忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
07

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Q:21日間コースは、どのように始まったのでしたか?

フレディー:それらは18カ月のフルータリアン・プロセスをそのまま延長させたものでした。

探求者は、まず最初にゴールデンシティー(バガヴァンが住んでいる巨大なアーシュラム)の10日間プロセスに参加しなければなりません。

10日間プロセスで悟れなかった人は、絶対確実な21日間プロセスに参加することが出来ました。

しかしながら、21日間プロセスに参加するには、10日間プロセス終了後から最低6カ月間が経過している必要がありました。

2003年10月、アーナンダギリは、ヨーロッパや旧ソビエト連合から探求者を招くことができると電話で私に伝えました。

10日間プロセスの参加費は1000USドルと決定されました。

多数(ほとんどではないにしても)がこの10日間プロセスで悟ることが期待できる、とアーナンダギリは言いました。

彼がそのような重要な情報を与える場合、単にバガヴァンの言葉を繰り返していることを私は知っています。

彼は、どんな重要な決定も独自に判断しなかったはずです。

21日間プロセスで、バガヴァンは、修道僧達に手伝わせ、探求者が完全(元に戻らない)に悟ることを遅らせる全てのカルマとブロックを取り除こうとしました。

バガヴァンが「21日間プロセスで悟り(誰もが確実)を得るために、人々は必ずしもバガヴァンの帰依者である必要はない」と言ったことに私は大いに安心しました。

2004年1月5日に始まることになっていた最初の10日間プロセスの前(1カ月未満)に、アーナンダギリは、私にメールで10日間プロセスが中止になったと言いました。

バガヴァンは、代わりに人々は直接、絶対確実な21日間プロセスに参加すべきであると決めました。

私はアーナンダギリに即答しました。

「こんな間際になってから10日間プロセスが中止になるとすれば、人々は怒ってバガヴァンのムーヴメントについて悪く言うに違いない。

ほとんどの人々が既に往復切符を買ってしまっているし、もし仮にチケットを取り消したとしても大勢はお金を取り戻すことができない。

21日間プロセスに参加するにしても、既に固定された帰航の日付を変えるのは、やっかいだし費用もかかるだろう。」

そして、チケット代金を取り戻すことができた人の大部分(特に貧しいロシア人)には、11日分のコース日程の追加に必要な4000USドルがありませんでした。

帰依者の幾人かは1ヵ月につき100~200ドルの稼ぎしかありませんでした。

そして、彼らはゴールデンシティーを訪れるために長い間節約していました。

彼らが衣食住に1ドルも使わない限り、5000ドルを稼ぐにはしばしば、2~4年かかります。

5~10年間の節約生活を継続して、ようやく5000ドルが捻出できるのです。

彼らが有能であるならば、大部分の旧ソビエトの帰依者は、何はともあれ借金しました。

彼らが完済するのは5~10年かかるかもしれません。

ある者は破産しました。

別の者は、やむなくアパートなどを売るはめになりました。

それが決定された当初、アーナンダギリに10日間プロセスの維持を説得するのは容易でありませんでした。

しかし、私側からの強い押しに負けて、最終的に彼は合意しました。

彼らは2つの異なるキャンパスで同時に10日と21日のコースを平行して開催しました。

バガヴァンは、21日間プロセス参加者の多数を悟ったと認定しました。

しかし私が知る大部分(グループの半数)はまもなくすると意気消沈していました・・・。

彼らがそれぞれの国々に戻った後、誰に不満を訴えたのでしょうか。

彼らは修道僧達とやりとりせず、彼らにコース参加を奮起させた私のところへやって来たのです。

私は、彼らを慰めるために最善を尽くし、とにかくバガヴァンが人類の歴史における最強の神の化身であることを信頼してこの道を放棄しないようにと励ましました。

彼がこのコースであなたに悟りを与えない場合、もう少し苦しみを味わった後、かつてない程の深い状態を準備しているに違いない。

あなたはすごい強力で深いプロセスに年に1度参加し続けてこれた。
2012年までに間違いなくそれがあなたに生じているだろう、と私はしばしば付け加えました。

[この世界の誰もが彼の恩寵によりその時までに悟っているだろうとバガヴァンが言ったように、私は彼らが2012年までに悟ると “ わかっていました ” ]。

人々を慰めるために私が言った全ての言葉に確信があったわけではありませんが、彼らにバガヴァンおよび人類に悟りを与える彼の力に対する信頼を失ってほしくありませんでした。

時々、人々は絶望的になってバガヴァンに激怒することさえありました。

プロセスとバガヴァンの約束に失望させられたために自殺しようとした人もいました。

彼らを落ち着かせて、バガヴァンの悪い噂が広がらないためにも、「精神的な苦しみを通過することはいいことで彼らの途上でまもなく訪れる悟りの助けになる」、といったように誇張する以外の方法が見つかりませんでした。

バガヴァンを信じるならば、それが彼らに利益をもたらす世界で最善のことだと思っていたので、私はそのように言いました。

バガヴァンとアーナンダギリは、悪意のない嘘が必要なこともある、と私に知らせました。

長い目で見れば助けになり、高次の目的に叶う時はいつでも悪意のない嘘を使うことは賢明でありえました。

全人類の究極の悟りより優れた目的などありえたでしょうか?

