忍者ブログ
カルキのディクシャ  WHO IS THAT?
インド聖者カルキバガヴァンとワンネスムーヴメント。 その知られざる実態に迫る。 ワンネス劇場の舞台裏で何が起こっていたのか!? その他、悟り系の情報を紹介。玉石混交のスピリチュアル、玉にみせかけた石にはご用心。
07

12 3 4 5 6 7 89 10 11 12 13 14 1516 17 18 19 20 21 2223 24 25 26 27 28 2930 31
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ビジェイ・クマール(いわゆるカルキの本名)と同姓同名の人がいました。
この記事を見ればわかるように他人から勘違いされるみたいです。

しかも、この人のブログはスピリチュアルな記事であったりして、
カルキアヴァター(聖典の)についても記事にあるのですから、
不思議に思うのも無理はありません。

この人自身が神をわかったと宣言してはいるものの、
カルキバガヴァンが聖典のカルキアヴァターでないことは
この回答で暗に表していることがわかります。


----------------------------------------------
www.vijaykumar.org/Kalki-Avatar/Bhagavan-of-the-Oneness-University.html

Bhagavan of the Oneness University
ワンネスユニヴァーシティのバガヴァン


Query: Are you the same Vijay Kumar known as Bhagavan of the Oneness University in Chennai?

質問 : あなたはチェンナイにあるワンネスユニヴァーシティのバガヴァンとして知られていてるビジェイ・クマールと同一人物ですか?

Vijay Kumar: Even if I was one... would I ever be able to declare the same for such declarations normally lead to the community getting the wrong signal.

ビジェイ・クマール :  もし、私がその人であったとしても・・・

通常そのような宣言を不適切な信号と受け取る社会に向けて同じように宣言できたでしょうか?

The query on Bhagwan Kalki in google search engine gives list of above 300 people who have declared themselves Bhagwan Kalki! How can it be so...! One who has truly become one with God Almighty need not even create an ashram (Hermitage) for the true seekers of Spirituality and God will throng to him like bees getting attracted towards a flower.

グーグルでバグワンカルキを検索するとサーチエンジンは自分がバグワンカルキであると宣言した300人のリストを示します!

どうしてそんなことがありえるのでしょう・・・!

本当に神と1つになった人はアシュラムを作る必要さえありません。

神と霊性の真の探求者は花に引き付けられる蜂のように彼に群がるでしょう。

I realized God in August, 1993... That was the day when I came in one-to-one contact with God Almighty. It was a happening that was to change the happenings in the world around me. I had realized God. My journey (cosmic journey undertaken by my atman soul) had ended. At this stage I could take salvation moksha in Hinduism but that was not to be.

私は、1993年8月に神を悟りました・・・

それは、私が神と1対1で繋がった日でした。

それは、私の周りの世界の出来事を変えたハプニングでした。

私は神がわかりました。

私の旅(私の魂(アートマン)によって企てられた宇宙の旅)は終わりました。

この段階では、私はヒンドゥー教の解脱(救済)を得ることができました(それが何かはさておき)。

Even though I had realized God... some responsibilities lay bare. I had two young daughters and unless I obligated myself of these responsibilities the journey seemed not to be complete. I asked the Almighty God to assist me in this anomaly and I was granted his permission.

私は神がわかりましたが・・・いくつかの責任が明るみになりました。

私には2人の若い娘がいて、これらの責任を自分で負わない限り旅は完結しないように思えました。

私はこの異例に神の手助けを請うて、彼の許可をもらいました。

Sooner I shall become free of all responsibilities of family life... I shall devote myself totally for the cause of humanity at large. Only then I shall be able to truly spread message of spirit and love amongst the world community as a whole.

まもなく、私は家族生活の全責任から自由になるでしょう・・・

私は人類全体への奉仕に完全に専念するつもりです。

その時になって始めて私は国際社会全体で本当に愛と霊性のメッセージを広げることができるでしょう。

I know my level on the spiritual plane. Self realization and enlightenment are two different denominations for the same end. Even as Englishman calls it water, the Hindus call it Jala and followers of Islamic dharma as Pani. All three desire the same... it is only that their nomenclature is different.

私は自分の霊的段階を知っています。

自己実現と悟りは同じゴールの異なる呼び名です。

イギリス人が、それをウォーターと呼ぶとしても、ヒンドゥー教徒はそれをジャラと呼び、イスラム教徒はパーニーと呼びます。

3人とも同じものを欲します。 彼らの用語体系が違うだけです。

I have reached a stage in life when literature does not carry any meaning for me. Whatever is contained in Bhagavad Gita or in the Scriptures of all religions of the world is like ABC to me. I may not have read any scripture or even the Bhagavad Gita for that matter but it is possible for me to invoke any Jnana wisdom existing on Mother Earth.

