忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
08

1 2 3 4 56 7 8 9 10 11 1213 14 15 16 17 18 1920 21 22 23 24 25 2627 28 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

以下の記事の前半は、話が見えにくいかもしれませんが、このブログ主に対して反論するメールを送ってくる人物がいたようです。

それと同一人物かわかりませんが、タパスヤダーサと名乗り、ムーヴメントを離れたダーサであることを匂わせつつ、コメントを投稿していた者があったようです。
(ブログ主によれば支離滅裂な内容とのことですが)

後に、その人は複数のハンドルネームを使って投稿していたことなど、真意を語っているかのようなコメントもあったようです。


-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------
http://sunyata.blogsome.com/2007/09/19/in-the-interest-of-the-truth/

September 19, 2007

2007年9月19日

In the interest of the truth

真実のために

I am faced with a readership which wishes to live in darkness and denial of the truth. I get emails regularly denying all the predictions made by the one who calls himself Kalki and Sri Bhagavan. And these are predictions I have heard with these ears from the "holy" orifice of the one who calls himself God. Either the ones leaving comments are dishonest, or perhaps they are new (joined after 2004), or perhaps not informed.

私は、真実を拒絶して暗闇で生きることを願う読者に直面しました。

私は、定期的に、彼自身をカルキおよびシュリ・バガヴァンと名乗る者から全ての予言を否定する電子メールを受けとります。

そして、これらは彼自身を神と名乗る人{カルキ}の「神聖な」穴{口}から私の耳で聞いた予言です。

コメントを残している者は両者とも不正直であるのか、もしくは彼らは新参者(2004年以後に加わった)であるか、情報に通じていないのでしょう。

The best i can do for you hypnotised folks is to remove the pictures of VK from here (done that), and remove my comments on him. My comments and analysis. But in the interest of the truth i CANNOT remove what he himself said in the lawn darshans, and what his dasas said. And how they fleeced us. And how they pressurized us to get more people into this MLM (multi-level marketing) scheme, this spiritual AMWAY.

私が催眠術をかけられた人々にできる最善のことは、ここからVKの写真を取り除いて、彼についての私のコメントを削除することです。私のコメントと分析。

しかし、真実に関して、彼自身が芝生ダルシャンで発言したものとダーサが発言したものを取り除くことは出来ません。

そして、どれだけ彼らは我々から騙し取ったでしょうか。

どれだけ彼らはより大勢をこのMLM(マルチレベルマーケティング)策略、この霊的マルチ商法に入れるよう我々に圧力をかけたでしょうか。

These things happened and are not opinion. No matter how much you scream and shout and defend. The more comments you leave denying the truth, i will highlight  it even more. The predictions of doom are a reality used against us to get more people. The predictions of spreading in the north were spoken in lawn darshans in 2004-5.

これらは意見ではなく、起こったことです。

どんなに多くの問題があろうとも、あなたは騒ぎ立てて、叫んで、擁護します。

それに加えてあなたは真実を否定するコメントを残します。

私はいっそう強調します。

破滅の予言は、より大勢を獲得するために我々に対して使われた事実です。

北部で広まっている予言は、2004~2005年に芝生ダルシャンで語られました。

If you do not know about the above, then you do not know about your so called God. You are in denial or living a lie. Most of the people i came across in the K cult, were really decent people — some in trouble, some in pain of some sort.

あなたが上記について知らないならば、あなたはあなたのいわゆる神を知りません。

あなたは拒絶しています、あるいは偽りを生きています。

私がカルキカルトで知り合った大部分の人々は、本当に親切な人々でした(幾人かは迷惑で、幾人かは苦痛を与える人でした)。

Most people in India are poor and suffering anyway — easy targets for someone promising to alleviate their suffering. First for free. Then for donations and paid darshans (when nothing really happens). And then for getting more and more people in. That's where all these Mahadeekshas and their levels come in. You will NOT get your so-called enlightenment even in Level 3 of the MD. then they will invent some other thing. And keep feeding on your hopes.

インドの大部分の人々は、貧しくて、とにかく苦しんでいます - 彼らの苦しみを和らげると約束している誰かにとって格好の標的。

最初は無料で。

それから寄付金と有料ダルシャンへ(まったく何も起こらないのに)。

それから、ますます多くの人々を入れるために。

それが、マハディクシャとそれらを段階分けしたものです。

あなたは、マハディクシャのレベル3でさえ、いわゆる悟りを得れません。

すると、彼らは幾らか他のものを発明します。

そして、あなたに期待させ続けます。

Those who left the K cult, left not because they got no grace. They left because the true satguru pulled them out, showed them the light. At the right time, God (the Self) rescues us from fake gurus.

カルキカルトを去った人は、彼らが恩寵がなかったから去ったのではありません。

真のサットグルが彼らに光を示し、引き抜いたので彼らは去ったのです。

正しい時に、神(真我)は我々を偽物のグルから救い出します。

But you have to be ready for that. Ready for the truth. Acco to Sri Nisargadatta, when the seeker is sincere, the true Guru comes. The fake guru is a sign of an insincere seeker.

しかし、そのための準備が出来ている必要があります。

真実のために準備してください。

シュリ・ニサルガダッタがそうであったように、探求者が誠実であれば真のグルがやって来ます。

偽物のグルは、不誠実な探求者に対するサインです。

When we were in the K cult, we too were insincere seekers. Wanting boons, and other material gains. Our bhakti was for our own material gain. It is only when you are fit for bhakti for bhakti’s sake, that the real Guru can appear.

我々がカルキカルトにいたとき、我々も不誠実な探求者でした。

物理的な利益、恩恵を欲します。

我々の帰依は、自分自身の物質的な利益のためでした。

本物のグルが現れることができるのは、あなたの準備(帰依心)が出来た時だけです。

It is precisely the grace of the Lord, that has pulled us out of the K cult. Pulled us out of darkness and ignorance. Perhaps the Lord sent us there to see and recognize the farce, so we could be free of it. MAY YOU SEE THE LIGHT, MAY YOU SEE THE TRUTH.

我々をカルキカルトから引き離したこと、それはまさに神の恩寵です。

我々を暗闇と無知から引き離しました。

おそらく、神は茶番劇を見て認識させるために我々をそこに送ったので、それ{認識}によって我々は自由になれるでしょう。

あなたは、光、真実を見るかもしれません。


========================================

PR
コメントをどうぞ。
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

113  112  111  110  109  108  107  106  105  104  103 
チャネリング 海外の声 3
忍者ブログ [PR]