もし、これらの失望(混乱)した探求者/帰依者がバガヴァンの悪口を言ったならば、人類の悟りに遅れが出るだろう、と私は推論しました。

21日間プロセスの後、かつてなかったほど大勢が深い落ち込みに入りました。

なぜ大多数が深い落ち込みに入ったかという弁明にバガヴァンは大きな概念を導入しました:
“ 魂の闇夜 ”。

「その深みは、あなたが魂の闇夜に入ったということ、いったんバガヴァンが悟りを与えたことで、いっそう深くなっていくだろう。」


Q:これらのプロセスのコインの裏側について幾つかの詳細を示していただけませんか?

フレディー:2004年1月、最初のプロセスが開始されたとき、私はゴールデンシティーにいました。

10日間プロセスのキャンパスで私は生活していました。

自分の家族を含めた100人の参加者と定期的に集まって勇気付けていました。

アネット・カールストロム(西洋においてバガヴァンの布教で最も活動的な成功者の1人)は、特別なプロセスの間もそこにいました。

彼女は、10日間プロセスの間に精神病になった身内の家族を連れてきました。

アネットの家族が暴れていないかどうかを見てから、彼らがバガヴァン(あるいは彼の悪口を言う)を離れないように、私は人々の心配を和らげなければなりませんでした。

レーヒャム・ ディクシャが与えられたあと、プロセスの終わりに彼女は変容しました。

私が彼女と話したとき(彼女の変容の翌日)、彼女は「神と1つになった。いたるところに神をみた。」と言いました。

バガヴァンが「悟りに誘う至高体験」と呼んだもの彼女が体験したのだと私は思いました。

しかし、その翌日、彼女は非常に奇妙な行動を取り始めました。

彼女が発言したことの主旨は、以下の通りでした:
彼女は薬物を投与されました(レーヒャム)、そして、バガヴァンは彼女と他者をマインド・コントロールしていました。

彼女は、皆にこの危険な場所(ゴールデンシティー)を去るよう頼みました。

人々が彼女の話を真にうけなかったとき、彼女はますます怒り、狂暴にさえなりました。

私の知る限りでは、そのプロセス(コース)後の1年、彼女はずっと精神を病んでいました。

これ以前に精神安定剤を飲んだこともなければ、精神病院(心療内科)を訪ねたこともなかったとアネットは私に告げました。

チェンナイ空港の職員達が、すぐにバガヴァンへ苦情を述べました。

21日間プロセス参加後、精神異常の状態で空港にやってきた西洋人達について知りたい、と彼らはゴールデン・シティーに連絡しました。

バガヴァンが修道僧達を通じて、精神異常者が出た場合は空港で同伴(アネットの家族を含む)することを私の友人のアニー(とても落ち着きがあり、心理的にバランスがとれた、スウェーデン人の美人助手)に命じたことを私は知っています。

バガヴァンに関する悪い噂が当局に広まってはならないので。

アニーは空港までずっと、精神異常者に語りかけて彼らを落ち着かせ、空港内で同伴して助けます。

彼女の重要な任務のうちの1つは、彼/彼女(精神異常者)が、バガヴァンのアーシュラムへ行ったことがあり、精神異常が始まったのはバガヴァンあるいは21日間プロセスのためだと口述するのを回避することです。

ヨーロッパでの例を挙げれば、ディクシャをうけた後(短期、単発でさえ)、精神病になった人達がいます。

幾人かは精神病院に入院しなければならなくなり、更には自殺した人もいました。

どれくらいの事例があるのか、私は知りません。


Q:いまだに人々は、ディクシャを受けた後で精神病になっていますか?

フレディー:バガヴァンの帰依者で私に救助依頼してくる人は、まだ時々います。

2日前、あるロシアの男性から電話がかかってきました。

私がこのムーヴメントにいた頃、彼の居住区で開催したディクシャコースのほとんどに彼は参加していました。

たいてい、いつでも彼は多くの初参加者を連れてきました。

彼はムーヴメントに関わり続けていますが、私達はよき友人です。

(2007年)5月、ウクライナで、彼の若い娘がディクシャ合宿に参加しました。

その合宿後、彼女は2週間ほど行方不明になりました。

彼女の両親は彼女を発見できず、たいそう心配しました。

ようやく彼女が家に戻ったとき、夜中4時間しか眠りませんでした;
彼女は早朝に起床するとバガヴァン・ヨガを行って、1日中ムーラ・マントラ(バガヴァンの主要なマントラ)を復唱したりバガヴァンに祈り続けました。

