忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

今年2012年にYou tubeに投稿された動画をみた。
アントン・フェルナンドという男性だが、風貌からしてインド人のように見える。
部分的にではあるが動画を訳してみた(所々とばしてあります)。



「Bullshit of Kalki Bhagavan Guru」

(前半は省略)

・・・もちろん彼らは料金を要求する。そう簡単に悟りはやってこない。
コースからコースへと。その都度、金がかかる。

これはいいビジネスモデルだな。

グル・ムーブメント、ニューエージ。たわけが。
スピリチュアル・ムーブメント、2012年にシフトするとほざく。

彼ら(信奉者)は請う。エクスタシーを感じたい。問題の答えを得たい。
まったく自己責任が抜け落ちている。

完全に盲目になってしまう。グルにはまった君は抜け出せなくなっちまうんだ。

内部分裂した後でさえ、いまだにどれだけ多くの人が熱狂的に彼を崇拝していることか。ウソだろ!

もし君がグルを探す人、グルに追従する人、悟りを求める人、マントラを詠唱する人、瞑想する人、涅槃を求める人、祝福を求める人、自覚を求める人であるなら、僕は君にメッセージがある。情報がある。答えがある。

グル崇拝、チャンティングはゴールに連れていってくれない。
では何が連れていってくれるのか?

とてもシンプルな解決がある。「自分をゆるす」
自分をゆるすこと、それは自分を尊ぶことであり、自分に責任を持つことだ。

君はセイントに追従するのか。
カルキ・バガヴァン、サイ・バガヴァン、シュリシュリラビシャンカール・バガヴァン、アンマ・バガヴァン、ハギングセイント・バガヴァン、ディーパックチョプラ・バガヴァン・・・・
君はこれらのバガヴァン、ニューエージ・バガヴァンに愛を求めるのか。
自分の足で立つのか。

このビデオをみた人はラッキーだね。心を開いて何かあたらしいことにトライしてごらんよ。
自分をゆるすことにトライしてみるんだ。
歓迎するよ。こちらがウェブサイトhttp://desteni.org/

たくさんのグルに会う機会があったろうけど、結局たくさんお金を費やしたでしょ。
ここでは金はかからない。自分をゆるすことに金はいらない。無料だよ。
このサイトでは皆、誠実に話り、与えることを試みている。

カルキ・バガヴァンの野郎は決してそうじゃない。
悟りとか至福とかいうが全部インチキだ。
だから一部崩壊したのさ。ムーブメントでは年長者たち(側近の高弟、弟子たち)との間で決裂したでしょ。
当然の流れだよね?

そういうわけで俺は言うんだ。「くそったれ!」って。
バガヴァン・カルキムーブメント。「ふざけんなっ!」
スピリチュアル・ムーブメント。「でたらめだ!」
スピリチュアル。「たわごとだ!」

「リアル」なものを楽しもう。
一緒にどうぞ。ありがとう。



PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

241  240  239  238  237  236  235  234  233  232  231 
2012 リセットかリピートか? See should for oneself
忍者ブログ [PR]