忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
04

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

同姓同名のビジェイクマール氏によるQ&Aです。
やはり、間違われることがあるということが判明しました。

神話のカルキアヴァターのことをバグワンカルキと
言っているので、混同するのも無理はないのですが、
確かに記事を読めば、別人物であることは理解できます。

顔写真を掲載しているのも、誤解を避けるためかもしれません。

記事の内容をみると、カルキアヴァターが
本当にやってくると信じているかのようですが・・・。

----------------------------------------
www.vijaykumar.org/Kalki-Avatar/Vijay-Kumar-Bhagwan-Kalki.html

Vijay Kumar Bhagwan Kalki
ビジェイクマール バグワンカルキ

Query: Vijay Kumar Bhagwan Kalki... Why I do I get the feeling you are phony? I cannot subscribe to the idea that India is somehow more sacred or spiritual than other lands. In my opinion there is something evil about India. Hindus believe more in astrologers and charlatans like you then they do in God. About 80 % of the population, the Shudras have been discriminated against in the name of caste. The other greatest evil is the belief in nonsensical sciences like astrology and Vaastu. The whole country is exploding with people and you get excrement and cattle and rabid dogs everywhere.

質問: ビジェイクマールバグワンカルキ・・・

なぜ、私はあなたが偽者であると思うのか?

私はインドが他国より神聖あるいは霊的であるという意見に同意できません。

私の考えでは、インドにまつわる邪悪なものがあります。

ヒンドゥー教徒はあなたのような神を謳うペテン師と占星術師を信頼します。

カーストの名において人口の80%がシュードラとして差別されてきました。

その他の最大の害悪は、占星術と風水のような非常識な科学に対する信仰です。

全国の至る所であなたの飼っている狂犬、凶牛が糞尿を撒き散らしています。

You see perfect orderliness and discipline in western countries at bus stops and malls and just about everywhere. Even China when compared to India is far more advanced. By advanced I mean the people have more character and are not as corrupt as the people in this country. India is the most evil place on earth except maybe Africa where millions of people are killed simply because they belong to a different tribe or ethnic group. In India too we witnessed recently the massacre of Christians in Orissa and Muslims in Gujarat. Those who were responsible for these heinous acts have been rewarded by the people at the polls by being re-elected with thumping majorities.

西洋諸国に完全な秩序と規律を見ることができます。

どこにでもバス停と商店街があります。

中国でさえインドに比べて遥かに進んでいます。

進んでいるという意味はつまり、人々にはより性格が豊かであり、この国の人々ほど腐敗していません。

インドは単に彼らが異なる部族または人種集団に属しているので(何百万人も亡くなるアフリカを除き)この世で最も有害な場所かもしれません。

インドでは、最近グジャラートのイスラム教徒、オリッサのキリスト教徒の大虐殺を目撃しました。

これらの極悪な行為に対して責任があった人が選挙で人々から支持を得て再選しているのです。

Today all you need to do to gain acceptance among the people is to kill a few people belonging to the minorities in India . So far none of the perpetrators have been brought to book. As Kalki what have you done? Have you spoken out against any of the atrocities taking place in this country. You know you are not Kalki, you are just Vijay Kumar a charlatan fooling people like all the other corrupt Indians.

今日、あなたが人々に受け入れられるために行う必要があるすべては、インドで少数派に属する何人かをつぶすことです。

それは書物に記されてきた悪事を働く者がいなくなるということです。

あなたはカルキとして何をしてきましたか?

あなたは、この国で起きたどんな残酷なものに対しても反対意見を述べました。

あなたはカルキではありません、あなたはインドの人々を堕落させる詐欺師ビジェイクマールにすぎません。


Vijay Kumar: What makes you feel I am Bhagwan Kalki? Nowhere on my website have I ever declared that I am Bhagwan Kalki? How can I be! I am but a puny instrument of God... Vijay Kumar... the man who realized God in 1993! Do not equate me with the vijay kumar who advocates giving diksha and enlightening 60,000 people.

ビジェイクマール: 私をバグワンカルキだと思うのは何でですか?

私はこれまでにウェブサイトで、自分がバグワンカルキであるとはどこにも宣言していませんが?

どうして私が宣言できるでしょうか!

私は神のちっぽけな道具でしかありません。

ディクシャを与えて6万人を悟らせることを唱道するビジェイクマールと私を同一視しないでください。

I am Vijay Kumar ... The man who realized God in 1993... Managing Trustee of a non-profit organization World Wide Center for Self-Realization! Having reached the stage of self realization in 1993... The wisdom contained in the Sacred Bhagavad Gita of Hinduism... having become like ABCD to me... I am simply imparting wisdom to serious seekers of spirituality through the medium of Internet!