両親が無理強いしようとも、彼女は飲食物を口にしませんでした。

ウクライナの合宿に出発する以前は、彼女自身がありました。

彼女が戻ってきたときは、彼らは彼女を認識することが出来ませんでした。

彼女は話すことを避けて、完全に内向的になっていました。

彼らは、ウクライナでのコースを指揮したディクシャギヴァーに電話をかけて何をしたのか尋ねました。

彼は、いったん始まったプロセスを止めることは難しいだろうと回答しました;
「それは浄化のプロセスで時間を要する」と彼は答えました。

両親は彼女が死んでしまうことを怖れて、幾人か地元のディクシャギヴァーに電話してアドヴァイスを求めました;
彼らは3日後、彼女の家を訪問すると約束しました。

彼女が水分さえ飲まないという差し迫った状況だったので、両親は私にアドヴァイスを求めることに決めたのでした。

ロシアからスウェーデンまで携帯電話をかけるのは、彼らにとって半端なく費用がかかったでしょうけれど。

もし私が彼らであるならば、柔和な口調で、精神病院に入院させなければならないかもしれない、と「彼女をこわがらせる」だろうと両親に話しました。

これは、彼女をアースさせて、幻想世界から連れ出させる望みがあります。

私は、ただちに精神科医に彼女を連れて行き、アドバイスとおそらく薬を得ることを彼らに勧めました。

彼らは、同日、精神科医へ行きました。

その日のうちに娘は家に戻りました。

特に彼女が病院にいたとき、しばしば彼女は繰り返していました; 
“ バガヴァンのところに行かせて。バガヴァンから離さないで ”。

彼らは彼女が洗脳されて、彼女自身を見失っていたのだとわかりました。

その翌日、両親が再び私に電話をかけてきて、「医者の診療をうけた後、薬を服用したら彼女はとてもよくなり、飲食し始めました。」と報告しました。

きっと完全な精神病に追いやられていなかったのがよかったのでしょう。

最も肝心なことは、彼女が飲食し始めて、手が届くところにいたということでした:
彼女は、再び両親と会話をし始めました。

人々が“ディクシャ精神病”になった時、修道僧達とディクシャギヴァー達からの最も一般的アドバイスは、ただバガヴァンを信頼して、その全てを彼に委ねることになっています。

私は、これが助けとなるのを見たことがありません。

いつも私は、誰かがディクシャ精神病にかかるとき、即時の専門家の支援を提案します。

バガヴァンを訪問した或る女性がいます。

彼女はロシア、ヤロスラブリ町の出身です。

ヤロスラブリに戻った直後、彼女は絶えずバガヴァンのムーラマントラを復唱するようになりました。

彼女がムーラマントラを中断するとしても、せいぜいバガヴァンとアンマへの祈り、賛美をするだけでした。

まもなく彼女は、精神的な病気(精神異常)になり、回復するまで何年もかかりました。

急性精神病が消え失せた後に、彼女はワンネスムーヴメントを離れました。

彼女は仕事を失っていたので、もう一度やり直さなければなりませんでした。

人間関係など沢山のものを再建しなければなりませんでした。

バガヴァンへ激しく傾倒して同様の症状になった人々の事例が沢山ありました。

彼らは、バガヴァンに祈る事とマントラを繰り返すこと以外のことを拒否します。

徐々に彼らは仕事を離れ、家族、交友関係などに亀裂が生じてゆきます。

精神病になった少女の両親は、娘が生命の危機に陥っていた時、ムーヴメントの様々なリーダー(国の代表を含む)とディクシャギヴァーから得た支援のお粗末さに驚きました。

私に電話をした後になって(もはや深刻な状態ではなかった)、急に皆が電話をかけてきて支援を申し出始めたとき、彼ら(両親)は同様に驚いていました。

地元のディクシャギヴァー(女性)がようやくやって来たとき、両親は、どうして私(フレディー)がずいぶん前にムーヴメントを離れたことを知らせてくれなかったのか、と彼女に尋ねました。

彼らは、回答を避けているだけでした。

彼らは、直ちに娘を病気にしたバガヴァンから、“ プラグを抜く ” ことに決めました。

彼らは家の至る所に掛けられたバガヴァンの写真を撤廃してムーヴメントを離れました。


Q:始終バガヴァンに祈ったり、ムーラ・マントラを絶え間なく復唱したり、なぜ人々は極端に走るのでしょう?

フレディー:バガヴァンと修道僧達がそれを勧めるからです。

バガヴァンによれば、悟りに向けて早く進むには、いつもムーラ・マントラを復唱(最終的には眠っている間でさえも)することだそうです。

あなたは一日中、彼とアンマについて考えるべきだ、と。

このアプローチは、彼らの人生の全てをバガヴァンに明け渡すよう命じられた、彼に帰依するインド人に広く行われています。

私は、しばしばインドの帰依者が次のように言っているのを耳にしました:
「バガヴァンなしでは私は何もありません、私は死んでいるも同然です」。

たとえそれが多くの人々をアンバランスにするとしても、相当数の西洋のディクシャギヴァー達は類似したアプローチ(或いは幾分より穏やかな)を勧めます。

上記のウクライナのディクシャギヴァーは、彼らのうちの1人です。


Q:いったい何がゴールデン・シティーでのプロセス後、人々を精神病にするのでしょう?

