忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
06

1 2 34 5 6 7 8 9 1011 12 13 14 15 16 1718 19 20 21 22 23 2425 26 27 28 29 30
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

guruphiliac.org
guruphiliac.blogspot.com/2007/05/how-kracki-became-criminal.html

元記事にはシヴァム氏によるVKの伝記{当ブログのコンウェイ・レポートに含む}が転載されていて、それに対する読者のコメントを抜粋しました。
-----------------------------------

At 5/21/2007 2:23 PM, 匿名

I was once deeksha giver. While getting out the cult,... I got a book of UG Krishnamurti, I was amazed of how kalki was just repeating , with exactitude many of UG's talkings. He would just remove all what was related to gurus and godmen's bullshit, that UG used to talk. For any deekshagiver interested in verifying this, go read No way Out of UG K. I totally believe what this man wrote about Kracki.

かつて私はディクシャギヴァーでした。

このカルトを抜けたと同時に・・・UGクリシュナムルティの本を入手しました。

私は、いかにカルキがUGの講話の多くを正確に再演していただけかを知って驚きました。

彼は、グルと神人のたわごとを物語り、UGの話をそっくりまるごと引用するだけです。

ディクシャギヴァーでこれを確かめたい人は、UGクリシュナムルティの「No way Out」を読んでみて下さい。

私はこの男性が記したこと{シヴァム氏によるVKの伝記}を完全に信頼します。

==========================

At 5/21/2007 5:01 PM, 匿名

Kalki does indeed seem like slime. Thanks for posting this informative article. You get a slight look into his humanness and beginnings. I am a J.Krishnamurti lover, and find it disgusting how Kalki is putting down JK. JK saw into him and knew he was a fake and a wannabee. Kalki is a big fraud and deserves to be exposed.

カルキはまるでスライムのようです。

この有益な記事に感謝します。

彼の人間性と起点を垣間見ることが出来ます。

私はJ.クリシュナムルティ愛好者です。

そして、いかにカルキがJKをこきおろしているかを知って胸くそ悪いです。

JKは彼を観察して、彼が野心家で偽者であることを見抜いていました。

カルキは大物詐欺師、晒されて当然です。

==============================

At 5/21/2007 6:28 PM, ドゥルガ

"Decent people like Loganathan, Captain Kumar or Dr. Shankar would probably not dare to discuss their doubts about or suspicions of Vijaykumar publicly; there is always this fear of their own safety and that of their families. In India, it is quite common that Gurus use their thugs, hoodlums and hit-men to orchestrate an accident and kill off people who are critical of them."

「ローガナータン、キャプテン・クマール、シャンカール博士のようなまともな人々は、ヴィジェイクマールに対する彼らの不信や疑惑について公的に議論することは敢行しないでしょう。常に彼ら自身と家族の身の危険がつきまといます。インドでは、グル(導師)が批判的な人々を抹殺するために悪漢、チンピラ、殺し屋を雇って事故を編成することは、ごく一般的です。 」

I am curious how common this actually is. If it is as common as you state, it would probably create quite a scandal in the U.S. if actual evidence could be given. I am also curious how the Indian people distinguish the gurus who are sincere in their teachings from those who use that pedestal for self aggrandizement.

私は、これがどれだけ一般的なのか知りたいです。

もし、この記事で言われるような状況が本当だとすれば、アメリカでかなりの不祥事を起こすでしょう。

私は、自己発展の土台として利用する教えにおいて、インドの人々がどうやって誠実なグルを見分けるかについても知りたいです。

=======================================

At 5/21/2007 9:59 PM, onenessunifarcity

This story is quite frightening in that it shows how easy it is to become a guru and godman in India. Kalki was the first place i landed when i went spiritual. I was regularly surprised (after leaving) when i found that most of what he says is copied from other teachers (such as Ramana) while at the same time, K keeps running them down as not enlightened. K kept saying in all his darshans that Ramana was not enlightened. The only thing original said by K is his 'i and amma are god' line. Kracki hits at the teachers/gurus like JK, Ramana, UG etc. But he does not openly hit at the religious leaders such as Buddha, Christ and Krishna who are very high on his "enlightenment scale".

