忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

何だか怪しげなサイトですが、カルキアヴァターなどの語句が
記されていたので、気になって訳してみました(訳も怪しいものですが)。

挙げられる名前からも情報自体が、一昔前のものという気もします。
ルドラチャクリン、いったい何者なんでしょうか?
-----------------------------------------------------


www.absolutoracle.com/Rudrachakrin/Articles/mainArticle.htm


Re-Thinking The Planet Earth
by Rudra Chakrin

惑星地球を再考する
ルドラ・チャクリン

Before the World can get better, it is obvious that the present humanity and its criminally insane leaders need to complete their ignorant exercise of inhumanity, lack of compassion and self-destruction.  Those who are truly wise, ethical and harmonious are not being heard.

世界がより良くなる前に、現在の人類および犯罪的で気違いじみた指導者は冷酷で無知な行使、慈悲の欠如と自己破壊を終わりにする必要があるのは明白です。

本当に賢く、道徳的で、調和のとれた人がいません。

Human beings do not live right.  The food people eat is increasingly poisonous by design of the present evil governments.  But most people are so far gone in their ignorance and bad habits that they refuse to look at either what is being done to them or what they are doing to themselves.

人間は、正常に暮らしていません。

人々が食べる食物は、現在の邪悪な政府の意図によって有毒性が高まっています。

しかし、大部分の人々は、彼らにされていること、あるいは自分自身にしていることを見るのを避けて、無知と悪習慣において遠くへ立ち去ります。

You do not need an “Avatar”, whatever that is supposed to mean lately.  You need to re-think yourself and your planet.  And if you will do this for real, that would be the beginning of a Divine Intervention on the planet Earth.  The whole thing begins with you and nowhere else.

あなたは、「神の化身」を必要としません(それが近ごろ重要だと信じられていようとも)。

あなたは、自分自身と地球を再考する必要があります。

そして、あなたが本当にこれを行うならば、地球上の聖なる介入が始まるでしょう。

全ての事柄はあなたと共に始まる以外にありません。

If there is going to be a New Shambhala that really works, it is not going to be composed of the usual kind of prejudice and pretense that both traditional followers and New Age zealots indulge themselves in.  It will not be a new cult ashram cluster fuck of ignorant, lazy assholes. It will not be a mere hangover from Rajneesh in Poona or Aurobindo in Pondicherry.  Nor will it be connected with the latest projects of the Sufis building their “Powerhouses” in various countries to spread Islamic identifying methods of supposed self-development in various indoctrinated groups of idiots.

正直に働き、ニューシャンバラとして在るようになれば、伝統的な信者とニューエイジ狂信者の両者が没頭するような通常の種類の偏見と偽りはなくなるでしょう。

それは、無知で、怠惰な新カルトアシュラムの集団セックスでありません。

それは、プーナのラジニーシ、あるいはポンディチェリーのオーロビンドのただの遺物でありません。

そして、様々な白痴の洗脳集団の自己開発メソッドを様々な国に広めるために「発電所」を建設しているスーフィーの最新プロジェクトとも関係ありません。

All the world’s religions are evolutionary failures. Putting them all together in some new conglomerate “universal religion” will do nothing whatsoever but create a new target for heedless, foolish everyday society to attack.  Humanity does not want a new religion.  It wants new kinds of shock, pain and suffering.

全世界の宗教は、進化の失敗作です。

皆が協力して新しく複合的な「普遍的宗教」を配置しようとすることなどせず、攻撃のため軽率で愚かな日常的社会の新しい目標をつくります。

人類は、新たな宗教を望みません。

新種の衝撃、痛み、苦しみが欲しいのです。

It is right here that I would hope that you at least have understood my predecessor, Jiddu Krishnamurti. Without that foundation in truly free awareness, we cannot create the next real step together in all this, which certainly is not building new schools for kids.

少なくとも、私の前任者(ジッドゥ・クリシュナムルティ)を理解してくれたら、それでいいのです。

真の自由な認識に基ずくことなくして、我々が共に次の現実の一歩を踏み出すことは出来ません。

もちろん子供達のための新たな学校は建てられません。

Re-thinking our planet here primarily means re-thinking what it means to be a human being.  It is at least a new kind of Existentialism with a Post-modern open-ended Theosophy coupled with Extraterrestrial Communion, though way beyond poor Whitley Strieber.

我々の惑星を再考することは、主に人間である意味を再考するということです。

ホイットリー・ストリーバー{アメリカの作家・UFO研究家}はかなり粗末だけれど、それはポストモダンの制限のない宗教哲学を地球外連合に関連付ける最新の実存主義です。

Do you know why Kalki is also called in Hinduism, the “Final Avatar”?  It is because after this, human beings of the planet Earth need a whole new means of assessment of Divine Help from Beyond Earth.  All the present beliefs about “God” are just not going to make it.  When I look at what your concept of “God” is, I can tell you with an honest and truly cosmic heart that I am not “God” and I would never want to be your stupid “God”.  Fuck it with that shit!  The same goes for “Second Christ”, “Maitreya Buddha” and the “Mahdi” of the Shiites.  It’s all deluded crap!

