忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
05

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

AOL(略称)というインドのスピリチュアル団体に関係し(7年間)家庭崩壊してしまった人の話が紹介されている記事に対するコメントの1つをピックアップ。

AOLの教祖とOUの教祖(カルキ)は対談したことがあったとか。同業者ともなれば会話も弾んだことだろう。

=========
http://artoflivingfree.blogspot.jp/2010/02/let-me-share-my-painful-story-with.html

 

匿名によるコメント

誠に残念だ。

こうした話を聞くのはこれが2度目。

1度目の話(出来事)は・・・。

親類の1人が「カルキ」セヴァにある種「中毒症状」だった。

彼女は、「カルキバグワン」のために沢山セヴァをしに出かけた。

彼女には旦那と子供達がいた。

ある日、彼女は長時間のセヴァに出かけて、夜になっても戻らなかった。

翌日、深刻な状態で戻ってくると、病院に入院して亡くなった。

不可解な死だった。

なんとも痛ましい。

彼ら自身の生活そっちのけで、こんな組織団体や教祖を心の拠り所にして中毒した挙句に・・・。

こんな悲しい出来事は聞きたくない。

けしからん、耐え難い、やるせない。

かつ同時に我々はこういう事件を防ぐために何も出来ない・・・。

神の化身(アヴァター)がやってくれば、こういうことを止めさせることが出来ると思うんだが。
(もし神がいるのならば・・・。私はそうであることを祈る。)

PR
2012年を締めくくるにあたって、ワンネスムーブメントについて一言つぶやいておこう。

2012年12月21日、マヤ暦の終わりとされていたその日、
インドのワンネスムーブメント本部からメールが届いた。
普段、月に1度ニュースレターが送られてきているが、わざわざ見るまでもない。
メールを一発解除できるようになってもいないし、送ってくれるなというのも面倒なのでそのままにしていた。

しかし一応、この日のメールは確認してみた。

「ミッション完了!」

・・・ということらしい。

目覚めた人のカウントは既に25万人に近い数値で発表されている。

まったく、どうしようもない。
お粗末過ぎる。
だが、そんなもんだろう。

言ったもんがち。
やったもんがち。

何か政治とも似ている。
マニフェスト詐欺。
原発問題で先延ばし、2030年だと言ったり。
さらに政党が代り、すぐに再稼動しようとしている。

教祖カルキも同じ手口だ。
まだまだ信者は気づいていない。
まだまだ今後も稼げるぞ。
暴走は止まらない・・・。
カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]