私は、1993年に神を悟ったビジェイクマールです。

自己実現のための非営利団体ワールドワイドセンター運営者です!

1993年に自己実現の時期に至ったのです。

ヒンドゥー教の聖典バガヴァッドギーターに含まれる知恵が容易に理解できるようになりました。

私は、単にインターネットを通じて真剣な探求者に知恵を伝えています!

If India is non spiritual from your standards... if India is literate... if India is disorganized... all owes its existence to our karma that we do not perform! We keep waiting for someone like Bhagwan Kalki to come and put things in order! For whatever India is... are not all citizens of India to blame! We do not participate... indulge in our karma all the while desiring other people to perform their karma... such things can never be!

インドがあなたの基準で霊的でないならば、明晰でないならば、混乱しているならば、すべては、我々が果たしていないカルマによります!

我々は、バグワンカルキのような誰かが来て、物事を整えるのを待望します!

インドの何もかもが、インド国民すべてに責任があるというわけではありません!

我々は、関与しません。

他者が各自のカルマを果たすことを願いつつ、自分のカルマに集中して下さい。

そのような物事が、2度と起こらないためにも!

What merits you in putting this query? Are you not equally to blame for the present condition of India? If every single individual indulges in ones karma, India would become super power that very moment! In the largest democracy we call India... everyone keeps waiting for someone to come and put their house in order!

この質問をすることであなたに何のメリットがあるのですか?

あなたは、インドの現状に対して等しく責任があるのではありませんか?

すべての個人がカルマに集中するならば、インドはすぐに超大国になるでしょう!

インドと言う最大の民主主義国では誰もが、彼らの家を整えに到来する誰かを待望しています!

Every single predicament rose from the fact that we did not perform our karma as it was meant to be! JRD Tata... Mahatma Gandhi, Lal Bahadur Shastri... all were one... single individual's... who changed the destiny of mankind! All these individuals performed their karma at its best. It is altogether a different matter that the philosophy of ahimsa (non violence) practiced by Mahatma Gandhi in the field of politics was an absolute failure.

すべての苦境は我々がなすべきカルマを果たさなかったという事実に起因します!

JRDタタ、マハトマガンジー、L・シャストリ・・・

単一の個人が人類の運命を変えました!

これらすべての個人は、彼らのカルマを果たすことに最善を尽くしました。

政治の分野でマハトマガンジーによって実践されたアヒンサ(非暴力)の哲学が完全な失敗であったことは全く異なる問題です。

Bullets simply cannot be won by practicing ahimsa! Bullets must be answered by bullets. In the present times... the war simply cannot be won by swords and arrows! In the age of atomic weapons... an upgradation to the latest weaponry is necessitated! The present state of inactivity existing in India directly resulted from the practice of ahimsa (non violence) by Mahatma Gandhi.

単に非暴力を実践するだけでは銃弾には勝てません!

銃弾には、銃弾で応じる必要があります。

現時点で剣と弓矢だけでは戦争に勝つことはできません!

核兵器の時代では、最新兵器へのアップグレードが必要とされます!

インドに在る怠惰の現状は、マハトマガンジーによるアヒンサ(非暴力)の実践から直に生じました。

In the field of spirituality... ahimsa (non violence) plays a vital role... but not in the field of politics! The two... ahimsa and politics can never be clubbed together. From the times of Gautama Buddha... the practice of ahimsa (non violence), considering the world full of sufferings was a misnomer. Gautama Buddha was wrong... the world is not full of sufferings!

霊的な分野ではアヒンサ(非暴力)は、不可欠な役割を演じます。

しかし、政治の分野ではそうではありません!

2番目に・・・非暴力と政治は、協調することがありえません。

ゴータマブッダの時代から・・・

アヒンサ(非暴力)の実践は、世界が苦しみに満ちていると見なす誤りです。

ゴータマブッダは誤解していました。世界は、苦しみに満ちていません!

Both sufferings and happiness have their role in the cosmic journey of life. It is sufferings that shape a human being. When experiencing happiness... human beings never remember God. God Almighty is remembered only during sufferings. Until someone dies... until we suffer... we do not tend to remember God! Only serious seekers of spirituality remember God while experiencing happiness!

苦しみと幸せには、生命の宇宙の旅において役割があります。

それは、人間を形づくる苦しみです。

幸せを経験するとき、人間は神を思うことがありません。

苦しい間だけ神を思います。

誰かが亡くなるまで、苦しくなるまで、我々は、神を思う傾向がありません!

幸せを経験している間に神を思うのは、真剣な霊性探求者だけです!

