忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
07

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以下の文章は、OUの教祖K.B(自称アヴァター)が掲げるスローガンである。

我々の目標は終始一貫して「人類を絶対的かつ無条件に自由にする」であった。組織的構造、上下関係、収益活動によってワンネスが多くの人々を束縛することがないようにしよう。
 
                                ↓ 2つの言葉を入れ替えてみると・・・
 

我々の目標は終始一貫して「人類を絶対的かつ無条件に束縛する」であった。組織的構造、上下関係、収益活動によってワンネスが多くの人々を自由にすることがないようにしよう。

どちらの文章も使っている言葉は同じであるが、2語の位置を入れ替えたことで随分と印象が変わるものだ。真実は自分が思い込んでいるものとは真逆だ、という話を聞いたことがあるが、実際そんなものなのかもしれない。

ところで、J.クリシュナムルティの教団解散演説において彼が語った言葉に次のものがあるのだが、これはK.Bのスローガンとそっくりではなかろうか?

「私の関心事はただひとつ、人間を絶対的に、無条件に自由にするということです。」

K.BはJ.クリシュナムルティの創設した学校で中間管理職として働いていたということが旧知の人間によって明かされている。さらにK.Bの教えは他から拝借した寄せ集めであることも元側近、信者が述べていたわけだが。これらを単なる偶然の一致とするには無理があるし、むしろ告発者の証言を裏付けるようなものに思える。

さて、次のような記事を見かけた。

ちょっと待て!カルキのディクシャ
http://ameblo.jp/bhagavan/entry-11055222193.html
この方はディクシャを受けたことはないが、動画を見たことで影響をうけているようだ。
ディクシャを受けたいとは思っていないと言っているし検証中なのかもしれない。

とある瞑想教師を廃業した人の告白
http://blog.mother-e-club.com/?eid=81
この方はFF瞑想の教師をしていた人のようだ。
メソッド、教祖(団体)の違いはあれど、スピリチュアル業界全般に共通の問題はある。
これは団体、メソッドなどの名前を入れ替えたらそのまま当てはまるともいえる。
こうして気がついてからの心情を述べるには勇気がいることだし、好ましく思う。


 
PR
亡くなってから2ヶ月になるが、スティーブ・ジョブズ氏について書かれた記事をいくつか読んでみた。彼については、スタンフォード大学でスピーチしている動画を見たのと、アップルコンピュータの生みの親ということ程度しか知らなかった。

禅から影響をうけていたことについてはどこかで目にしたが、インドにも行ったことがあったと後から知って興味が沸いた。「スティーブジョブズ、インド」などと検索をかけると関連の記事が見つかった。

そうした情報によれば、彼はラムダスの書いた本「ビー・ヒア・ナウ」に触発され、ニームカロリ・ババに会いにインドまでいったが聖者は既に亡くなったあとで会うことが叶わなかったとある。でも別のグルには出会ったみたいだ。パラマハンサ・ヨガナンダの「あるヨギの自叙伝」も十代で手にして感銘をうけているようなので、インドに求めたのはその影響もあったと考えられる(クリヤヨガの道にいってもよかったわけだが?)。

そして、「1カ月で悟りを得られるような場所は見つけられないだろう」と思うに至って帰国したそうだ。LSDを体験したことも書かれているし、当時の彼はインスタント悟りを欲していたのだろう。一緒に旅に出た親友を置き去りにして先に帰国してしまったらしいが、「悪いけど先に帰らしてもらうよ」など挨拶もなしにいなくなってしまったのだろうか?ともかく若い頃にこうした旅をしたことは彼にとって転機ともいえる経験だったように思う(19の頃に1カ月間の旅といわれているが、それっきりだったのか再訪したか不明)。

スピリチュアルに傾倒し、手術を拒んで病状を進行させてしまったのではないかと散々に言われている部分もあるが、自宅近所で禅師に出会って長年の交流があったといわれているので、会いにいっていたスピリチュアリストというのはその禅師であったのかもしれない。ひょっとしたら他にスピリチュアルヒーラー、霊能者などを試していたのかもわからないが禅に傾倒しているような人であれば、そうしたことはなさそうな気もする。

彼に関する記事をいくつか読んでみて、もっともよかったのは彼の妹が兄(彼)を語ったものだった。実際は最初にこの記事を読んだことで、彼に好感を覚えて他の記事を読んだので、後から読んだ記事では負の面も書かれていたりして興味深かった。

彼を知る人それぞれの彼への印象があるだろうし、出会った時期や状況によっても変わってくるのだろう。妹や妻が語る彼と、リストラされた従業員が語る彼とでは別人のように思える話があってもおかしくはない。そして、本人が健在なのか故人なのかによっても変わってくるのだろう。


目にした記事のリンク集

スティーブ・ジョブズの妹モナ・シンプソンの追悼演説

http://longtailworld.blogspot.com/2011/11/sisters-eulogy-for-steve-jobs.html

スティーブ・ジョブズとインド
http://news.indochannel.jp/news/nws0003784.html

ジョブズの師匠(スティーブ・ジョブズそのマインドフルな生き方4)
http://www.kojikuze.com/cn20/jobs4.html

スティーブ・ジョブズ すい臓がん、スピリチュアル、マクロバイオティック
http://1000nichi.blog73.fc2.com/blog-entry-1148.html

ジョブズ半生記 一覧(Vol.1~6)
http://www.gizmodo.jp/mt/mt-search.cgi?blog_id=1&tag=%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%96%E3%82%BA%E5%8D%8A%E7%94%9F&limit=20

スティーブ・ジョブズが愛したヨガナンダ師の本
http://d.hatena.ne.jp/nmomose/20111023/jobs

スティーブ・ジョブズさんとババジ(ヘラカンババジに会ったのではと推測されている)
http://simpleblog.exblog.jp/14812977/

ウィキペディア
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B9%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%
BC%E3%83%96%E3%83%BB%E3%82%B8%E3%83%A7%E3%83%96%E3%82%BA


カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]