞めることを望みました。
この退場指導は、シャンカール博士と彼によって引き入れられた全員に及びました。

There were several people, most of them unemployed youth, who responded to this advertisement and had came over to offer their services, and find a way of making a meaningful living, but by this time VK and Dr. Shankar had moved on to a different agenda as they were disappointed by JK's response. JK was also upset by the fact that Dr. Shankar had brought in many people who had no cultural affinity to JK's approach. A sizable section of JK's disciples are from the more educated class of India.

人々はそれぞれでした。
有意義な人生を見出そうと若い失業者の多くがこの広告に反応して労働を申し出ました。

でもこの時、JKの対応に失望したVKとシャンカール博士はJKの異に反した行動をとりました。

シャンカール博士がJKのアプローチに馴染みの無かった大勢を引き込んだという事実によってJKは更に動転させられました。

JKの弟子達の巨大な部門はインドの高等教育を受けた階級から来ています。

Dr. Shankar had in him a bit of his father's egalitarian compassion which made him want to serve the common man. VK was a very different character; he was practical, a strategist, and a quick learner. He, unlike Shankar, was suspicious of people’s motives. His aim was to launch a universal programme acceptable to most people. VK wanted a mass based global movement to attract maximum number of people.

シャンカール博士には、一般人に仕えた彼の父の平等主義の情を幾らか持ち合わせていました。

VKはまったく異なる性格でした;
彼は現実的、策士で物覚えがよかったです。

彼はシャンカールと違い、人々の動機を疑っていました。
彼の狙いは、大多数に容認される普遍的なプログラムを打ち出すことでした。

VKは最大限の人々を寄せ付ける大きな基盤を持つ世界的なムーヴメントを起こしたがっていました。

VK never revealed his real agenda. Once, when we were discussing the future, he let us know that a movement that is broad-based and all-inclusive would be necessary to attract large following so that followers would not feel any need for other complimentary systems, therapies, religions and could be easily weaned off from their original faith.

VKは、彼の本当の課題を決して明らかにしませんでした。

かつて、我々が将来を議論していたとき、彼は、信者達は彼らのオリジナルな信仰、宗教、セラピーから切り離されることや他人を勧誘するシステムを心地良く感じないだろうから、大勢の信者を引き付けるためには、広域的な基盤で全てを含むムーヴメントが必要であることを私達に知らせました。

In 1982 there was no place for Dr. Shankar and others to go and at this time VK had been on a long leave from his LIC job. If he hadn't turned up in 90 days he would have lost his job. Luckily he went back and joined LIC on time.

1982年には、シャンカール博士、その他の者の居場所がありませんでした。
また、この時にVKは仕事(LIC)の長期休暇中でした。
もし彼が90日間で戻らなければ職を失っていたでしょう。
幸いにも彼は定刻までにLICに復帰しました。
 
But, in the meanwhile, a piece of land was available; this land was gifted by Dr. Rajasekar Reddy, a surgeon at Stanley Medical College Hospital. He met two former teachers from JK's Rishi Valley School, and offered them his land in Rajupeta. As these two teachers did not know what they should do with so much land they called Dr. Shankar to talk to Dr. Reddy. This was how Rajupeta land, near Kuppam [Chittoor district], was acquired. After acquiring this land VK and Shankar started an organization called: Foundation for World Awakening. The land donated by Dr. Reddy was taken over on a 99 years lease period and converted into Jeevashram: a school modelled to imitate Rishi Valley School; but soon it was used as a launching pad for Kalki's coming to save our world. [The school was opened in July, 1984.] It was here that Kalki's story from rags to riches began. Though he initially began to dream of Gurudom to rival JK, he ended up creating a hierarchy and started “enjoying” the perks of unquestioned authority and complete obedience from his devoted followers.

しかし、その間、一片の土地を利用できました。
この土地はラジャセカール・レディ博士(スタンリー医科大学病院の外科医)から贈られました。

彼(レディ博士)はJKのリシバレー学校の元教師2人に会って、ラジュペタの土地を彼らに提供しました。

これらの教師2人は広大な土地をどうしたらいいのかわからなかったので、レディ博士と話してもらうためにシャンカール博士に電話をしました。
これはラジュペタの土地(チットゥール地区、クッパム近郊)をどうやって手に入れたのかということでした。

この土地を手に入れた後、VKとシャンカールは「世界の目覚めのための財団」と呼ばれる組織を起こしました。

レディ博士によって寄贈された土地は99年間の賃貸期間を経て、ジーヴァシュラム(リシバレー学校を模倣して作られた学校)に転換されました。

しかし、まもなくすると、それはカルキの世界救済のための発射台として利用されました。
学校は1984年7月に開かれました。
カルキの成り上がり伝説は、ここからスタートしました。

初め彼はJKに匹敵するグルの地位を理想としていたのですが、結局、階級組織を作り、献身的な信者達からの絶対的権威と完全な服従の特典を「楽しみ」始めました。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

73  72  71  70  69  68  67  66  65  64  63 
マスコミ報道の要約 マインドコントロール
忍者ブログ [PR]