忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
05

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スワミ・ヴィベーカーナンダ
「ラージャ・ヨーガ」まえがきより
--------------------------------------------

有史以来、さまざまの異常な現象が人間の間に起こったことが、記録に残っている。

そのような出来事の事実であったことを示す証言は、現代科学のまばゆい光のもとに生きる社会の中にも、不足してはいない。

このような証言の大部分は無知な、迷信的な、または詐欺師的な人々から来ているので信用することが出来ない。

多くの場合、いわゆる奇跡は模倣である。しかし、何を彼らは真似したのか?

それが何であれ、適当な調査もしないで捨ててしまうのは、公正で科学的な心のしるしではない。

うわべだけの科学者は、さまざまの異常な心理現象を説明することが出来ないので、それらの存在を否定しようと努める。

それゆえ彼らは、自分たちの祈りは雲の上に住むある存在または存在たちによって叶えられると信じている人々より、または自分たちの嘆願がそのような存在をして宇宙の進行方向を変えさせるであろうと信じている人々より、責められるべきである。

後者は無知のゆえという、あるいは少なくとも教育の方法が間違っていたのだという、弁解の余地を持っている。

教育が彼らに、そのような存在に依存することを教え、それが彼らの堕落した性質の一部となってしまったのだ。

前者には、そのような弁解の余地はない。

幾千年の間このような現象が研究され、調べられ、そして概括され、人の宗教上の能力の全根底が分析されてきた、その結果が、ラージャ・ヨーガという科学なのである。

ラージャ・ヨーガは、ある現代の科学者たちの許すべからず態度を真似て、説明することの難しい事実の存在を否定するようなことはしない。

それは、迷信的な人々に向かって、優しく、しかしはっきりとした言い方で、奇跡や祈りへの答えや、また信仰の力などは事実として本当にあることだけれど、それらは雲の上の存在や存在たちの行いとするような、迷信的な説明では理解できるものではない、と言って聞かせる。

それは、人間一人ひとりは人類の背後に横たわる知識と力の無限の大海に通じる、一本の管に他ならないのだ、と断言する。

欲望と欠乏は人の内にあり、それを満たす力も人の内にある、と教える。

そしていつ、どこであれ、欲望、欠乏が満たされ、祈りが叶えられたのは、供給がこの無限の倉庫から来たのであって、超自然の存在から来たのではない、と教えている。

超自然の存在という考え方は、ある程度は人の内に活動の力を呼び覚ますだろう。

しかしそれは霊的衰弱をもたらす。

それは恐怖心をもたらす。

それは迷信をもたらす。

それは人は本来弱いものだ、と思う恐ろしい信仰にまで堕落するのだ。・・・

PR
ラマナマハルシがディクシャについて述べていました。
「あるがまままに」 デーヴィッドゴッドマン:編、福間巌:訳、ナチュラルスピリット
第9章より引用

質問者:バガヴァーンはディークシャー(イニシエーション)を授けるのでしょうか?

マハルシ:マウナ(沈黙)は最高の、そして最強のディークシャーである。
これはダクシナームールティによって実践されてきた。

触れること、見ることなどによるイニシエーションは順位の低いものである。

沈黙による伝授はすべての者のハートを変えてしまう。

ダクシナームールティは弟子たちがやってきたとき、沈黙を守った。
これがイニシエーションの最高の形態である。
それはすべての形態を含んでいる。

他のディークシャーは主体-客体という二元性の関係に基づいていなければならない。

まず、主体が伝授するものを発し、それを受け取る客体がいなければならない。

二人がそこにいないかぎり、どうやってひとりが他を見たり、他に触れたりできるだろうか?

沈黙のディークシャーは最も完全なものである。
それは見ること、触れること、教えることを含んでいる。
それはあらゆる方法で個人を浄化し、彼を実在のなかに確立させるだろう。


質問者:恩寵はグルからの贈り物ではないでしょうか?

マハルシ:神、恩寵、グルはみな同義語である。

それらは内在する、永遠なるものである。

真我はすでにわれわれの内側に存在しているのではないだろうか?

それはグルの眼差しによって与えられるようなものだろうか?

もしもグル自身がそう考えていたとしたら、彼はグルと呼ばれるに値しない。

ディークシャーには手で触れる、目で見るといった数多くの伝授があると聖典は述べている。

聖典はまた、グルが火、水、ジャパやマントラを用いた儀式を執り行ない、そのような奇妙な行動がディークシャーだと定義している。

あたかも、グルによって行われるそのような過程を通り抜けて、はじめて弟子が成熟するとでも言うように。(後述は省略)



いわゆるシャクティーパットグルは海外においては、いまだに
結構いるらしく、それらしき動画もUPされています。


中盤から激しい反応する人も見られます。↑




こちらはより激しい様子が見れます↑


www.youtube.com/user/GuruSwamiG
こちらのグルスワミGという人もシャクティーパットグルですが、 動画の数も多くワンネスムーヴメントについて批判的な見解を示しています。
伝授している動画を自ら公開しているのをみると自己PRとしてであり、 生徒を集めたい人であるようにも思えてしまいますが。
ワンネスムーヴメントを離れてこちらのグルにのりかえた人々が、 双方を比較しての体験を語っている動画もありました。

シャクティーパットを施していた国内の団体が問題になったのは誰もが知る事実です。

「幻想の崩壊」 オウムとは何だったのか: シャクティーパットを受ける
(脱会された方のブログです)
ameblo.jp/ommanipemehum/entry-10391475860.html


こちらも話題になりました・・・


カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]