フレディー:多くの理由があるでしょう。

私が伝えられるのは、自分が信頼するものだけです。

バガヴァンと修道僧達はクンダリニー・パワー(内在する強力な生命力)にたくさん働きかけます。

多くの事例が世界中の様々な道に関わる霊的探求者の間でありました(クンダリニーに干渉した故に精神障害(精神病など)になる人々がいた、何人か死者さえ出た)。

人工的にクンダリニーを上げようとすることは非常に危険であると考えられます。

それを行うことで、幸運な場合あなたは、より静かな状態に入るかもしれません、あるいは余り運がない場合、非常に落ち込みます。

あなたが不運であるならば、あなたは精神病になったり、死ぬことさえあります。

一部の専門家は、人工のクンダリニーワークが文字通り(つまりクンダリニーの力)人々を燃やして灰にさせると言いました。

多くの霊的な道と教師達は、どんなクンダリニー・ワークであれ危険な近道であるとみなして警告しています。

私の経験では、人々がプロセスで得るディクシャ(伝授)はクンダリニーに干渉(不正操作)することを含んでいます。

全体の雰囲気は、クンダリニーを上がりやすくするような方法でなされます。

彼らは、クンダリニーを上げるために、複数のマントラ、火の儀式、メディテーションも用います。

初めの9カ月間は、10日間と21日間プロセスにおいて彼らは“ レーヒャム ” を使用しました。

それは実によく、多数の参加者のクンダリニーをロケットのように急上昇させました。


Q:レーヒャムとは何のことですか?

フレディー:レー・ヒムと発声します。

それは体のエネルギーの浄化と調和を図るため、大衆(新生児を含む)に処方されているアーユルヴェーダ(インド伝統医学)の飲み薬(ペースト状)で合法であると、修道僧達はプロセス参加者達に伝えました。

アーユルヴェーダの医師によってレーヒャムを得る赤ん坊は寿命を平均5年増加させるはずだと、バガヴァンは私の面前で言いました。

バガヴァンは、彼がプロセスで使うレーヒャムの特定の種類が、古い秘密のレシピを使用している一族によって作られると私に話しました。

それは、幾つかの特殊な薬草(牛糞を数日間、弱火で煮詰めた)から出来ています。

人々はレーヒャムが基本的に「クソ喰らえ!」であることを知らされることがありませんでした、失礼、「牛糞」でした。

<訳注:bullとcowはどちらも牛を意味するゆえのジョークと思われる>

その味は、描写するのが非常に難しいです。

ある人は、やや不快な後味でまずいイチジクのハーブと描写しました。

マドレーヌと私がレーヒャムを食べた30~60分後に、私達は吐き気を催しました。

この吐き気は、2時間続きました。

私は、週に2回レーヒャムを得ました。

2時間後、突然、レーヒャムについて考えることさえ、極端に不快でした。

合計で、私は6回それを得ました、というか最後の2回は、ほとんど吐きました。

それは悟りのためのディクシャを受けた直後、神聖な雰囲気の中で手渡されました。

〔 ところで、ディクシャという言葉は最近、“ ワンネスブレッシングに変更されましたね!” 〕

多くの参加者がレーヒャムを服用した後に至高体験を得ました。

幾人かは宇宙との一体感、筆舌に尽くし難い恍惚感などを感じました。

しばしば、この状態は3~8時間ほど持続して、それから徐々に消滅しました。

バガヴァンは、21日間プロセスの参加者の幾人がしばらく(しばしば30~60分)死にさえしたが、生き返ったと言いました。

彼は最高のサマディー(ヨーガの恍惚状態)としてこの“死” を説明しました。

ガイド達/修道僧達は21日間コースで、レーヒャムを服用した後、嘔吐している間に修道僧達のほとんどが深い変容を遂げた(バガヴァンはそれを悟りと呼んだ)と言いました。

私には旧ソビエト連邦のポップ・スターの友人がいます。

彼は数年前にLSDと他の麻薬を使っていました。

彼がレーヒャムを飲んだとき、彼は同室の仲間に「この体験はLSD体験にそっくりだ」と語りました。

彼の同室の仲間は、それからはレーヒャムを拒絶しました。

私とマドレーヌが会った人々の中で優れた霊能力を持つ2人の方に私のレーヒャム体験を伝えました。

2人とも驚くべき直観力があります。

彼らの両方がお互いの如何にかかわらず同じことを言いました:
「“ワンネス・ レーヒャム” は麻薬物質(1人は、LSD、エクスタシー、アヤワスカの混合物のように言っていた)です。 」

レーヒャムが何であるか分かりませんが、彼らが21日間プロセスでレーヒャムを使うのを止めたとき、人々はもはやどんな至高体験も得なかったのを私は知っています。

レーヒャムの効果(激しい嘔吐、下痢、嫌悪)について、人々の不満が激しかったことが、それを中止した理由の1つでした。

別の理由は、レーヒャム至高体験が永久的な高い状態(悟り)に転じなかったということでした。

最近、21日間プロセスに参加した新グループが伝えたところでは、バガヴァンはレーヒャムを用いた至高体験のアプローチを使う代わりに、人々が徐々に悟るほうが適切だと感じている、とのことです。


Q:私は一部の人々がバガヴァンによって強力な体験を得たと聞いています。

純粋な意図が欠如している者がこういった状態を与えられるとは私には考えられません。

あなたはどう思いますか?

すなわち、バガヴァンやディクシャによって高次体験を得た人はいるのでしょうか、いないのでしょうか?


