忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
07

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「笑えるスピリチュアル ~知ってるトキはシっている~」というブログの記事、
ミツロウ氏と上江洲氏の対談③と⑥の中でカルキについても語られている。


上江洲氏が海外遠征しているとは知らなかった。現在、日本国内だけでなくフランス、イギリス、上海、ニューヨーク、バンクーバー、ペルーなどでも講演しているという。

ディクシャからの流れで彼のセミナーに参加する人も多くいたと思う。
だからこの対談でもミツロウ氏が尋ねるより先に彼の口からカルキの名前が出た。
いや、カルキとは言っていない、「カルキン」だった。


こうした長時間の対談を公開するという試み自体はいいと思うが、
内容的には「?」な話が散見するというのが私感。

======================
上江洲先生との対談①真のわたしは説明できない
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11401154166.html
上江洲先生との対談②見ている者はたった一人
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11404080843.html
上江洲先生との対談③悟りを得るには
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11404090112.html
上江洲先生との対談④パラレルワールドを選ぶ者は誰か?
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11404096571.html
上江洲先生との対談⑤要点をまとめたら
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11404099529.html
上江洲先生との対談⑥こぼれ話し
http://ameblo.jp/mitsulow/entry-11404104248.html

PR

http://dandomina.blogspot.co.uk/2012/05/corrupt-banking-system.html
(以下、上記URLから転載)

カ ナダがどうして、借金まみれになっていることを不思議に思ったことはありますか?政府がカナダ人に多くの税金を払わせることに不思議に思ったことはありま すか?最も大きな民間銀行の銀行家がより裕福になって、残りの私達がそうではないことを不思議に思ったことはありますか?国全体の借金が8000億ドル以 上もあることに不思議に思ったことはありますか?あるいは、なぜ、私達は一日当たり1.6億ドルの利息を国の借金の金利として支払うのでしょう?これは年間600億ドルです!誰がこの600億ドルを受け取るのだろうと、不思議に思ったことはありますか?

私が見つけたことは、銀行と政府が共謀して、財政的にカナダの人々を奴隷にしているということです。

私がとりあげる三つの重要な点は皆さんの関心を十分に集めて、皆さんがご自身で調査を進めて、政府がカナダの人々に対して行う犯罪行為を止めることにたずさわって下さると希望します。
 
 まず最初にカナダ銀行について簡単に検証します。二つ目に今日の銀行がどのように機能しているかを見てみます。最後に政府に実行を請願することができる実行可能な解決策を提供します。

 
カナダ銀行 (中央銀行)

 カナダの歴史のおいて、ほとんど知られていないGerald Grattan McGeerという人物がいます。彼は法律家で、国会議員、バンクーバー市長を務めました。

 彼のカナダに対する貢献は私達の歴史にとってもっとも偉大な一つです。彼はカナダのお金の創造と管理を唯一行うカナダ銀行の設立を擁護しました。1934年7月3日の設立され、すべてのカナダ人によって所有されていました。

 カナダ銀行のおかげで、1970年代まで、政府が現在私達が持っている銀行制度を導入することを決定するまで、カナダの借金は常に管理可能なレベルに抑えられていました。現在の銀行制度はカナダの人々から略奪するものです。ではどのように略奪をしているのでしょうか?


 
今日の銀行制度はどうなっているか?

 今日、民間銀行と政府がどのように 機能しているかを説明させてください。まず最初に、カナダ政府はお金を民間銀行から借ります。彼らは借金として複利の利子付きでカナダに貸すのです。それから政府は驚異的に増大する財政赤字への利息の支払いのために、カナダ人への毎年、課税額を増やし続けています。その結果はインフレーションで、カナダ人 にとって私達の経済へ費やす本当のお金が減少し、本当のお金は銀行のポケットに詰め込まれるのです。

 同様に政府は貸付金の形で存在して いないお金を貸し出す能力銀行に与えました。銀行があなたに住宅ローンを提供するとき、文字通り「死の誓約」、貸付という意味で、銀行はあなたにお金を渡 すわけではないのです。彼らはコンピューターのキーをクリックして、空気から、偽のお金を作り出すのです。実際には彼らの金庫にはないのです。現在、銀行 は40億ドルの預金しか持っていませんが、1.5兆ドル貸し付けているのです。

