忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

もはや、こうした指摘をするまでも無いような気もしますが・・・

OUの計画では、2012年までに、まず6万数千人を完全に悟らせて、
その6万数千人の人々が、完成したワンネステンプルで
入れ替わりで瞑想すれば(8千人収容で交代制)、
瞬く間に全世界に悟りが波及するという話であったと思います。
(何も知らない人が勝手に悟ってしまうと主張していた)

この瞑想というのが、いわゆるコズミックビーイング(トランス状態)
の状態になってということだったと記憶しています。

ところが、2012年のうちに全人類を悟らせるという広大な話は
2035年までには大抵の人が・・・とシナリオ変更されていることが
最近の発言で明らかにされています。

すなわち、黄金時代も2035年に先延ばしという訳です。

2012年に何も起きないことを想定しての布石ともみてとれます。

更には、以前このブログの記事でも言及されていた
マヤ暦の研究者カール・ヨハン・コールマン氏の情報が、
カルキバガヴァンにとっての情報源であったことが判明しました。

フレディー・ニールセン氏の情報によれば、2002年になって
コールマン氏がOUを訪問してカルキバガヴァンと面会した。
その後ワンネスユニヴァーシティというネームを思いついたとあります。

他にもアルジュナ・アルダー氏などがアドヴァイザーとして
関わっているので下手なことは言わなくなってくるだろうと
予想されていましたが、そのように進行しているように見えます。
(シュリムルティの変更についても、その一端でしょう)

コールマン氏は2011年10月28日がマヤ暦の終端であると
主張している、でもそれだと2012年説を採用したカルキとは
適合しないことになる?

そう思っていた矢先に新たな情報が・・・

カルキバガヴァンは、本当は2011年の秋にシフトが起こるが、
周囲に合わせて2012年と言っているのだ、と
ギヴァー(トレーナー)達の前で語ったとあります。
 
そして、シフトの情報源の多くをコールマン氏から得ていたというのが
実際のところのようです。
(つまり、コールマン氏と出会ってから彼の論説を採用して、
以前のものから置き換えた。)

ですから、2012年までは動向を見守るつもり(まだ期待してる人)
にとっても、2011年秋が判断の節になるのではないでしょうか?
(およそ1年間が前倒しになるということです)

また、当然の流れとして、今後はこのコールマン氏に注目が
集まることが予想されます(本を買う人が増え、その情報が氾濫する)。

参照リンク:(ディクシャギヴァーのブログ)

plaza.rakuten.co.jp/manaso/diary/201012290000/

plaza.rakuten.co.jp/manaso/diary/201012020000/

以下のブログでマヤ暦とコールマン氏に関して記されています

blog.livedoor.jp/akgoodco1224/archives/1532888.html



PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

135  134  133  132  131  130  129  128  127  126  125 
黄金時代を夢見る時代 2011を迎えて
忍者ブログ [PR]