あなたは、なぜカルキがヒンドゥー教で「最終のアヴァター」と呼ばれるかご存知ですか?

それは、今後、地球の人類が地球の彼方からの神の救援に対する評価(意見)を刷新する必要があるからです。

「神」に関する現在の信念のすべてが、それを必要とするというわけではありません。

私があなたの「神」の概念を見るならば、私は「神」ではないし、あなたの馬鹿げた「神」でありたくないというのが嘘偽りない正直な気持ち(宇宙心)です。

「キリストの再臨」、「マイトレーヤ・ブッダ」、シーア派の「マフディー」についても同じことです。

そのすべてがくだらない惑わしです!

Let’s also get past Mother Meera, Sant Ji Maharaj and Da Free John while we’re at it.  Also goodbye to Sathya Sai Baba and poor old Meher Baba.  Let’s get really burned-out on Personality Cults that just plainly fail to help us where it really counts.

さあ、マザー・ミーラ、サント・ジ・マハラジ、ダ・フリー・ジョンを忘れましょう。

サティア・サイ・ババと年老いたメハー・ババにもお別れしましょう。

個人崇拝が我々の助けにならなかった、意味がなかったことをはっきり自覚しましょう。

I think maybe you should carefully read Hakim Bey’s, T.A.Z., The Temporary Autonomous Zone.  This would help you to comprehend where I am really coming from in all this.  If you could somehow fuse Hakim Bey’s concept of Immediacy with Wei Wu Wei’s idea of Am This Here Now and Paramahansa Yogananda’s Kriya Yoga combined with John W. Weilgart’s AUI, The Language of Space, you might get some slight comprehension of what a Kalki Avatar sort of trip should really be like.  But I doubt you’ve got it in you.  It’s too much for your uptight everyday normal self.

ハキム・ベイ{批評、思想家}のT.A.Z.(Temporary Autonomous Zone・・・一時的自立領域)を念入りに読んだほうがいいかもしれません。

これは、私が述べている事柄をよく理解する助けとなります。

どうにか、ハキム・ベイの即時性という概念をAm This Here NowというWei Wu Wei{タオイスト}の考えと融合、およびパラマハンサ・ヨガナンダのクリヤ・ヨガをJohn W. WeilgartのAUI、The Language of Spaceと結合できるならば、カルキアヴァターが実際は何であるのかということが少しわかるかもしれません。

しかし、それを読みこなせるか疑いがあります。

それは、あなたの張り詰めた日常の身には多すぎます。

The planet Earth cannot presently handle the presence of a genuine Cosmic Human Being.  Most people cannot even grasp Robert Anton Wilson’s, The New Inquisition, which is kindergarten stuff in My World.  So, let’s really get back to basics with something like Nisargadatta’s, I Am That.  Even if you are too ignorant and uneducated to “re-think the planet Earth”, you could at least re-think yourself.  Nisargadatta might help you do that.  But you will have to do some mighty intelligent sustained inquiry on the theme of the actually direct inner meaning of “I Am”, which will not be easy in your present fucked-up way of life.

この惑星地球は、現在、本物の宇宙人に接触できません。

大部分の人々はロバート・アントン・ウィルソン{アメリカのSF作家}のThe New Inquisitionを理解することさえできない幼稚園児です。

では、ニサルガダッタのI Am Thatのような基礎的なものに戻りましょう。

たとえ「惑星地球を再考する」にはあまりに無知で無教養であるとしても、少なくとも自分自身を再考することは可能です。

ニサルガダッタは、その助けになるかもしれません。

しかし、「I Am」の本当の意味を内側で直知するために理知的な調査を継続しなければなりません。

それはあなたの現在の慌しい生活様式において容易ではありません。

If you still believe there is hope for everyday normal humanity, try Marilyn Ferguson’s, The Aquarian Conspiracy, which is pre-requisite New Age thinking.  And good luck to you.

あなたが、まだありふれた通常の人類に期待して信じているならば、マリリン・ファーガソンのThe Aquarian Conspiracy(アクエリアン革命)を読んでみて下さい。

それはニューエイジ思想に必須です。あなたの幸運を祈ります。

Now, if nothing so far is really on your beat, you could be one of those peculiar people who read Carlos Castaneda books with the ridiculous notion that you are on the verge of becoming a free-lance Nagual Sorcerer or a real Cosmic Shaman Voidwalker.  In such a case, one has to ask you why-in-the-fuck you are reading Rudra Chakrin articles (?!).