  Graham Towersさんを引用します。「毎回必ず、銀行が貸付を行うたびに、新しく預金されたお金として新しい信用が作り出される。大まかに言えば、銀行からの すべての新しいお金は貸付という形態である。貸付とは借金のことだから、現在の制度では、すべてのお金は借金である。」

私が興味を持ったことに、マタイの福音書21章があります。キリストですら、寺院から両替商を追い払ったのです。なぜなら、彼らは通貨を操作していて、人々からお金を盗んでいたからです。

 民間銀行はマタイの福音書21章の両替商のようなものです。彼らはカナダの人々のお金、そして自由を横領し、略奪しているのです。彼らを止める必要があります。


銀行制度はどのように機能するべきか?

悪名高いインタビューでMcGeer氏は Towers氏に尋ねました。「なぜ、政府はお金を創造する権力を民間に手渡し、独占させ、政府は自分でお金を創造できるのに、民間から利息付で借金をして、国を倒産寸前まで追い込んだのですか?」

Towers氏は答えました。「もし、議会が銀行制度の運営形態の変更を望むのであれば、それは明らかに政府の権限内で可能なことです」

言い換えれば、もしカナダ政府が国家のために、お金を必要とするのであれば、彼らは直接カナダ銀行(中央銀行)から借りることができるのです。それから市民は公平な税金をカナダ銀行に返金するのです。この税金のお金は私達の経済インフラへの投入として戻され、最終的には借金はなくなります。経済構造が借金によるお金ではなく、本物のお金が基本になるので、カナダ市民は再び繁栄するでしょう。

ロイヤル銀行のような民間銀行によって所有されている借金についてですが、私達がカナダ銀行(中央銀行)に借金分のお金を印刷させて、彼らに渡します。その後、カナダ銀行の借金を返済するのです。そうです。私達は法的権利としてそうすることができます。


結論

結論として、私達は銀行制度と共謀した政府によって、横領され、略奪され続けていることは12歳カナダ人の私ですら、痛ましいほど明らかなことです。この犯罪を止めるには私達は何をすべきでしょうか?次の世代が銀行家により奴隷にされる借金ベースの経済から自由で開放されるために何をすべきでしょうか?

Margaret Mead氏の引用です。みなさんにこれを思い出してほしいのです。「小さなグループの人々が世界を変えることができるということを決して疑わないでください。実際に、いままで常にそうだったのです。」



以下は原文です。
**********************************************************

 
 
The Corrupt Banking System
By: Victoria Grant
Resurrection Christian Academy
Grade 6
 
 
Have you ever wondered why Canada is in debt?  Have you ever wondered why the government forces Canadians to pay so many taxes? Have you ever wondered why the bankers from the largest private banks are becoming wealthier, and the rest of us are not? Have you ever wondered why the gross national debt is over $800 billion dollars? Or why we are spending $160 million dollars a day on the interest of the national debt? That is $60 billion dollars a year! Have you ever wondered who receives the $60 billion dollars? 
What I have discovered is the banks and the government have colluded to financially enslave the people of Canada.
I will share with you three important points of reference which will hopefully spark enough interest and concern for you to continue the research on your own and to engage your government to stop this criminal act against the people of Canada.
First, we will briefly examine the Bank of Canada.  Second, we will see how the banking system works today.  And lastly, I will offer a viable solution that we can petition our government to implement.
 
The Bank of Canada
 
A very little known figure in Canadian history is Gerald Grattan McGeer.  He was a lawyer, a Member of Parliament and Mayor of Vancouver.
His contribution to Canada is probably one of the greatest in our history.  He championed the creation of the National Bank of Canada whose sole purpose is to create and manage Canada’s money.  It was formed on July 3rd, 1934 and owned by all Canadians.
   
 Until the 1970’s, because of the Bank of Canada, Canada’s national debt was held at a constant manageable level until the government decided to implement what we now have as our modern banking system that is robbing the Canadian people.  So how are they robbing us?
 
