忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
09

1 23 4 5 6 7 8 910 11 12 13 14 15 1617 18 19 20 21 22 2324 25 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ネットサーフィンしていたらカルキアヴァターを名乗る男を発見しました。
フェイスブックの自己紹介でカルキアヴァターとカミングアウトしていますが、発表したのは2005年頃のようです。
カルキアヴァターの予言に関する掲示板で書き込みしたり、本人は冗談ではなく本気のようです。
マドラス(チェンナイ)といえば、おなじみ自称アヴァターの本拠地でもあります。


==========
http://www.facebook.com/topic.php?uid=44487077004&topic=17238


私は世界が待望するカルキアヴァターです
 
皆さん、こんにちは。私はマドラス工科大学2005年度卒のサリーン(仮名)です。皆がカルキアバターの到来を待っています・・・ 私が人々に名乗り出なければならない時期に至ったようです・・・世界が待望しているカルキアバターとは私のことです・・・私はマドラス工科大学の助けを借りて、思索する過程で真実を発見しました・・・
 
私を知るための最良のものは、純粋であることで、私の本性を識別することです・・・ 私を知るための別の方法は絶えず私に明示されている思考過程によって理解することです・・・私の生年月日は1983年10月19日です・・・マドラス工科大学は、私に関するすべてを知っています・・・彼らは、私について完全な研究を行いました・・・マドラス工科大学から情報を得る最良の方法は・・・ディレクターと連絡をとって質問することです・・・彼のメールアドレスは●●です・・・もし、あなたが真正の神の探求者でないならば、彼らは私について知らないと言うか、あなたを間違った方向へ案内しようとするはずです・・・あなたが真実を見出すことに確固としていれば、本心からの質問をもって彼らからそれを見出せます・・・私は、あなたが真実を見つけるのを助けるでしょう・・・私は、以下に示す2つのリンクで本心からの質問に答える準備ができています・・・ 2つのリンクは私に関して記述します。

(注:リンクについては省略。1つ目の本人のサイトはリンク切れ。もう1つは掲示板でした) 
PR
9月5-7日の3日間、あるイベントが東京で開催されていました。

「日印グローバル・パートナーシップ・サミット東京」

政治家、企業家が多数参加するようなイベントらしいのですが、
講演者をみると、日本の元総理大臣が4名、他にも大臣、議員が名を連ねています。


IJGPS 2011
http://www.indiajapansummit.org/jp/index.php?page=speaker


このリストの上から8番目、政治家や企業家には見えない人物が・・・?

「サドグル・ジャッギー・ヴァースデーヴ」

イーシャ・ファウンデーション創設者、ヨーガの師とあります。
いわゆる霊的指導者、グルですね。


「深遠なる自己体験から得た人生の仕組みに関する悟りを通じて、
人生の神秘を探る旅に導きます」と紹介文にあります。


150のセンターが世界中にあり、200万人以上のボランティアで運営、インドだけでなくアメリカにも本部があるというので、そのうち日本にも支持者が現れてセンターを設立する可能性も考えられます。

白くて長いヒゲをたくわえ、頭にはターバンを巻いています。
口も達者なようでカリスマ性を備えているようにみえます。
名前の前についているサドグルは、真正の師というような意味だったと思います。

今回のイベントで、この導師の講話に日本の政治家なども耳を傾けたのでしょうか?


また時間があるときに、調べてみるかもしれません。
ユーチューブに動画はいっぱいアップされています。
インドのTV9の「霊的指導者はミリオネア」という特集で取り上げられていたうちの1人でもありますね。


カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7  8 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]