この物語は、インドでグルおよび神人になることがいかに容易であるかを示している点で実に驚きです。

カルキは、私がスピリチュアルに関わった最初のものでした。

彼の発言が他の教師達(例えばラマナ)からのパクリだと知って、私はたびたび驚かされました(離れた後)。

カルキは彼らが悟っていなかったと貶め続けています。

彼のすべてのダルシャンにおいて、カルキはラマナが悟っていなかったと発言しました。

彼のオリジナルな意見は「私とアンマは神である」というものだけです。

カルキはJK、ラマナ、UGなどの教師/グルを批判します。

しかし、ブッダ、キリスト、クリシュナなどの宗教指導者(彼の「悟りの基準」で高評価)は公で批判しません。

===========================

At 5/21/2007 10:28 PM, 匿名

> I am curious how common this actually is. If it is as common as you state, it would probably create quite a scandal in the U.S. if actual evidence could be given.

> 私は、これがどれだけ一般的なのか興味があります。もし、この記事で言われるような状況が本当だとすれば、アメリカでかなりの不祥事を起こすでしょう。

Yea, it i possible to get away with this if you are a big and powerful guru. and you have political connections/ buy off the local police etc. However, lest you think India is the lawless Wild West, lots of the small time fake gurus do get caught, convicted for their crimes and go to jail - like "Swami" Premananda.

勢力のあるグルであれば逃げ切ることも可能です。

地元の警察などと政治的な繋がり(賄賂)を持ちます。

けれども、インドは無法地帯ではないかと思います。

たくさんの三流どころの偽グルが逮捕されて投獄されています。
「スワミ」プレマナンダのように。

===========================

At 5/22/2007 1:40 AM, 匿名

oh durga ... u are so naive.....
do u think those thinks don't happen in the US...?

「ドゥルガ・・・あなたはとても単純ですね・・・
それらがアメリカで起こらないわけがないでしょう・・・?」

=============================

At 5/22/2007 7:29 AM, Sanjay

Durga said:
I am curious how common this actually is. If it is as common as you state, it would probably create quite a scandal in the U.S. if actual evidence could be given.

ドゥルガのコメント:
> 私は、これがどれだけ一般的なのか知りたいです。もし、この記事で言われるような状況が本当だとすれば、アメリカでかなりの不祥事を起こすでしょう。

Anon said:
Yea, it i possible to get away with this if you are a big and powerful guru. and you have political connections/ buy off the local police etc.

匿名のコメント:
> 勢力のあるグルであれば逃げ切ることも可能です。地元の警察などと政治的な繋がり(賄賂)を持ちます。

I think it is on the exaggerated side. Threat of physical violence is one thing and actual murder is a different thing. How many political connections and police officers someone can buy? If it is something as grave as murder, somewhere, sometime, someone is going to spill the beans. Not to mention the legions of semi-employed small time journalists whose only source of livelihood is the scent of a rumour.

それは誇張された側面だと私は思います。

身体的な暴力の脅しと実際の殺人事件は異なるものです。

どのように警察を買収して政治的つながりを持てるのでしょうか?

それが殺人事件のような重大なものだとすれば、いつか、どこかで、誰かが秘密を漏らすでしょう。

半雇用で生活の懸かった三流記者団が噂を嗅ぎつけることについては言うまでもありません。

For the large part, the big time gurus are not criminals, just megalomaniacs. They may however generate feelings of intense loyalty among their followers. It is better not to cross swords with them. You never know, which disciple decides to take what action against you to prove his loyalty to his master.

大部分の著名なグルは、誇大妄想者や犯罪者ではありません。

しかしながら、彼らは、支持者の中に熱狂者を生じさせるかもしれません。

彼らと言い争いをしないほうがいいでしょう。

弟子たちはマスターに忠誠心を証明するために、あなたに対立する行動をとるということを、あなたはわかっていません。

Durga said:
I am also curious how the Indian people distinguish the gurus who are sincere in their teachings from those who use that pedestal for self angrandizement.