フレディー:私は、自分や他人に、バガヴァンやディクシャによる深い体験があったことを否定したことはありません。

私は、自分自身でそれを見て体験しました。

しばらくの間、私はこういった事がどうしたら共存できるのか不思議に思っていました。

一方では、人々が強力な体験を得ていることをよく理解していました。

もう一方では、これらの回答(このインタビュー)で共有した全ての事実についても熟知していました:
過度な約束、歴史の改ざん、事実の否定と他者の恐れを活動基盤としている事。

ロシアでは、なぜ不確実なグル(サイババのような)の帰依者達のように、精神的にグルと繋がることで奇跡と“神聖な”状態を得るのかということに関して広く認められた解説があります。

数多くの霊的教師、尊敬されるヒーラーがこの解説に同意します。

それはロシア語で“イグレガー” と呼ばれます。

“銀行の群れ” (GB)と翻訳することが出来るでしょう。

その要点は次のとおりです:
個々のグループが何か目に見えない神性、あるいは物理的な人物に祈ったり礼拝している時、人々は生命エネルギーを寄与しています。

それは、グルの銀行口座にお金を寄付するようなものです。

例えば:サイババ帰依者達が、より大勢で、より激しく彼に祈って崇拝すれば崇拝するほど、サイババのGBは、より豊かで強大になるでしょう。

奇跡と神聖な状態は純粋な信仰を通じて受け取ることができます。

“あなたは、あなたが信じるものを受け取る”、“信仰は山をも動かす”、これが記述されています。

“プラシーボ効果”はもう1つの強力なツールです。

何のへんてつもない砂糖玉を与えられた患者に、本物の薬を与えられた患者と同じ治療成果があったという、多くの十分な証拠のある実験がありました。

ジョー・ヴィターレ博士は、傷んだ膝を手術した人々(2つのグループ)の実験について説明しました。

グループ♯1では、膝は通常通りの手術が行われました。

グループ♯2の人々は、本当の膝の手術をうけたと考えましたが、事実はそうではありませんでした。

彼らは麻酔をかけられ、実際に手術をしたような跡を付けた偽りの手術をうけただけで、膝の手術は全く行われませんでした。

両グループとも大きな成果がありました。

効果はほぼ同一でした。

霊的権威が神であると主張して、あなたがその人に祈るとき大きな奇跡が起こり始めるとしても、それはプラシーボ効果と(や)、信仰の力によるものである可能性が大いにあります。

これは、何故“偽”グル達(高次の状態に程遠い)が、素晴らしい状態(グルの数百倍)にいる帰依者や支持者を持てるのかの説明になります。

信仰とプラシーボとは別に、不誠実なグルから奇跡を得る人々の理由でありうる他の要因があります:

• 人が心からサイババ(帰依者が奇跡を受けるとき、その人は彼のアーシュラム学校の少年の1人とセックスしているかもしれません)のような不透明なグルに祈願した場合、帰依者がサイババのイメージで神に祈ったとしても、至高の力(神)はその祈りに答えることができます。

もし、あなたが全ての預言者を送った無限の光と信じて祈願するならば、それさえも神は応じます。

心からの信頼でそうしてみることで、あなたは自分自身で確かめられるでしょう。

・更に、私達はGB効果があります:
何千万もの人々がグル(Mr.X)に祈るとともに、この生命エネルギーの全てがグルXのエネルギー銀行を形成します。

グルXは、奇跡の実演のため、帰依者のクンダリニーを上昇させるため、癒しのために、(その銀行から)いつでも“ダウンロード”出来ます。

そのGBはグル専用ではありません。

それぞれの国々でグルXに祈る人々も皆、グルXのGBによって支援されるでしょう。

彼らがグルXに祈るとともに、自動的にグルXのGBに同調し、その銀行からエネルギーやって来て奇跡を起こしたりクンダリニーを上昇させるでしょう。

GBに関する問題は、絶えずあなたを助け続けることが出来ないことです(特に精神的に)。

それは、穴の開いたボートのようです。

この論点はボートが沈むかどうかということでありませんけれども、いつのことやら。

あるGB理論の専門家は、「大部分の人々がディクシャ後 “ 魂の闇夜 " に陥るのは、ディクシャがバガヴァン&アンマのGBを源にしているからである」と私に話しました。

この銀行は、一時的な高揚体験を生み出すのに利用することが出来ます。

それが永遠の源では無いので、ゴムバンド効果のようにすぐに高から低(落ち込み)に転換します。

数千万の帰依者が誠実な献身により定期的にエネルギー供給しているので、バガヴァンのGBは強大になりました。

“ アストラル・コード ” が形成され、このグルはローカルインターネットになりました;
あなたが彼にオンラインする時は、いつでもあなたのエネルギーの一部は彼のGB口座に寄与されます。

多くのディクシャテイカー(ディクシャを受ける人)は、特定のディクシャギヴァーからのディクシャが他のディクシャギヴァーより高成果を引き起こす経験をします。

GB理論の専門家は、次のように説明します。

「一部のディクシャギヴァーは、とても純粋なハートと意図を持っています;
彼らは、心から人々を助けたいのです。
この姿勢は、ディクシャチャンネルを覆う神の源に直接的なチャンネルを開きます。
信仰と同様にプラシーボ効果も力を加えます。」

GBの専門家は、ディクシャ全体のアイデアに関する好ましい副作用について伝えました。

「それは、プラシーボと信仰に人々を開きます。
バガヴァンが悟りを約束するので、人々(ディクシャギヴァーとディクシャテイカー)は更に信じ込みます。
彼らが強力な成果を期待するとき、それを得る傾向があるものです。」


Q:あなたは、銀行の群れ(GB)を利用するグル達は、常に意識的に人々を欺くと思いますか?

