忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
05

1 2 3 4 5 67 8 9 10 11 12 1314 15 16 17 18 19 2021 22 23 24 25 26 2728 29 30 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スウェーデンではワンネスムーヴメントに属している人が大勢いるようですが、その背景にはニューエイジムーヴメントが浸透していたということが考えられます。

マヤ暦に関しては、海外のニューエイジャーによる珍説が拡がっているだけで、マヤ族の見解とは相違があることも知られています。

例えば、2010年の正月に放映された特番でも、
世間に出回っているマヤ暦に関する情報とは異なる見解が示されています。

この世界の説明書
manual.livedoor.biz/archives/2177363.html#


とはいえ、こうした情報が信頼できるのかどうかについては、
なんともいえませんが。

下で言及されるコールマン氏の本は日本においても出版されています。
マヤ暦が終わるのは、2011年10月28日だった!(ヴォイス)


以下は参考になるかもしれません。
2012年運命の日
www016.upp.so-net.ne.jp/o-world/2012/2012.html

それより、私達はどうしてそんなに未来について気にするのでしょうか?
2012年に世界が終わると予言している人がいたとしても、
その人は明日がどうなるのかさえわかっていないと思うのです。

----------------------------------------------------------------

synchromysticismforum
synchromysticismforum.com/viewtopic.php (写真あり)

Carl-Johan Calleman loves The Church of Satan

カール-ヨハン・コールマンはサタンの教会に嵌っている

Carl-Johan Calleman, Swedish Ph.D, and Mayan Calendar researcher claims that the Mayan Calendar ends on October 28 2011, and has no data to back up this claim. Take a look at the very revealing debate between Calleman and John Major Jenkins, it's worth the time to read if you feel confusion about the two dates:
http://alignment2012.com/Debate2001.html

カール-ヨハン・コールマン、スウェーデンのPh.D {博士号} であり、マヤンカレンダー {マヤ暦} の研究者です。

彼はマヤンカレンダーが2011年10月28日に終わると主張しているが、裏付けするデータはないという。

コールマンとジョン・メジャー・ジェンキンズの間における非常に明らかな討論をご覧下さい。

あなたが2つの日付について混乱しているならば、読んでみる価値はあります:alignment2012.com/Debate2001.html

I think you'll notice which one of the two opponents that can argue scientifically, has the evidence on his side, and is not playing the deception game if you take the time to read the exchange. Calleman's claiming that the Mayan Calendar has nothing to do with astronomy.. :lol

あなたがこの対立する2人のやりとりをじっくり読むならば、彼{ジェンキンズ}の側に証明があり、系統立てて論じることが可能で、偽装ゲームをしていないことがおわかりになると思います。

コールマンは、マヤンカレンダーが天文学とは無関係であると主張しています・・・:(笑)

Those who have read the books of Jenkins know that he's well researched and includes many disciplines like architecture, astrology, and myth in his research.

ジェンキンズの本を読んだ人々は、彼がよく研究していて、建築学、占星術、神話のような多くの学問を研究に含んでいることを知っています。

Furthermore, Calleman is affiliated with the Oneness University cult (=Church Of Satan) based in India, which is a New Age movement that is very popular in my native country Sweden. I was involved with this movement myself until I realized that it was part of the deception and that I was running the errands of the NWO. This was back in 2006.. This experience have taught me to be critical and cautious when exploring spirituality. The darkness is really good at masquerading as the light, but by their fruits we can judge them.

なお、コールマンはインドに拠点を置くワンネスユニヴァーシティ・カルト(=サタンの教会)に属します。

それは私の国スウェーデンでとても人気があるニューエイジムーヴメントです。

それが詐欺であり、NWO {ニューワールドオーダー:新世界秩序} の使いぱしりをしていたと気づくまで、私自身このムーヴメントと関係していました。

これは、2006年に離れました。

・・・この経験は、霊性を探究するならば、用心深く懐疑的であるように教えてくれました。

闇は光に化けることが本当に上手ですが、我々は彼らの果実によって彼らを見分けることができます。

Read more about the Oneness University and the negative consequences for the people involved here: Deeksha Danger

更に関心のある方はワンネスユニヴァーシティとマイナスの結果についてこちらをお読み下さい: Deeksha Danger

The reason why I came in contact with this destructive mind-control cult was thanks to Calleman's book about the Mayan Calendar. The cult's everywhere in Sweden, they have totally taken over the New Age and their "messengers" are everywhere. They see it as their purpose to give the world collective enlightenment before 2012.

私がこの有害なマインドコントロール・カルトと接触することになったきっかけは、マヤンカレンダーに関するコールマンの本でした。

このカルトはスウェーデンの至る所にあります。

彼らはニューエイジを完全に取り入れました。

彼らの「メッセンジャー」はどこにでもいます。

彼らは、2012年以前に世界規模の悟りをもたらすことを目的としています。

The most well-known member of the Oneness University, Thomas Di Leva, is a New Age icon in Sweden, well-known since the early 80's and one of Sweden's best selling artists. He was recently in the media spotlight for allegedly beating up his girlfriend (now x-girlfriend). Thomas Di Leva is sending out the Oneness University's deeksha energy (or Oneness Blessing, or whatever name they use for the moment) to the non-suspecting audience during his concerts. Never mind the free will of the people receiving his "cosmic light", the Oneness University are here to "enlighten us" whether we want it or not..