It is easy to blame people... but who blames self! Who has stopped us from taking responsibilities... if we fear owning responsibilities... we do not have the right to criticize one! Every human being on Mother Earth... rather every living being has limitations! Whatever be the doings... the karma of one... we have to bear by that!

人々を非難することは簡単です。

しかし、誰が自身を非難しますか!

誰が、責任を引き受けるのを押しとどめますか。

我々が責任を持つことを恐れるならば、我々には他人を批判する権利がありません!

地球上のあらゆる人間・・・むしろ、あらゆる生きとし生けるものには限界があります!

何であれ行為には、カルマが伴います。

我々は、それを負わねばなりません!

In the present Kali Yuga... the metal age... it is so easy to criticize people! You never ventured into depth... you never cared to read the material available. You took for granted that Vijay Kumar ... The man who realized God in 1993 is the same as vijay kumar who advocates giving diksha and enlightening 60,000 people... from the Oneness University, The Global Oneness Community based in Golden City, India.

現在のカリユガ(鉄の時代)では、人々を批判するのはとても簡単です!

あなたは決して深く調べませんでした・・・

あなたは、利用可能な資料を読もうとしませんでした。

あなたは私(1993年に神を悟った男)を、インドのゴールデンシティに拠点を置くワンネスユニヴァーシティ(グローバルワンネスコミュニティー)でディクシャを与えて6万人を悟らせると主唱するビジェイクマールと混同しています。

... the prime reason why our soul atman has manifested the human form... the human body... to work out its karma... cleanse itself of the dross impurities within! The moment all impurities dross within the soul atman removed... the liberated soul atman enters the kingdom of God (aka Vaikunth in Hinduism).

私たちの魂(アートマン)が人間の形態(人体)を表した主な理由は、それ自身の穢れを浄めてカルマを解消するためです。

魂からすべての不純物が取り除かれた瞬間、解放された魂は神の国に入ります(ヒンドゥーでは通称Vaikunth)。

Ignorance in spiritual matters is different from ignorance in worldly affairs. If the law and order situation in India is worse... if you find Modi... the Chief Minister of Gujarat... a true Hindu, ordering action against Muslims for the train carnage being wrong... what more can you expect in a Hindu country!

霊的な事柄での無知は世俗での無知とは異なります。

もし、インドの法と規律の状況が深刻ならば・・・

真のヒンドゥー教徒であるModi(グジャラートの副大臣)をご存知でしょうか(不当な列車大虐殺に対してイスラム教徒に反対を命じた)。

あなたはヒンドゥーの国でさらに何を予想できますか!?

Go and spend some time in Pakistan... you would forget forever the rhetoric you presently harp upon! In a Hindu kingdom... in a country where Hinduism is practiced at its best... how dare people who praise Pakistan day and night... burn Hindus in railway bogeys without any cause! Democracy does not mean taking law into hands!

いつかパキスタンへ行って過ごしてみて下さい。

あなたは、今のハープを鳴らすような雄弁術を永遠に忘れるでしょう!

ヒンドゥー国では、昼夜パキスタンを称賛する人々がどれだけいることか。

どんな理由もなく、列車でヒンドゥー教徒を燃やします!

民主主義は、法を手にしていることを意味しません!

All Muslims living in India must behave like Indian Muslims... not like a pro praising Pakistan all the time! The feeling of brotherhood amongst Hindus and Muslims that has always been the mainstay of Indian culture... must be practiced with sincerity and absolute truthfulness! Practicing treachery in the name of jihad is not acceptable.

インドで暮らすイスラム教徒のすべてが、絶えずパキスタンを称賛(支持)しているイスラム教徒のふりをしなければなりません!

インド文化の要であるヒンドゥー教徒とイスラム教徒の間で、絶対的な真実と誠実さをもって親交の雰囲気を生み出す必要があります!

聖戦の名にかけて反逆行為を訓練するのは許容できません。

India has long practiced ahimsa (non violence)... time has come for every Hindu to lift arms... to put the right people on the seats of authority! The whole world awaits the coming of Bhagwan Kalki... an Avatar of the era (God manifest in human form)... an able administrator history of the world has ever witnessed... a Chanakya of the present times!

インドは長い間、アヒンサ(非暴力)を実践しています。

権威の座にふさわしい人物を置くためにすべてのヒンドゥー教徒が手を上げる時が到来します!

全世界は時代のアヴァター(人間の形態における神の顕現)バグワンカルキを待望しています!

かつて、世界の歴史において有能な統治者(現在のChanakya)が証言しました。

Bhagwan Kalki would be a one-man show... but do we really think a single human being can achieve this feat! Yes... but he definitely would require an army of trusted lieutenants... those willing to lay their lives for the sake of their country! The blood of the innocent would be spilt... but for a noble cause!