ドゥルガのコメント:
> 私は、自己発展の土台として利用する教えにおいて、インドの人々がどうやって誠実なグルを見分けるかについても知りたいです。

Average Indian does not need guru for spiritual upliftment. Role of an ordinary guru is much less glamorous than big time babas. An ordinary guru is a family counselor, an astrologer and a social facilitator who arranges his client's daughter's marriage or pleads for client's son's employment with his wealthier clients. Mind you, a small time guru is equally in danger of getting physically thrashed if his clients find out him to be a con man.

平均的なインド人は、精神的な向上のためにグルを必要としません。

平凡なグルの役割は、著名なババよりさほど魅力的ではありません。

平凡なグルは、顧客の娘の結婚を準備するか、裕福な顧客の息子の就職を嘆願する顧問、占星術師、社交的な手助けをする人です。

あなたの仰るように、依頼人が彼を詐欺師であると見破ると同時に、三流グルは身体的に打ちのめされる危険にさらされます。

============================

At 5/22/2007 8:25 AM, Durga

"Average Indian does not need guru for spiritual upliftment......Role of an ordinary guru is much less glamorous than big time babas. An ordinary guru is a family counselor, an astrologer and a social facilitator who arranges his client's daughter's marriage or pleads for client's son's employment with his wealthier clients."

「平均的なインド人は、精神的な向上のためにグルを必要としません。平凡なグルの役割は、著名なババよりさほど魅力的ではありません。平凡なグルは、顧客の娘の結婚を準備するか、裕福な顧客の息子の就職を嘆願する顧問、占星術師、社交的な手助けをする人です。あなたの仰るように、依頼人が彼を詐欺師であると見破ると同時に、三流グルは身体的に打ちのめされる危険にさらされます。」

That's interesting sanjay. However, another commentator on this blog has said that lots of Indians are devotees of the big time gurus. Didn't you say that Sem?

サンジェイ、興味深いですね。

しかし、このブログの別のコメントでは、多くのインド人が著名なグルの信者であるとありました。

あなたのコメントでしたか?

anon said: "oh durga ... u are so naive.....
do u think those thinks don't happen in the US...?

匿名のコメント:
「ドゥルガ・・・あなたはとても単純ですね・・・
それらがアメリカで起こらないわけがないでしょう・・・?」

Anon, I don't think it is general practice in the U.S. for gurus to use hitmen to knock off dissenters. the main problem here, which is much more grave than the problem of gurus and enlightenment, is the environmental holocaust which the U.S. and European countries are in a position to address, but criminally go on with business as usual.

匿名さん、私は、グルが反対派を消すために殺し屋を雇うことがアメリカで一般化しているとは思えません。

ここの主な問題であるグルと悟りの問題以上にずっと深刻なのは、アメリカとヨーロッパ諸国で言及される環境破壊です。

しかし、通常通りに働き、やるべきことをやり続けましょう。

===============================

At 5/22/2007 10:47 AM, Sanjay

Durga said:
That's interesting sanjay. However, another commentator on this blog has said that lots of Indians are devotees of the big time gurus. Didn't you say that Sem?

ドゥルガのコメント
> サンジェイ、興味深いですね。しかし、このブログの別のコメントでは、多くのインド人が著名なグルの信者であるとありました。あなたのコメントでしたか?

True. If you have a population of one billion people, even a vanishingly small fraction becomes a huge number. However by and large, big time babas are for westerners and western educated upper-middle class indians. An upper middle class indian will probably be embarassed to acknowledge his allegiance to a traditional non-english speaking non-charismatic family guru. On the other hand, allegiance to an english speaking big time baba is hip and is not considered a source of embarrasment in his social circle.