フレディー:私は、ありとあらゆる組合せがあると思います。

一部のグルは、直接的/間接的に愛情の無い意図を持ってそうするかもしれません。

他の一部は、誇大妄想を患っているだけかもしれません。

彼らは、自分自身が信じ難いほど特別で独力で世界を救えると考えます。

そのような誇大妄想は、部分的に無意識でもありえます。

支持者がグルを神聖であると断定し、祈願した後に奇跡と高い状態を得るようになったとするならば、おそらく彼ら自身の信仰、プラシーボ、GB、神を通じて得たのでしょう。

グルは、本当に自分が神であると思い始めるかもしれません。

遠からずして、自分が神の中の神であるという主張に発展することがあります。

それはグルのエゴにとって更にずっと魅力的なことです。

天使さえ落ちることがありえると言われています・・・

グルの中には他者を助けるために使えるシッディ(神通力)を持つ者もいます。

パワーと呼ばれる陶酔体験を味わった所有者は、代わりにシッディを自分自身のエゴと立場を美化するために使用することもありえます。

誠実な探求者と才能ある神秘家は、1、2のイベント(ディクシャ)に参加した直後に、バガヴァンとムーブメントを去りました。

共通の理由として、バガヴァンの力の源が純粋でないと感じたということでした。

これらの人々はしばしば善の力と同様に悪の力も信じていました(天使と悪霊)。

邪悪な力は、黒魔術とヒーリングの幾つかの形態で使用されていて、これらの邪悪な力は強力な結果を与えることが可能である。

バガヴァンは光の力を使っていない、というのが彼らの意見でした。

その理由として、彼(バガヴァン)は非倫理的なトリックと手法を利用している(誇張、過度な約束、法外な値段、事実の隠蔽など)と彼らは主張しました。

精神病院に神であることを主張する人々がいます。

彼らの一部は彼らが神でないと知っているのかもしれないし、一部は本気で思っているのかもしれません。

それ(エゴ)を真剣に受けとめるなら、私達のエゴ/マインドが私達を連れて行ける場所にほとんど限界はありません。

私は、どのようにバガヴァンの帰依者がエネルギーと奇跡の力を得るのかよくわかりません。

それは複数の要因の組合せであるかもしれません。

私の場合、バガヴァンから“プラグを抜いて”、代わりに源へ直に祈り始めた時、私のコース参加者と自分自身のために祈った両方とも、ずっと深い結果を得たのを見ました。

私の“新しい”コースの参加者が、魂の闇夜に陥る傾向がなかったことも見ました(私がバガヴァンに“プラグを差し込まれた”ときは、絶え間なく起こっていた)。

これらの意見は、もちろん主観的なものです;
それらは、私の個人的な感想です。

一部の人々は、彼らに対してよい面と悪い面の両方を持っています。

泥棒と殺人者は、配偶者を愛することが出来るし、子供にとって思いやりのある親であることが出来ます。

あまりにも長い間、壊れたボートにとどまることは危険だろうと、私は思います。

ある地点を過ぎると、壊れたボートは人命救助の必要にすら及びます。

私は物事を黒か白かの一方だけで判断しません。

唯一の生命だけがあります。

あなたが偽グルを媒介して祈るときでさえ、生命の源は壊れたボートに入ってあなたを導くことが出来るし、たくさんの祝福を与えることが出来ます。

それは、私のケースで起こったことです。

私をバガヴァンのムーヴメントに加わる気にさせた男に会うよう求める天の声を聞いたのです。

そのため、私は当時ずっと、バガヴァンのムーヴメントに属するよう導かれたのだと感じていました。

これは、バガヴァンが神(彼が主張したような)であることを私が“わかっていた” 理由の主な1つでもありました。

結局、私はバガヴァンのコースに参加するよう天国からの招待状を受け取りました。

2006年の春、私は気付きました。

バガヴァンは“神のボート”で、単にバガヴァン自身のボートは神聖なる出来事(穴が開いた)が起こったんだ、と。

バガヴァンとアンマから「プラグを抜いた」数日後、私は内側で声を聞いたのです。

かつて、私にバガヴァンと繋がるよう呼びかけてきたものと同じでした。

声が私に言ったことの要点は次のようなものでした。

“ 私はあなたをバガヴァンに派遣しました。そうしたことについては私自身の理由があります。
今、あなたがそれを去る時が来たのです。
あなたと私の間にどんな仲介者も必要なく結合して自由であるために。”