ワンネスユニヴァーシティの最も有名なメンバーであるトーマス・ディ・リーバはスウェーデンのニューエイジシンボルです。

80年代初期からスウェーデンのベストセラーアーティストとして知られています。

彼は、恋人(現在は元恋人)に暴力を振るったとして、最近メディアの注目を浴びていました。

トーマス・ディ・リーバは、彼のコンサートの間、気づいていない観衆にワンネスユニヴァーシティのディクシャエネルギー(あるいはワンネスブレッシング、あるいは彼らが今使うどんな名前であれ)を放っています。

彼の「宇宙の光」を受けている人々の自由意志は気にかけません。

我々がそれを欲するかどうかに関係なく、ワンネスユニヴァーシティは「我々を悟らせる」ために存在します・・・

Some research on the forums told me that Di Leva is well-known for beating up his girlfriends. I would say "No smoke without fire", but I cannot prove anything. Di Leva was mentioned in this post on the forum earlier on.

フォーラムのある調査で、ディ・リーバは恋人を虐待することで有名だと伝えられました。

「火のないところに煙は立たない」と言いますが、私は何も証明することができません。

ディ・リーヴァは、初期のフォーラムの記事で言及されました。

Calleman believes that 9/11 was orchestrated by "Islamic Terrorists", and don't "believe" in a dark force controlling the elite of this world.. This seems to reflect the views of the Oneness University, who ignores all kinds of attempts to ask them questions about the NWO. They are a bunch of cowards, and are strongly anti-intellectual, don't want their followers to think on their own. "Analysis leads to paralysis", if we are to quote the false guru himself.

コールマンは9.11が「イスラムのテロリスト」によって編成されたと信じ込んでいます。

そして、この世界のエリートを闇の勢力が支配しているということを「考えようとしません」

・・・これはワンネスユニヴァーシティの観点を映し出しているように見えます。

彼らにNWOなどこの種の質問を尋ねようとすると無視します。

彼らは臆病者の群れで、強硬に反知性的です。

彼らの支持者に自分自身で考えてもらいたくないのです。

もし、我々が偽りのグルを引合いに出そうものならば、「分析は、停滞につながります」{と彼らは言うでしょう}。

Their latest mind-control victim seems to be another Swedish New Age icon, Malin Berghagen, who's always the person Swedish media interviews when they need someone that's comfortably spiritual.. She does her yoga now and then, but never went so deep as to really challenge the status quo: And no, I didn't photoshop that picture, that's her boyfriend doing the horned hand in the background!

彼らの最新のマインドコントロール犠牲者はもう1人のスウェーデンのニューエイジシンボルであるマリン・バーガジェンのようです。

そして、彼女が快適で精神的であるために必要とする人は、常にスウェーデンのマスコミ取材者です

・・・彼女は時々ヨガをしますが、現状に疑問を呈するほど深まることはまったくありませんでした:

そして、背後で角のポーズをとっているのは彼女のボーイフレンドです。
私がフォトショップで加工したのではありません!

I sense that Sweden with its "tolerance" is destined to play an important role in the New World Order when it's time to implement the One World Religion. The Oneness University are operating within the government controlled Church Of Sweden:

私は、世界統一宗教の樹立を果たす際に、「寛容さ」をもつスウェーデンがニューワールドオーダーで重要な役割を演ずる運命にあると感じます。

ワンネスユニヴァーシティは、政府に支配されたスェーデン教会で働いています:

Of the ancient Swedish faith, not much is remembered anymore. The fate of the Sami indigenous people was effectively killed by the church. We are programmed to forget who we are, and celebrate the Dawn Of a New Day. We are the most atheistic people in the world.

古代のスウェーデンの信仰の多くはもう記憶されていません。

サミ先住民の運命は、教会で一気に殺されました。

我々は自分が誰であるのか忘れるようにプログラムされます。

そして新たな日の幕明けを祝います。

我々は世界の大部分が無神論者です。

PR
ビジェイクマール(カルキバガヴァン)は2012年にフォーカスしています。
そしてフォトンベルト、惑星直列などの話も持ち出して関連つけています。
とにかく言ってることに一貫性がなく、変更され続けている彼の主張ですが、この2012年については終始一貫してこだわり続けているようです。

現時点においても彼を信じる人々は、このような話をどのように捉えているのでしょうか?
離れていった弟子達も、こうした考えに異を唱えるようになっていったわけですが・・・。
彼の発言を自分なりに調べてみるなどしたことはあるでしょうか?

それらしい言葉で適当に検索してみますと、色々でてきます。
それとなく幾つかとりあげてみました。
カルキの唱える説や、類似のニューエイジの説などとも比較してみるとよいかもしれません。
SFとして捉えるならば、面白いのかもしれません。


ウィキペディア
ja.wikipedia.org/wiki/%E3%83%95%E3%82%A9%E3%83%88%E3%83%B3%E3%83%99%E3%83%AB%E3%83%88
フォトンベルトについて


ASIOS公式ブログ
asios-blog.seesaa.net/article/132727303.html
ナショナルジオグラフィックチャンネルによる
「2012年終末説の真実」

と題した懐疑的な特集のリンクがまとめて紹介されている。


ダ・ヴィンチ・コードの解説!
blogclub.livedoor.biz/archives/51497960.html#
フォトン・ベルトの嘘と真相について完全解説!


スピリチュアルラボ

teruterulog.jugem.jp/
アセンションへの警告

カレンダー
04 2017/05 06
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2  3 
前のページ
忍者ブログ [PR]