現在、ここまでで、まったく何も響いていないのであれば、フリーランスの呪術師あるいは本当の宇宙的シャーマンになろうという馬鹿げた思い付きでカルロス・カスタネダの本を読む奇妙な人々の1人である可能性があります。

そのような場合、私はあなたに何故ルドラ・チャクリンの記事を読んでいるのかと尋ねなければなりません(?!)。

We could at this point turn further East to such domains as Vajrayana Buddhism of Tibet or the Taoist Immortality tradition; both of which I am personally quite experienced in, though I would not want to advertise it. Anyone working along such lines could easily get closer to me if they had a truly Cosmic Perspective and could work with Cosmic Mantra, but this is highly unlikely. Even Westerners into Chögyam Trungpa or Charles Luk cannot cope with required readings of Carlos Castaneda and Rajneesh, not to mention Aurobindo and Sat Prem or I.K. Taimni. Their cognitive scope is pathetic. For them, I am a “false” New Buddha or World Teacher who writes put-downs of J. Krishnamurti.

我々は、このポイントを東洋にある道教の不死の伝説や仏教の密教のような領域へ向けることができます;私は個人的に両方ともに習熟していますが、それを公示しようとは思いません。

もし真の宇宙的観点を持ち、宇宙のマントラとともに働くことができるなら、そのような領域で働いている誰もが私とすぐ親密になれます。

しかし、これは非常に稀です。

西洋人に教えを説いたチョギャム・トゥルンパやCharles Luk{中国の禅、道教の指導者}でさえ、カルロス・カスタネダとラジニーシの本の人気に対抗することができません。

オーロビンド、サット・プレム、I.K.Taimni{インドの教師(神智学など)}については言及するまでもありません。

彼らの認識範囲は哀れなものです。

彼らにとって、私はJ.クリシュナムルティの辱めることを記す「偽りの」ニューブッダあるいは世界教師です。

Do you want to know (A) what is really going on? and (B) what is really possible for you? Well, it should be obvious at this point that there are still a lot of significant books you have yet to read and understand to get you out of the stupid cognitive pattern that presently dominates your pathetic, undeveloped human brain. As you are, you are hardly better off than the esoterically incapable idiots who try to make it happen through the “Gurdjieff Work” or something like Oscar Ichazo’s Arica Institute or whatever it is called lately. Or maybe you think you will get it through Elizabeth Jenkins’ “Initiations” in Peru. Or maybe you just want to move your home near to where people wait for Ramtha to take them away to Andromeda in a Ship of Light. Hope springs eternal.

あなたは、(A)本当に続きを知りたいですか?
そして(B)あなたにとって実際できることが何かを知りたいですか?

さて、未発達な人間脳を支配する馬鹿げた認識パターンから抜け出すための理解、およびあなたのまだ読んでいない多くの意味ありげな本についてここで明らかにしておくべきでしょう。

あなたにとっては、それを「グルジェフ・ワーク」またはオスカー・イチャーソのアリカ学院のようなもの(あるいは最近のどんなものであれ)を通して生じさせようとするのは、まずうまくいかないでしょう。

あるいは、ペルーでエリザベス・ジェンキンズの「イニシエーション」を通してそれを得ようと考えるかもしれません。

あるいは、ラムサが光の宇宙船でアンドロメダに連れ去るのを待つ人々の近くに引っ越すだけかもしれません。

希望は、際限なく浮かびます。

Fortunately, there is real hope, but not for the prejudiced or pretentious would-be spiritual leaders of our present Apocalyptic Earth. It requires a real shift of your present pseudo-spiritual Social Self into your Cosmic Self. This means you will really have to snap out of it about “Changing the World” or “helping others”. Your social ambitions and self-importance will really have to stop now. How can there be “hope for a better World” when the absurd Italians cannot even get the rubbish collected in Naples? Those are the same people who got a visit from “Angels in Starships” for fuck sake. Think about it. And while you’re at it, re-think everything.

幸いにも、本当の希望があります。

現在の黙示録的な地球の偏見を持った(あるいは自惚れた)霊的指導者はさておき。

それは、現在の社会的自己(偽りの霊性)が宇宙的自己へ実際にシフトする必要があります。

これは、あなたが「世界を変える」、あるいは「他を助ける」ことから抜け出す必要があることを意味します。

あなたの社会的野心と自惚れが、ただちに止む必要があります。

ナポリで不合理なイタリア人がゴミを収集することさえ出来ないというのに、どうすれば「より良い世界に対する望み」を持てますか?

それらは、「宇宙船の天使」から交配目的で訪問をうけた人々と同様です。

それについて考えてみて下さい。あらゆるものを再考して下さい。

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

128  127  126  125  124  123  122  121  120  119  118 
神話 ○○とディクシャの微妙な関係
忍者ブログ [PR]