神のやり方は不可解なものです・・・

一部の人々は、私が15年間バガヴァンの弟子であったことを後悔しているかどうか尋ねました。

もちろんそうではありません;
私は、自分の人生で何も後悔しません。

私は、神の意志によってこの世界に生まれました。

私は、神の意志によってバガヴァンに派遣されました。

私は、神の意志によってバガヴァンを離れました。

私は、人生で起こった全てが私自身に最良のことだったと理解しました。

いわゆる誤りと苦しみは、形を変えた祝福でしかありませんでした。

私がワンネス・メダルの裏側についての詳細を分かち合う理由は、バガヴァンに腹を立てているからではありません。

私が基本レベルで人や出来事を受け入れなければ、それは私の人生と神の計画が一致しないことになります。

それは私がやりたい最後のことになるでしょう。

私は真実を愛するので、自分のバガヴァンとの15年について分かち合います;
そして、真実は常に私達を自由の身にします。

真実は失われることも、隠されることもありません。

誰もが物語の複数の面を聞く権利があると明確に思います。

バガヴァンが悟りを人類に与えると人々に約束していた10年間以上の間、私は全てを捨てて彼に従うように人々を奮い立たせました。

私はワンネス・スクリーンの裏側の出来事を公開することを己の良心とハートによって導かれたと感じます。

これがもう1つの理由です。


Q:あなたの動機は、人々がバガヴァンに従うのをやめさせることですか?

フレディー:とんでもありません。

人々には、何であれ求め、従う権利があります。

私の仕事は私の真実を伝えることです。

それでもなお人々がバガヴァンに従うことに励起されると感じれば、それは彼らの個人的な取引です。

私は、それに干渉する道義も権利もないし、興味もありません。

私は、サイババ、バガヴァン、あるいは私の経験において誠実ではなかったどんなグルであれ、従うことが間違いとは言えません。

プラスにせよマイナスにせよ、幾つかのグル経験を通り抜ける必要があるかもしれません。

私はすべての判断を源に託します・・・


===================================

ディクシャの創設者にまつわる隠された事実

「私はアンマとバガヴァン(A&B)が分かち合う贈り物を持っていることを知っていました、そして、私はそれのために人生を捧げました。

夢が壊れることを恐れて、私は影を見ないように目をつむっていました。

ある日、砂上の楼閣が崩れ落ちました - 私は、A&Bの手入れが行き届いた外観の背後に隠されていた貪欲、狂信、誇張、空約束、嘘のすべてを見ました。

私は、宗教団体(カルトかもしれないとさえ)の罠に嵌っていたと思いました。

A&Bと彼らの壮大な計画への私の信頼は消え去りました。

15年間、私はA&Bが創造しうる最高の神人で本物だと世界中の人々に期待させてきました。

大勢が私を信頼して、私の例に続きました。

私が考えを変えたことをこれらすべての人々に知らせることが現在の私の責任だと感じています。

彼らに私の真実あるいは発見を盲目的にうのみに させるつもりはありません- 我々が自分自身で真実を見出すことが素晴らしいのです。

以下で、私が目をつむった影の一部を共有します - 数年が経過して私は「魅了」されました(他の宗教と同様にこれにおいて、影の側面とは別にポジティブな側面もあります)。

私自身の個人的な洞察を信頼することを人々に期待しませんし、それが客観的であるとも主張しません。

しかし、それを隠すことは公正ですか?

おそらく、そうではないでしょう - 少なくとも私がA&Bを信じる気にさせた人々については。

A&Bは、「ワンネスムーヴメント」をつくりました。

それを現代人にアピールして気に入られるように多くの努力がされてきました;

彼らは、宗教としてではなく科学的に見えるようにします。

私は、長年にわたって舞台裏の多くとバガヴァンが非公式に彼の弟子に話したことを見てきました - 1991年から、私は偶然にも初の西洋の弟子でした。

私は、A&Bあるいは彼らの支持者を傷つけるために、私の真実を共有するのではありません。もし、誰かがA&Bを通して提供するもの(ディクシャなど)によって助けを得るならば、それは素晴らしいことです。

A&Bが提供する(ディクシャのようなもの)ものから利益を得ることがあってもおかしくありません。;

ですが、彼らのムーヴメント/宗教団体のメンバーになることは、別の話です。

この点で、A&Bのムーヴメントには「影」およびカルト的要素が幾つかあります(私の個人的な意見)。そして、バガヴァンが私の面前で話ったことです:

・バガヴァンは、しばしば人々に悟り、治癒、奇跡を約束します。

ほとんどの場合、これらの約束は、果たされません(バガヴァンは、しばしば、それがいつまでに起こるか言及します)。

通常、弟子たちは、これらの嘘を覆い隠そうとします。

当然、多くの人々はすっかり失望するか、落胆するか、怒ります。

・彼らは、A&Bがこの宇宙を創造した、A&Bが生身を持った神である、彼らが人類の真の救世主であるということを現実化しようとします(出来るだけ多く)。

・別の言い方をすれば、親切なダーサ(A&Bの修道士と修道女)の大部分の話し、考えは彼ら(A&B)の受け売りです。

A&Bがその嘘から利益を得る限り、彼らはどんな嘘(真っ直ぐに向き合ったとしても)でもつくことができます。

・多くの帰依者が狂信者になっており、生命を含めて、彼らが持っているすべてを犠牲にする覚悟をしており、A&Bのためなら無条件に何でもします。

・バガヴァン/ダーサは、人類がA&Bに協力しないならば、世界の終わりは近いだろうと言います。

バガヴァンは、かつてこんなことを言いました:

「人類が私に協力しないなら、苦痛のスープに溺れるだけだ」。

・誇張は一般的です。

2003年12月に、アーナンダギリは21日コースにおいて、参加者全員が完全に悟ると約束しました。

DVD(M.J.Ravinによる)で、バガヴァンは3人を除く全参加者が21日コース(2004年9月)で悟ると語りました。

突然、考えを変えて、その代わり、後に本番を開始するというまで、バガヴァンは何度か「大規模な悟り」を与え始めて、大勢を悟った(1993年など)と断言すらしました。

・「神」という言葉が用いられるとき、ダーサ(そして、多くの帰依者)はすぐに不安になります。

彼らの唯一の焦点はA&Bにあります。

かつて(2002年7月)、スウェーデンのTVスターがアーナンダギリに尋ねました:

「あなたにとっての神は?」、アーナンダギリは言いました: 「バガヴァン」。

• 特に弟子やコーディネーターに向けて、バガヴァンは他の霊的教師または道(オショー、TMのマヘシュヨーギ、 プンジャジ-パパジ、グルマイ/スワミ・ムクタナンダ、イスラム教など)を批判、嘲笑、悪く言うのもそう珍しくありませんでした。

ラマナマハリシやブッダのような人が幼少期のトラウマを除去するにはA&Bのサムスカーラシュッディを必要とするとコメントしました。

• しばしばバガヴァンは、ほとんどのダーサがブッダのような悟ったマスターより数百倍も高い神聖な状態にあると言いました(ドバイQ/Aビデオなどにて);

一部のダーサが歴史上の神の化身(クリシュナ、ラーマ、キリストなど)以上(遥かに?)とさえ言いました。

• バガヴァンはアメリカ人が役立たずの人々である、そして、彼らが神聖さゼロである等と繰り返し言いました(しばしば苛立ちを伴って)。

アメリカにとって初のコーディネーター(ラニ)も頻繁にこれを言いました。

私はこの情報とともに2005年にアメリカに行きました。

その結果、アメリカ人がいかに素晴らしいかを理解して驚きました - 彼らは、素晴らしい探求者でもあります。

多くのアメリカ人が裕福で影響力があります。

おそらく弟子はこの事実を否定しようとするでしょう。

神は私に限りなく寛大でした、私には感謝を表すための言葉がありません。

神の恩寵により、私は現在至る所に神を見ます - 永遠と平和だけがあります。

神は、私を生命と源泉と結合しました。

私は、あなたがた全員が神と結合することを願います - あらゆる生命の源、あらゆる愛と喜びの源。

私が以前にしたように、神が私に彼の恩寵を他者と分かち合うことを望むならば、もちろんそうします。」

フレディニールセン
2006年5月4日
PR
カルキン元側近のフレディー氏は、教団との関わりを絶った後もスピリチュアルワークで生計を立てている様子だったが、それとは別に新しいビジネスを始めていることがわかった。

詳細は不明であるが、何かを学習して身につけるまでにかかる時間を大幅に短縮して効率を上げるプログラムを提供しているという。一般的な学習ということであればコツを知れば効率を上げて時間を短縮することはありうるが、果たして何も学んだことがない者が外国語を数ヶ月でマスターできるだろうか?どの程度をマスターしたといえるものなのかも疑問だが。

インスタント悟りは幻想に過ぎなかったが、インスタント言語習得では結果を出せるのだろうか?

ついでに、サイババ関係の掲示板(元信者が意見し合っている)にあった彼の投稿履歴。

============

http://www.expresslearning.webs.com/

効果的な高速学習
言語、知識、高度な学習のマスタークラス

何年もかける代わりに数ヶ月で言語を習得する方法を学ぶ

学習成果を大幅に高める

人生で多岐に渡ってあなたに役立つ、潜在能力を発見する

フレディニールセンによる指導

彼は、言語学習にたいして時間をかけなかったにもかかわらず、8ヶ国語を話す。
例をあげると、スペイン語を2ヶ月、ロシア語を3ヶ月で習得。
通常2,3ヶ月かかる運転学校の理論を3日ですんだ。

この速さを成した主要な理由は、楽しむことと彼が見出した非常に効果的な技術である。
シンプルでやさしいコースでこれらが身につくよう教えている。

================

http://77.170.120.22/ex-baba/engels/guestbook/2007.html

ホームページ:
2007年3月21日

私はカルトのメンバーでした。
それどころか、サイババのお仲間のカルキバガヴァンの西洋の一番弟子ですらあったのです。
流行するセクトの犠牲者である私達は協力し合えると思います。

私は常にサイババの危険性を知らせています。
カルキバガヴァンの暴露サイトに興味があれば、こちらへどうぞ(「ディクシャの影」リンク消滅)。
私が知る限り、この急激な勢いで広まっている偽予言者を暴露する唯一のウェブサイトです。

敬具

フレディニールセン





カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3  4  5  6  7  8  9 
前のページ 次のページ
忍者ブログ [PR]