バグワンカルキはで1人の男として現れるでしょうが、1人の人間がこの偉業を達成できると本当に思いますか!? 可能です。

しかし彼が腹心の部下の群を必要とすることは確かです。

国の利益のために人生を賭けても構わないと思っている人々です!

高貴な目的のために純潔な人の血が流されるでしょう!

If India follows the Westminster system of governance... nothing is wrong with that! But in the given circumstances it becomes the onus of citizens of India to choose the best parliamentarians amongst the whole lot. If we fail in our duties to select the right people... it is a failure of the masses at large... none else than Indians are to blame!

インドが議会政治体制に従うならば、何も問題はありません!

しかし、特定の状況では、全体から最適な議員を選ぶのはインド国民の重荷になります。

私たちがふさわしい人物を選出する義務でしくじるならば、それはインド人の責任でしかありません!

Venting their anger against the present chaos does not mean anything... who cares! World over... the situation is same! America is on the brink of collapse... the superpower number one of the world is on the brink of collapse! In the circumstances... none other than the citizens of United States of America are to blame!

現在の混沌に対して怒りを感じるということは、無関心ではないということです!

世界中が同様の状況です!

アメリカは崩壊の瀬戸際にあります。

世界の超大国ナンバーワンが崩壊寸前です!

この状況はアメリカ国民の責任でしかありません!

Capitalism primarily survives on making poor countries poorer! This theory has been proved correct by some eminent economists in their writings. For a few decades or centuries... capitalism may hold good but what when the poorer countries awake! This is exactly what is happening now... most poor countries have realized their folly!

資本主義は主として貧困国をより貧しくさせることで存続します!

この理論の正当性はある著名な経済学者の論文で証明されました。

しかし、数十年間あるいは何世紀も、資本主義が有効であるかもしれないならば、貧困国が目覚めるしかありません!

これは、まさに現在起きていることです。

ほとんどの貧困国が彼らの愚かさに気が付いています!


Supporting United States of America unilaterally was a big mistake... it cost them dear! Now United States of America will pay for its debt in blood. In the coming world War 3 expected to occur around 2012... Almost 20% population of America is expected to be wiped out!

一方的にアメリカ合衆国を援助することは、大きな過ちでした。

莫大な費用が彼らにかかりました!

現在、アメリカは血でその債務の代償を払おうとしています。

2012年頃に起こると予期されている来たるべき第3次世界大戦において・・・。

アメリカの約20%の人口が一掃されると予測されています!

Wrong policies of the country do not stand scrutiny of time! As per the theory of mass karma... the doctrine of karma... what goes returns back and with fury! If we do good of all... we expect good in return! What if we commit treachery by fleecing others knowingly or unknowingly! United States of America has fleeced most poor countries almost dry!

国民の不当な政策は、時の制裁を回避できません!

大衆のカルマ理論(教義)に従えば、あとになって大きくなって戻ってくるということです!

我々がすべて善を行うならば、善が返ってくることが予想できます!

我々が知ってか知らずか他人を騙して裏切るとしたらどうなるでしょうか!

アメリカは、大部分の萎れかけた貧困国から搾取しました!

At present... mankind is facing the worst period in the history of mankind! Faith amongst each other at its lowest ebb... individual human beings, communities, states and countries are at loggerheads! A remedy is not in making! Only a full scale nuclear war can usher the distorted situation into one of permanence... a Golden period beyond 2014!

現在、人類は人類史上最悪の時期に直面しています!

そのどん底で互いの信仰、個々の人間、共同体、州、国は衝突しています!

開発中の治療薬はありません!

大きなスケールの核戦争だけが、歪んだ状況を永続性のあるものへと先導することが出来ます・・・2014年を越えた黄金時代へ!

Let us not praise those in power... let us also not discriminate those less worthy... the masses... the commoners! Time has come for the commoners to raise their arms... their call for justice is round the corner... for how long Dharma (righteousness) can bear the onslaught of adharma (lawlessness). Every single human being with a sunny disposition, thinking positive all the time need working hard... for the situation world over changing for betterment.

権力者を賞賛しないようにしましょう。

それらにふさわしくない人、大衆、一般人といった差別もしないようにしましょう!

時は、彼らの手を引き上げるために、普通の人を迎えに来ます。

正義の呼びかけは、もうそこまで迫っています。

いかに長期であっても、ダルマ(公正さ)はアダルマ(無秩序)の猛攻撃に耐えることが出来ます。

明るい気質の人々は、この世界中の状況を改善、変更するために、いつでも積極的に一生懸命働く必要があると考えます。


PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
03 2017/04 05
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

132  131  130  129  128  127  126  125  124  123  122 
もう1人の男.3 もう1人の男
忍者ブログ [PR]