私は書物が意味をなさない人生のステージに到達しました。

バガヴァッドギータや世界のあらゆる宗教の教典に含まれるどんなことも私には初歩的なことです。

さらに言えば、私は教典やバガヴァッドギータさえも読んでいないかもしれませんが、地球上に存在するどんな叡智も引き出すことが可能です。

I need not read Bhagavad Gita for knowing whatever is contained in it. I also need not go through the Scriptures of Jainism or the Buddhist scriptures to know whatever is contained in them. Having reached the source of all wisdom through the path of Shruti Jnana I can but invoke whatever is contained in any sacred scripture existing on Mother Earth.

私は、バガヴァッドギータに含むどんなことも読んで知る必要はありません。

ジャイナ教の教典や仏教の教典についても同様です。

シュルティ・ジナーナの道を通して、地球上に存在する聖典に含むどんなことでも引き出せる全ての叡智の源に到達しています。

Having seen the sun... my interest in the light of a candle or a bulb has totally diminished. A true knower of wisdom need not refer to any written document. It is only the process of Shruti Jnana which makes everything available to a truly self realized soul. It is as if we get connected to the main transmitter from there all Jnana wisdom is being relayed to every individual Atman soul.

太陽を目にしていたことで・・・ ローソクや電球の灯りへの関心はまったく減少しました{比喩}。

真の叡智の理解者はどんな文書も参照する必要がありません。

真の自己実現した魂にすべてを利用可能にさせるのはシュルティ・ジナーナの過程だけです。

まるで私たちがそこからメイン送信機に接続されるかのように、すべてのジナーナの叡智がすべての個々の魂(アートマン)に受け継がれているということです。

Bhagwan is normally referred to one who has become one with God Almighty. All man gods like Mahavira, Gautama Buddha, Jesus Christ and Prophet Mohammed are called Bhagwan in their lifetime. All these souls realized God within their lifetime and attained salvation moksha in the end.

通常、神と1つになった人をバグワンと言い表します。

マハービーラ、ゴータマブッダ、イエスキリスト、預言者モハメッドのような生涯を送った神人がバグワンと呼ばれます。

これらすべての魂は、生涯で神を悟って解脱(救済)に到達しました。

In the last 150 years only two persons have realized God. They were Sri Ramakrishna Paramhansa and Maharishi Ramana. Both these God realized souls dispensed the wisdom to the community lying on a cot. They never cared for building an ashram or the likes of Iskcon temples built world-wide.

ここ150年間、神を悟った人は2人だけです。

シュリ・ラーマクリシュナパラマハンサとラマナ・マハリシです。

神を悟った魂であるこれらの両者は簡素な生活を送る共同体に知恵を分け与えました。

彼らは世界中で建設されたISKON寺院 (クリシュナ意識国際協会)のようなアシュラムを建設することには決して関心がありませんでした。

The true seeker of spirituality would reach the source on its own. Every bee knows where the juice of a flower would be available. To arrive at the absolute truth... one only need to refer to the documents by the master. Reading through the statements of Sri Ramakrishna Paramhansa and Maharishi Ramana one can within no time find out that they not only realized God in their lifetime but also reached the end of their cosmic journey.

真の霊性探求者はそれ自身の源に到達します。

あらゆる蜂が花の蜜をどこで入手できるかを知っています。

絶対的な真実に到達するためには・・・マスターによる文書を参照すればいいだけです。

シュリ・ラーマクリシュナパラマハンサとラマナ・マハリシの声明を読むことで、彼らが生涯で神を悟っただけでなく、宇宙の旅のゴールにも到達したことがすぐわかります。

It is never difficult to differentiate between truth and falsehood. The sweet small voice of our atman the soul within coming from within our heart always tells us the absolute truth. We need to hear this sweet small inner voice.

虚偽を区別するのは、決して難しくはありません。

私たちの魂(アートマン)は、常にハートの奥から優しく囁くように絶対的な真実を語りかけます。

私たちは、この優しく囁く内側の声に耳を傾ける必要があります。

May God bless you!

神の祝福がありますように!


PR
カレンダー
06 2017/07 08
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
ブログ内検索
プロフィール
HN:
COMO
性別:
非公開
自己紹介:
精神世界(スピリチュアル)には数多くのトラップが存在しています。私も懲りずに何度もひっかかりました。安易に鵜呑みにせず、自分自身で調べる、考える、見極めることが大切なんだと思います。経験してみないことにはわからないこともありますが、情報を知ることで罠を回避できることも十分にあると考えられます。
国内だけでは情報が限られるので海外にも目を向けています。
最新コメント
[01/09 Onepsinsdiecy]
最新トラックバック
カウンター
バーコード

1  2 
前のページ
忍者ブログ [PR]