How the Banking System Works Today
 
Allow me to explain how our private banks and government work today: first the Canadian government borrows money from the Private Banks.  They then lend the debt based money to Canada, with compounded interest. The government then continues to increase taxation of Canadians, year after year,  in order to pay back the interest on the exponentially growing national debt. What results is inflation, less real money for Canadians to spend into our economy, and the real money being used to pad the pockets of the banks.

As well,  the government gave the banks the ability to lend out money that doesn’t exist in the form of loans. When a bank actually gives you a mortgage, which literally means a ‘death pledge’ or a loan, the banks do not actually give you money.  They click a key on a computer and generate the fake money out of thin air.  They don’t actually have it in their bank vaults.  Presently, the banks only have 4 billion dollars on reserve but they have loaned out over 1.5 Trillion dollars.
To quote Graham Towers, “Each and every time a bank makes a loan a new bank credit is created-new deposits-brand new money. Broadly speaking, all new money comes out of a bank in the form of loans. As loans are debts, then under the present system all money is debt.”
 
What I find interesting is even Jesus in Matthew 21 drove out the money changers in the temple because they were manipulating the currency to steal money from the people.
 The private banks are just like the money changers in Matthew 21, They are defrauding and robbing the people of Canada of their money; thus, their freedom and they need to be stopped.
 
How the Banking System Should Work
 
How should the banking system work?
In an infamous interview Mr. McGeer asked Mr. Towers, “Will you tell me why a government with power to create money should give that power away to a private monopoly, and then borrow that which parliament can create itself, back at interest, to the point of national bankruptcy?”
            
 Mr. Towers replied, “If parliament wants to change the form of operating the banking system, then certainly that is within the power of parliament.”
In other words, if the Canadian government needs money for the country they can borrow the money directly from the Bank of Canada. The people would then pay fair taxes to repay the Bank of Canada; this tax money would in turn get injected back into our economic infrastructure and eventually the debt would be wiped out. Canadians would again prosper with real money as the foundation of our economic structure instead of debt money.
             
 Regarding, the debt money that is owed the private banks such as the Royal Bank, we would simply have the Bank of Canada print the money owing, hand it over to the private banks, and then clear the debt with the Bank of Canada.  And yes, we have the power and lawful right to do so.
 
Conclusion
 
 In conclusion, it has become painfully obvious, even for me, a 12 year old Canadian, that we are being defrauded and robbed by the banking system and a complicit government.  What will we do to stop this crime?  What will we do to ensure that the next generation will live free and clear of the debt based economy that enslaves them to the bankers? 
Margaret Mead said this quote and I hope that all of you remember this “Never doubt that a small group of people can change the world. Indeed, it is the only thing that ever has.”
 
Posted by at

転載終了



インタビュー動画


===============

少女のスピーチ動画は海外ではかなり注目され、マスメディアにも取り上げられているが今のところ日本では報じられていないようだ。

情報は少ないがウィキペディアにも登録されていた。その一部を訳してみた。
http://en.wikipedia.org/wiki/Victoria_Grant

ビクトリア・グラント、カナダ(オンタリオ、ケンブリッジ)在住、2000年生まれ。2012年に、彼女の銀行批判演説が彼女の父、ゼーン・グラントによってYouTubeに投稿された後、インターネット上で有名になった若いカナダ人。

このスピーチはフィラデルフィアのPublic Banking Instituteが開いた会議で記録された。動画(英語バージョン)は、最初の一週間のうちに65,000人が試聴、2012年の9月初めには試聴数およそ700,000まで達している。またスペイン語、ドイツ語、イタリア語など複数の言語に翻訳されている。

ハフィントン・ポストとフォーブスを含む新聞が少女と彼女のスピーチを記事にした。
彼女はロシア・トゥデイ(BBCニュースに次いで米国で最も試聴される海外ニュースチャンネル)にもインタビューされていて、そこでは「チャイルド・エコノミスト」として描写された。

スピーチに関するメディアの取材と討論は、そんなに若いビクトリア・グラントが本当に自分自身で論じているのかどうか疑わしいという事柄に注目したところがあった。

しかし、記事はある程度、要旨すなわち銀行制度についても述べられている。
彼女を賞賛している貨幣改革主義者には、ビル・スティルとエレン・ブラウンが含まれる。

カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]