その通りです。

人口が10億人いるとしたら、ほんのごく一部であれ膨大な数になります。

しかし概して、西洋人と西洋の教養ある上位中産階級のインド人は、著名なババを好みます。

おそらく上位中産階級のインド人は、伝統的な英語を話さない非カリスマ的なファミリーグルに対する忠誠を決まり悪く感じるでしょう。

その一方で、英語を話す著名ババへの忠誠は、社交界で通とみなされ、恥となりません。

======================

At 5/22/2007 10:53 AM,

Gurus active in the US have indeed threatened defectors with harm. People who left Swami Muktananda's Siddha Yoga were harrassed and threatened with facial disfigurement (by acid) and worse if they exposed his sexual exploitation of young women and girls. And former devotees of his successor have been harrassed in less dramatic but more savvy ways that are not easy to document or prove--piles of porn arriving in the mail, false information on credit reports, gossip campaigns, etc. It's almost childish, and seems purely vindictive, since the effect is to increase the defector's disgust with the whole sorry mess.

アメリカで活動的なグルは本当に離反者を脅して危害を加えました。

スワミ・ムクタナンダのシッダヨーガを離れた人々は顔に酸をかけられるという虐待をうけました。

彼の若い女性や少女への性的虐待を暴露するならば、ひどい目に遭います。

彼の後継者の元信者は大掛かりではありませんが、それ以上の嫌がらせをうけてきました。

それを文書化したり、証明することは難しいのですが--メールでポルノを送ってくる、信用報告書の偽情報、ゴシップキャンペーンなどの積み重ねです。

まったくもって幼稚で、悪意があるとしか思えません。

その結果、全体を混乱させるとともに、離反者の嫌悪が増大しました。

============================

At 5/22/2007 12:55 PM, 匿名

I think it is on the exaggerated side. Threat of physical violence is one thing and actual murder is a different thing. How many political connections and police officers someone can buy? If it is something as grave as murder, somewhere, sometime, someone is going to spill the beans.

> それは誇張された側面だと私は思います。身体的な暴力の脅しと実際の殺人事件は異なるものです。どのように警察を買収して政治的つながりを持てるのでしょうか?それが殺人事件のような重大なものだとすれば、いつか、どこかで、誰かが秘密を漏らすでしょう。

Sai Baba has managed to get away with murder; people knows his goondas are involved, just that he has managed to quash all legal action tried against him.

大衆は、サイババがお抱え暴力団を指揮して彼に対するあらゆる訴訟を破棄して逃げ切ったことを知っています。

==========================

At 5/22/2007 6:14 PM, 匿名

Anon said:Sai Baba has managed to get away with murder; people knows his goondas are involved, just that he has managed to quash all legal action tried against him.

匿名のコメント:
> 大衆は、サイババがお抱え暴力団を指揮して彼に対するあらゆる訴訟を破棄して逃げ切ったことを知っています。

I am no fan of Sai baba but there is more here than meets the eyes. How can anyone believe armed intruders to be innocent victims? Despite my personal distaste for this boy-bugger, I would not like to take away his right to be treated innocent until proven guilty.

私はサイババのファンではありませんが、ここには見かけ以上のことが言われています。

武装した侵入者が潔白な犠牲者であることを、いったい誰が信じることが出来るでしょう?

この少年愛者を嫌悪するものの、有罪が証明されるまでは無罪の扱いであるために、私は彼の権利を侵害することは好みません。

==========================

At 5/22/2007 6:42 PM, jody

U.G. and the Kracki are so far apart as to be like a speedy falcon to a huge, lumbering hippo... doing nothing but sitting in the muck while stewing in fraudulently-obtained adoration.

U.Gとカルキとでは俊敏なタカと鈍重なカバほどにかけ離れています・・・

不正に得た崇拝において、何もせず、汗をかきながら糞の中でじっとしています。

============================

At 5/23/2007 4:16 PM, Durga

"Padmavathy is the one person capable of embarrassing or frightening him into submission."

「パッドマヴァティーは、彼をまごつかせたり、脅かして従順にさせることが出来る1人です」

To get back to the original post, the woman deserves some credit for this.

元記事に戻りますが、これについては信用がおけそうですね。
===========================



U.G.クリシュナムルティ 日本語準備サイト
eleutheria.com/ixtlan/ug/

U.G. クリシュナムルティ 「悟りの神秘」
blog.livedoor.jp/u_g_k/


「悟りなんてものはありません」
PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

120  119  118  117  116  115  114  113  112  111  110 
海外の声 5 Non-duality magazine
忍者ブログ [PR]